古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:現地説明会 ( 40 ) タグの人気記事

桜井茶臼山古墳の調査 現地見学会報告

 10月29日から3日間行われた見学会の初日に行った。多数の見学者を予想して行ったが、平日とあって順路の途中で若干の渋滞があったが順調に見学できた。以下、当日撮影した写真以外の説明は県教委発行の「現地見学会資料―桜井茶臼山古墳の調査」によった。

 なお、茶臼とは抹茶を作るために茶の葉を粉にするための石臼のことで、すりつぶされた抹茶を受ける部分が半円形になっており上部の回転する部分が円柱状で、前方後円墳の形に例えて付けられることが多い。

 今回の調査は今年1~3月に行われて、6月に「石室を囲む丸太垣」として発表された予備調査を受けて、8月から本調査を行ったものである。
桜井茶臼山古墳は古墳時代後期に築かれた大型前方後円墳のなかでは、竪穴式石室が完存し、かつ見ることができる最古の古墳でもある。

 発掘調査は1949年にから60年たって行われたもので、竪穴式石室は当時の姿を保っていた。見学会当日までに内部に遺存していた木棺は取り出されて保存処理に付されている。

見学路:前方部からさらに一段高い後円部に上るための階段が仮設されていた。
e0080110_22254935.jpg


土壙と天井石。周りに見学通路が仮設されている。前回発表された囲いの木柱列はほぼこの通路の外側辺りをめぐっていた。
e0080110_2241187.jpg


竪穴式石室の西側垂直壁の石積。水銀朱を石材、天井石の全面に塗布してあった。室外部分になる面にも塗られており、あまり例が無い。
e0080110_223084.jpg


同上南東角部
e0080110_2231748.jpg


床面。石室底面の地固めとして板石を2~3重に敷いて、棺床土(写真左下部)を置いていた。
e0080110_2234165.jpg


上:木棺搬出のため取り外された天井石の部分と、下:その天井石、右端の角柱2本は1949年調査時点にその左に置かれた天井石の補強に使用されていたもの。
e0080110_22454242.jpg

e0080110_22345119.jpg


古墳後円部(右手)の中央部に石室がある。手前は受け付けと見学者待機用スペース。
e0080110_22354586.jpg


橿考研では出土遺物の分析を進め、なるべく早い時期に公開できるよう、努力していく。ということで、期待したい。
by yumeoijyuku | 2009-11-01 23:01 | 現地説明会、講演会

纏向遺跡発掘現地

今日は朝から学友いやもう卒業式を終わった人達が主なので諸先輩方7人を案内して天理市内を回った。
 その後桜井市纏向で弥生時代の遺跡が発掘され、明日現説ということであるが天候が悪くなりそうなので今日見に行った。現地は準備中だったが親切に対応していただいた。
 桜井市は市長をはじめ熱心に卑弥呼の里を売り出そうと力を入れている。解説は新聞記事に譲って現地写真をUPします。

北から:黄色い杭(黄色い線で表示)は建物跡、塀(白い杭(青い線で表示))で囲われていた
e0080110_22302592.jpg


南から:右奥角の3本の黄色い柱はその東(右)に続く建物があったことがわかる
e0080110_2231574.jpg


左:すぐ東南にあるJR巻向駅、中:三輪山、右:箸墓
e0080110_22312640.jpg


桜井市は最近卑弥呼の里を宣伝し出した、信号の向こうに大神神社の大鳥居が見える
e0080110_22323077.jpg

by yumeoijyuku | 2009-03-21 22:37 | 現地説明会、講演会

帯解黄金塚古墳調査報告会 

奈良市教育委員会 H9.02.28

黄金塚古墳は天理市の北端にある県立奈良東病院のすぐ北の細い道を西へ行ったところ,奈良市の南端にある。

 一辺約27mの2段築成の方墳で宮内庁所管の陵墓参考地となっている。榛原石といわれるレンガ状の割石を積み上げた磚槨式石室を持つ終末期の古墳で、俗に「日本書紀」を完成させ、時の元正天皇に納めた舎人親王の墓といわれている。 玄室長3.0m、幅3.3mと横長で、高さ2.6m。羨道長9.6m、巾1.6m。

 以前、この前の道を拡幅する計画があって奈良市が宮内庁に用地の提供を求めたためH16年9月に拝所の部分を調査した。人頭大の敷石が検出された、このため御陵の一部であるとして用地提供は拒否されたいきさつがある。

 以下説明会資料による。 H16年に石室入り口の前を調査して石敷が検出されていたが、墳丘全周に亘って石敷きがあることが分かった。外堤があることは分かっていたが、今回墳丘北で石敷きの外に外堤とみられる地山の高まりも確認された。また、南西角では飛鳥時代(7世紀中頃)の須恵器杯蓋、土師器甕の一部が出土した。

