古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

奈良の古墳めぐり・・その2-2

近鉄文化サロン現地学習 H20.5.15
山の辺の道添いの古墳②

上ツ道沿いの古墳

 今日は新シリーズ2回目、4月にめぐった桜井市纏向地区の北の部分になる。JR巻向駅から古代の国道「上ツ道」を北上する。桜井市と天理市の境界をこえると間もなく右手にある小さい美容室「カットサロン和」の裏手にある「柳本大塚古墳」に登る。この古墳は明治・大正期の資料によると小石室から径39.7㎝の内向花文鏡が出土している。後漢の鏡をモデルに作った国産品(仿製品)で後から行く天神山古墳より若干遅い時期とされた。前方部、後円部上は果樹園になっている。ほぼ築造当時の墳丘を保っているように見える。次に行く「石名塚古墳」と「ノベラ古墳」と共に100m前後の前方後円墳で同じころ共通の企画で造られたとされている。

 上ツ道に戻って北へ「石名塚古墳」に向かう、すぐ左の池の向こうに石名塚古墳がある、この古墳は西側から観察する方が見やすい。古墳を越えたところの道を左(西)へ入って墳丘を外れたあたりの「森モータース」の西の小道をはいると、後円部が見られる、畦道を行くと墳丘に登れるがその先は他人の家の庭先になるので遠慮しておこう。

 一旦上ツ道に戻って北へ行きすぐのところを左(西)に入る。家の裏が果樹園になっているところが「ノベラ古墳」である。古墳は削平されている、果樹園の中を歩くと、前方部はほぼ長方形になっており後円部はくびれ部らしいところが左右に確認できるが削り取られている。墳丘は何時ごろ削平されたか分からないが、土地の人は知っている限り現状は変わっていないとのことであった。民有地なので古墳の道路側にある民家に断ってから果樹園に入ってほしい。

山の辺の道沿いの2基の巨大古墳

 一旦上ツ道に戻り南へ行き先ほど石名塚古墳に入った所を今度は左(東)へ行き、県道に出て右(南)へ行く。左手に「上の山古墳」が見える。全長125m、後円部径86m、前方部幅60mの前方後円墳であるが、次に行く景行天皇陵の陪塚とされている。

 県道を南へ行くとすぐ景行天皇陵(渋谷向山古墳)に着く、県道側に拝所がある。全長約300m、後円部径168m、前方部幅170mの周濠を持つ大型の前方後円墳で、県下では橿原市の丸山古墳に次いで二番目の規模を誇る。山の辺の道ならびに県道天理桜井線沿いでは北にある崇神天皇陵(行燈山古墳)と並んで大型古墳として威容を誇っている。南側の周堤を後円部に廻る、周濠は渡り堤で区切られていて後円部や前方部には水が貯えられているが、空堀となっている部分もある。前方部の周濠は南側のものが異常に出っ張っている、幕末の陵墓改修で灌漑用に拡張されたものかと思われる。陵墓改修には領民を使って周濠を拡幅して灌漑用に利用できるようにする例が多い。は号陪塚「赤坂古墳」、その山手には「シュウロウ塚古墳」があって柿園となっている、墳丘からの眺めはすばらしい。景行天皇は奈良市内の近鉄「尼が辻駅」近くに御陵のあるすいにん垂仁天皇の第3皇子で、日本古代の英雄日本武尊(やまとたけるのみこと)の父に当たる。崇神天皇の父は近鉄「奈良駅」近くに御陵のある開化天皇で崇神天皇、垂仁天皇、景行天皇と続く。関西大学考古学博物館に天理市渋谷から幕末に出土したという石枕がある、馬蹄形をしていて頭が乗るように窪みがあって鋸歯文がある優品である。出土古墳は確定していない。ここの博物館は見ごたえのあるものが多い上に日頃はすいているのでゆっくり見学できる。写真撮影も自由。

