古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

大和の古墳めぐり・・その2-22

葛城山麓の古墳②2010.03.18

葛城山麓(竹内街道南部)の古墳

葛城市は2004年10月に新庄町と當麻町が合併して、奈良県11番目の市となった。人口約3万6千人の林間田園都市である。中将姫伝説で名高い当麻寺、古代の国道「竹ノ内街道」が走る。『日本書紀』推古天皇21年(613年)に「難波より京に至までに大道を置く」とあって、これが飛鳥・当麻から竹内峠を越えて古市、河内を通り難波に至る竹内(たけのうち)街道(かいどう)のことといわれている。
近鉄南大阪線(吉野線)磐城駅すぐ南の国道166号(現竹内街道)の一つ南の旧竹内街道を西へ行く。県道を渡ったあたりで右手に入り国道の竹内街道を左(西)へ行く。程なく右手の「史跡の丘」に竹内古墳群がある。前方後円墳1基、方墳1基を含む34基 の古墳が確認されている。多くは直径10m、高さ2m程度の円墳で、古墳時代後期5世紀末から6世紀中頃にかけての築造と推定されている。34号茶山古墳は凝灰岩の板石を組み合わせた家形石棺が直接埋められていたというが現場はよく分からない。「史跡の丘」というわりには見取り図の看板があるだけで、個々の場所にある表示は字が読めなくて手入れが行き届いていない。しかし以前に訪問した時に比べると、樹木が伐採されて歩きやすくなっていた。
e0080110_21592774.jpg


旧竹内街道に戻ってから国道166号を迂回して(西)へ行くと国道の左手に上池が見えるのでその手前を左に入る。程なく南阪奈道をくぐると右手の山の中腹に「三ツ塚古墳群」がある。南阪奈道路の建設にともない調査が行われた。6世紀末から7世紀にかけて築造され、横穴式石室をともなう方墳や円墳のほか、小石室や木棺墓など、計34基の大小の埋葬施設が確認されている。
e0080110_2202372.jpg

e0080110_2214016.jpg

三ツ塚古墳南部全景(東から)、右手が南阪奈道

もっとも古い11号墳は6世紀末の円墳で全長10.2mの石室に対し、墳丘周囲の石垣が径12mで見かけを小さく作っている。11号墳の西側にある土葬した人骨を改葬した墓からは日本最古の皮袋(ポシェット)が出土している。現地は南阪奈道路建設によって山を削り取られる大幅な破壊を受けたが、10号、11号、13号といった主要な石室は発掘されたままの状態で、7号は移築されているので見学できる。
e0080110_2214743.jpg

7号墳の前でお勉強
e0080110_2221783.jpg

e0080110_2223921.jpg

e0080110_2285916.jpg

てんとう虫が古墳の説明を聞きに来た

南阪奈道路の南で川を渡り、ふたたび道路をくぐって南阪奈道路を右に見て葛城ICの方へ南下して平林古墳に向かう。
e0080110_2281399.jpg

南阪奈道路は高いところを通るので途中の展望スポットでは奈良盆地南部を一望できる。写真中央に耳成山が見える。2km弱行くと左に別所池があって貯水塔がみえるので、そちらへ入るとそこに南西に向けた全長55mの前方後円墳平林古墳がある、後円部径25m、前方部幅35m。葺石が有ったようであるが埴輪はみとめられていない。後円部に石室があって南南東に開口している。横穴式石室の奥壁を壁面上部から持ち送る特徴と、石室構築の基準位置に特定の石材を用いているのが特徴。「平林式」として畿内大型横穴式石室分類の標識になっている。6世紀の典型的な後期古墳で、横穴式石室をもつものは前方後円墳が築かれなくなる直前の古墳である。
e0080110_2210592.jpg

石室は照明付で見学できるようになっている、しかし扉があって錠がかかっているので中には入れない。
ここからほど近い当麻イトーピア住宅地にある芝塚1号墳、6世紀前半のものと推定されている。後円部西側には消滅した2号墳の凝灰岩製組合せ式家形石棺が移築展示されている。
当麻イトーピア住宅地にあった5世紀中頃~6世紀中頃の兵家古墳群は、住宅地開発に先立って1972年から調査された後ほとんど削平されたが、丸子山と呼ばれていた8号墳は保存された。芝塚古墳から西へ住宅地を行くと屋上に天文台のように望遠鏡をすえた家があるところの突き当たりにデンと構えている。径37.5mの円墳で測量されただけで詳細は不明。
住宅地を北に抜けてすぐに右手に見える鍋塚古墳。鍋塚古墳のところで県道を東へ横断し、塚畑古墳、全長約70mの前方後円墳で上部は削平され広場になっている。後円部には英霊碑が建っている。旧当麻町内では最大規模の古墳で古墳時代中期のものとみられている。これら2基の古墳を巡った後朝来た旧竹之内街道を通って「磐城駅」に着いて解散となった。
by yumeoijyuku | 2010-03-19 22:17 | 古墳めぐり案内