 まとめると、古墳築造時期が7世紀中頃と分かった(これによって舎人親王の墓説は成立しなくなった:朱雀注)。古墳の構造は墳丘を囲んで四周に2段の石敷きがめぐり、墳丘の規模が約30mであることが分かった。この石敷きは明日香の寺院跡や宮殿遺跡にも似た特徴的な構造である。黄金塚古墳は他に類例のない内部構造と外装施設をもつ飛鳥時代の大規模古墳であることが明らかになった。

墳丘:南東より
e0080110_15413956.jpg


南西部調査地:墳丘裾南西端を検出、敷石の抜き取られた跡があった
e0080110_1542840.jpg


出土遺物、上:土師器 把手付甕の把手部、下:須恵器杯蓋
e0080110_15434822.jpg


北西部調査地:北より墳丘に向かって、石敷は奥が上段、手前が下段
e0080110_1543913.jpg



H16年の宮内庁調査時の写真
e0080110_15441926.jpg


H18年の宮内庁写真、左:羨道西壁、玄室側から入口方向。右:玄室奥壁
e0080110_15445847.jpg

by yumeoijyuku | 2009-03-02 15:59 | 現地説明会、講演会

向日市元稲荷古墳現地説明会

2月21日京都府向日市で元稲荷古墳の発掘調査現地説明会があった。

京都府の古墳には馴染みが無かったが近くなので、久しぶりに上さんと二人で出掛けた。
阪急京都線「西向日駅」から歩いて15分ほどの向日神社の隣の勝山公園内にある。古墳時代前期、全長92mの前方後方墳である。詳しくは「向日市元稲荷古墳」で検索されたい。
説明板
e0080110_23252733.jpg

e0080110_2325498.jpg



左:前方部、右:後方部頂、水道施設が占領している
e0080110_23173572.jpg


調査担当の向日市埋蔵文化センター 梅本康広さんの説明
e0080110_2335065.jpg


調査の結果分かったこと。現地説明会資料より

①前方部がほぼ南に向く古墳の後方部北端が検出され全長が92mであることが確定した。後方部長約51m、北辺幅約51m、南辺約49m、高約7m。前方部長約41m、前端幅約46m、高さ約3m。くびれ部幅約23m。

②桜井市箸墓古墳の約1/3の規模に相当し墳丘築造の設計企画に相互関連性があるとされ、箸墓古墳にきわめて近い時期の築造であるとされた。

③今回後方部墳丘下半の様相が判明したことで、出現期の大型前方後方墳の墳丘構造のほぼ全容が解明されたという。それは墳丘斜面に葺石、平坦面には礫敷を施して古墳全体を石で覆うもので、その石の置き方が詳しく調査された。すなわち、古墳全体がまるで「石の山」となっていて、基底平坦面の礫敷は出現期の大型古墳では初めて確認されたもの。
後方部北端の発掘現場、左:葺石と石敷、中:墳丘端、梅本さんが示しているところ、右:表土の下1/3あたりの黒い線状の層から上は最近の工事によるもの。
e0080110_23153872.jpg


④今回の調査で墳頂の祭祀に使われた土器と考えられる讃岐系二重口縁壺が初めて出土した。被葬者の讃岐地方とのかかわりが予想される。
出土した埴輪片
e0080110_23161547.jpg


⑤元稲荷古墳は箸墓古墳を頂点とする初期「倭王権」の政治秩序に従って3世紀後半に造られ、その被葬者は王権に参画しながらも政治経済的に自立した桂川流域を支配拠点に置いた有力な首長であったと考えられる、前方後方墳という墳形はそのような政治階層的立場表現したものと思われます。と資料は結んでいる。

すぐ隣の向日神社
e0080110_23182322.jpg


<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2009-02-21 23:30 | 現地説明会、講演会

明日香村ダブル現説

飛鳥京跡第161次調査―外郭北部の調査―
  橿考研現地説明会 2009.2.14

飛鳥でダブル現説があるので出かけた。
橿考研の「現地説明会資料」によると
 世界遺産登録への足がかりとなる史跡指定に向け、飛鳥京の学術調査を実施しており、3年計画の初年度の調査ということであった。
 今回の調査は飛鳥京跡の外郭(中枢施設のある内郭の北にある役所群)北部を調査している。
飛鳥寺の南約100mの所を調査して掘立柱建物を検出した。この建物は調査区域の北へ延びている大きなもので、南には砂利敷きの庭があったことが分かり、儀式を行う広場とされた。これらの遺構は藤原宮へ遷る段階で埋められている。