景行天皇陵の南の外堤を行く

e0080110_2174092.jpg


景行天皇陵の後円部の山の辺の道を北に行く。ろ号陪塚を経て渋谷町公民館の所を右に行って崇神天皇陵に向かう。
 休憩所を過ぎると「崇神天皇陵(行燈山古墳)」である。崇神天皇陵の後円部の東、ちょうど山の辺の道を挟んで「櫛山古墳」がある。まずその「櫛山古墳」によって行こう。古墳としては珍しい形で双方中円墳(そうほうちゅうえんふん)と呼ばれている。普通前方後円墳の円墳を中心として前方部が向き合った形を言うが、この古墳の場合は前方後円墳の後円部の東側に方形の出っ張りが着いた形でしかも古墳軸上からずれて取りついている。雑木林となっているが下刈りされていて墳丘上や周囲には通路もできている、ただし北側は中円部で途切れている。山の辺の道からの入り口の両側には溜池が有り、周濠の名残と思われる。墳丘には所々に葺石が残っている、また白や黒のきれいな小石が有るが「めくら石」と伝えられているので持ち帰えらないようにご用心を。

まず説明板で勉強
e0080110_2183650.jpg



 崇神天皇陵は全長242m、後円部径158m、前方部幅102mの前方後円墳で周囲に水をたたえた周濠があって雄大な眺めを見せる。景行天皇陵と同じように周濠の東西に段差があるので渡り土手で区切って水位を保っている、また周濠の形態も幕末の修陵で拡幅されていて、元々は景行天皇陵と同じようなものであったと思われている。古墳の西を前方部の拝所に行く。崇神天皇陵は宮内庁によってよく手入れされているので外堤上を一回りできる。西の拝所正面の左(北)が「アンド山古墳」、右(南)が「南アンド山古墳」になる。

崇神天皇綾前で
e0080110_2191419.jpg



県道の西すぐ南に県道に一部削り取られた前方後円墳がある、いざなぎ伊射奈岐神社の境内にある「天神山古墳」で、県道工事に伴って調査された。全長113m、後円部径55m、前方部幅50m。後円部中央に主軸と平行した石室があって、扁平な割石を持ち送り積みしていて、檜の木櫃があって木櫃内に3面、周囲に20枚におよぶ銅鏡が出土したことで有名。人体埋葬の痕跡はなかった。

 今日は時間の都合で黒塚古墳は墳丘上を素通りしてJR柳本で解散した。次回は黒塚古墳とその資料館から始めることになる。

鬼気迫る山間の龍王山古墳群

 景行天皇陵から崇神天皇陵に行く途中、休憩所を過ぎてすぐに右手に龍王山へ向かう道がある。龍王山には総数1,000基におよぶといわれる古墳・横穴の密集地として有名な奈良県下最大の龍王山古墳群がある。この古墳群は標高586mの龍王山の西南斜面の標高150m~450mの間に分布している、別に山頂近くに横穴式石室が露出した古墳も有って見逃せられないので、一応全容を紹介しておこう。だらだらした坂道を上る。

 暫く行くと右手を流れる川が小川になってさらに沢となって道沿いを流れる。このあたりまで来るとすぐ後ろに円墳が見られる。さらに行くと今度は龍王山城跡を示す道標があり三叉路になっている、この直ぐ手前の右に上部が欠けた石仏が置いてある、元は6体分と思われるが、気をつけなければ見落としそうなくらいにひっそりと置かれている。この付近から上が龍王山古墳群を観察し易い場所となっている。このあたり一帯に小円墳や横穴が有る、横穴式石室が陥没したものもあるが石室が残っていて良く観察出来るものも多い、石室は割石・自然石を積み上げた横穴式石室である。

 登り切った所の三叉路を左に「長岳寺奥の院、不動明王石仏」の方へ行く、すぐに右手に樋から水が落ちているところに「長岳寺奥の院」の標識がある。山手に回り込むとそこに不動明王が佇立している。建物は無く石碑が有るだけの簡素な施設となっている。ここの水場の直ぐ先の山側は古墳になっていて、道側に横穴式石室が開口している。羨道も残っていて幅約1.4m高さ約2m見当。奥行き5~6mで割った石の平らな面を内に向けて積み上げ、上に行くに従ってせり出してくる造りをしている。天井が高いわりには封土が低く天井石が露出しそうな気がしてくる。よくもこんなに高いところにまで石を運んで古墳を作ったものと感心させられる。

 帰りもいま来た道を下るが、周囲の古墳に注意して下ると登りに見落とした古墳に出会えるかもしれない。この龍王山古墳群の古墳・横穴は総数1,000基におよぶといわれ、奈良県下最大の古墳群と考えられるようになっている。今回全域は回れなかったが機会を作って登ってほしい。
by yumeoijyuku | 2008-06-06 21:24 | 古墳めぐり案内