飛鳥寺はその南の広場までが寺の範囲と考えられている。今後は飛鳥寺殿関係や飛鳥宮の北限について調査するとのことであった。

調査地、北方(上方)へ約500m行くと石神遺跡発掘現地。南方へ約300m行くと伝飛鳥板葺宮跡復元地。
e0080110_1723337.jpg


1トレンチ、上:北西方向、後方は甘樫丘。左手に東西に石式の雨落溝、その右手に掘立柱建物(白いテープ)。建物の左手(南)に儀式を行う広場の石敷がある(下の写真、後方中央に飛鳥寺)。位置関係は2階建ての住宅で判断されたい。
e0080110_1732352.jpg

e0080110_1735419.jpg


3トレンチ:以前に検出された東西方向の石組溝、幅1.8m、深さ0.8mで底の両角には石を斜めに敷き全体をていねいにU字状に仕上げていた。この溝は飛鳥川に向けて掘られている、川の向こうは甘樫丘の丘。写真後方へ延長した1トレンチ付近で3トレンチを掘ったが検出されず、途中で曲がっていると判断された。
e0080110_1743442.jpg



石神遺跡調査
奈文研現地説明会 2009.2.14

石神遺跡は漏刻台で有名な水落遺跡の東北に広がる斉明朝の7世紀中頃に造営された迎賓館とされている。飛鳥宮との間には飛鳥寺があって宮城としては分断された格好になっている。

奈文献都城発掘調査部「石神遺跡第21次調査現地説明会資料」によると

奈文研が1981年度以降調査している。今回の調査区では7世紀前半から後半にかけて8期に亘る重複遺構が検出されてる。斉明朝における饗宴施設の東限の様子がわかった。遺跡の規模は、南北約180m、東西約130mと推定され、その全容が把握できるようになった。

説明会風景、写真後方は雷丘
e0080110_179164.jpg

e0080110_17182725.jpg


右に「東限」と書かれた名札から左(北)へ柱列があってその東には遺構がまばらで、ここが東限とされた。
e0080110_17114454.jpg


「建物5」は7世紀後半、「溝5」と書かれた向こうには7世紀の土器や瓦が出土した。
e0080110_17122268.jpg

e0080110_17213485.jpg


左:昨年10月25日の発掘現場。右:今回の見学会。後方の雷丘とその手前の民家が同じ。
e0080110_17125583.jpg

by yumeoijyuku | 2009-02-16 17:34 | 現地説明会、講演会

陵墓参考地の発掘調査現地説明会 

 堺市北区の「御廟山古墳」(陵墓参考地)で墳丘裾護岸改修工事に先立つ発掘調査の現地説明会に行ってきた。昨日28日に新聞で知って翌日の見学であった。JR百舌鳥駅近くの大仙公園広場に集まって整理券をもらって説明時刻を割り当てられての見学だった。1日5,000人までということであったが、整理が手際よく混乱は無かった。

最初の9時15分の組に入って15分の説明を聞いてから出発。
左:説明の堺市文化財課十河さん、中:説明風景
e0080110_22263664.jpg


百舌鳥駅すぐ南にある前方の踏切を渡って現地へ。
e0080110_22272458.jpg


御廟山古墳:全長186m、後円部径約96m、後円部高さ約18.3m、前方部幅約119m、高さ約17.8。これは大正15年測量の地形図によるので、今回の調査で墳丘裾がかなり浸食されていることが分かり(このことが今回の護岸整備工事の発端となっている)、全長200m、後円部径110mにせまると分かった。

今回調査による実測図:見学は周濠の水を抜いたあとに仮橋と見学デッキを作ってあって、前方部北西から墳丘裾に取り付いて、→前方部→前方部南→造り出し→後円部東中央部まで裾をまわって仮橋を渡って終わるルートであった。
e0080110_222801.jpg



 調査結果では、
① 墳丘裾が周濠の貯水量を多くするために、後世(江戸時代前半)に削られて1段目テラス上に積み上げられていたことが分かり墳丘がもっと広かったことが分かった。
② 各所で1段目テラス上に円筒埴輪や2段目斜面の下端が検出された。
③ 埴輪には円筒埴輪が大部分で直径40㎝程度のものが主体である。
④ 象形埴輪には蓋形、家形、冑形埴輪などがあって造り出し部に集中していた。
⑤ 埴輪の制作技法から5世紀中頃のものと考えられる。
などが分かったという。
今後宮内庁と堺市の詳細報告を楽しみにしてください。

造り出し部前方部寄り。左:1段目斜面、中:円筒埴輪残存部、右:葺石や象形埴輪は裾部に落ち込んでいる
e0080110_22291422.jpg


造り出し部後円部寄り。左:1段目斜面、右:円筒埴輪残存部
e0080110_22295540.jpg


後円部東から
e0080110_22303252.jpg


陵墓参考地の見学会ということで、中に入って見学できるだけ儲けものという気持ちで行ったが、どうして、発掘現場の現説そのものであった。見学デッキも本格的なもので周濠部は堺市の管轄であるが、墳丘は宮内庁のものである。市が主役であったがかなり有意義であった。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2008-11-29 22:42 | 現地説明会、講演会

檜前遺跡群

9月26日毎日新聞
 「明日香村の檜隈寺跡近くに渡来人の「東漢氏」の住居跡とみられる7世紀中~8世紀前半頃の建物跡が見つかったと明日香村教委が発表。土地の名前から「檜前遺跡群」と命名された。東漢氏は蘇我氏と結びついていたという。」
 27日現地見学会だが、山歩きがあるので急きょ行ってきた。
 
 国営飛鳥歴史公園の「キトラ古墳周辺地区」整備のための調査として明日香村、奈文研が広範囲に調査を行っている。
調査現地、全景:一番右の森(民家の屋根の右)が檜隈寺跡の森
e0080110_2142888.jpg


南東より
e0080110_21451793.jpg


北西より
e0080110_2145441.jpg


柱穴:数棟分の柱跡が見つかった。色分けされている
e0080110_2155661.jpg


現地よりの展望:中央の森は文武天皇陵その左手が高松塚地区
e0080110_21461114.jpg


檜隈寺跡の於美阿志神社
e0080110_21463879.jpg


檜隈寺跡の森付近の調査現地
e0080110_21471271.jpg

by yumeoijyuku | 2008-09-26 21:55 | 現地説明会、講演会

平城宮大極殿

第一次大極殿正殿復原整備特別公開(最終回)

9月22日、休みの谷間を狙って見学に行った。昼過ぎに入ったが、すいていた。

完成予想CG・・・工事をするので完成予定の間違いではないかと思ってしまう
e0080110_1747297.jpg


初重屋根の瓦
e0080110_17483329.jpg


二重屋根(大屋根)の鬼瓦と小口金具
e0080110_17544790.jpg


二重屋根の飾り金具、左:鴟尾、右中央飾り
e0080110_1749687.jpg



二重屋根
e0080110_17511426.jpg


会場、左:覆い屋根、右:南線上に朱雀門
e0080110_17515473.jpg

by yumeoijyuku | 2008-09-22 17:59 | 現地説明会、講演会

巣山古墳の喪船

 奈良県広陵町文化財保存センターで巣山古墳出土の喪船部材の展示をしているので見に行った。
 2006年2月に発掘された時は舟形木製品と木棺の蓋とされていたものが、今年広陵町文化財保存センター(河上邦彦所長)が木棺の蓋でなく準構造船の「竪板」と発表した。舳先に浪切板として使われたもの。直弧文が彫られていたことから木棺の蓋とされていた。今でも天皇の遺体を納棺するときは「御船入り」と言われており、喪船は葬送儀礼に使われたものとされた。  
 展示は9月1日まで、土、日は休み。近鉄大阪線「大和高田」から平端行バスで「広陵町役場前」下車、ただしバスは2時間に1本程度。タクシーで1500円見当。帰りには近鉄田原本線「箸尾」まで3.5km歩いた、約40分。
文化財保存センター:役場の敷地内にある。
e0080110_23131479.jpg


出土部材全体
e0080110_23135820.jpg


左:竪板、右:側板
e0080110_23144475.jpg


北北東に向く前方部の西で2003年に発掘された出島遺構(バックの写真、墳丘は前方部西面から出土した鳥形埴輪。
e0080110_23154168.jpg

同上家形埴輪、バックは北から見た墳丘西の濠部
e0080110_23161028.jpg


あいさつ
e0080110_23165985.jpg

by yumeoijyuku | 2008-08-27 23:26 | 古墳

藤原宮発掘現場

今日藤原宮に行ってきた。6月28日の新聞に出ていた奈文研の「藤原宮町道院朝庭(ちょうてい)部の調査」現場公開である。平日なのですいていて充分観察できた、ただし説明は「現場公開資料」のA3一面のみで解説は無。現地説明会は七月以降とのこと、今日はもう七月だが・・・。
調査地全景:後は天香具山、左手に大極殿跡がある
e0080110_2315753.jpg


柱穴跡:二つの穴に柱を立ててその間に幡(模擬柱が置かれている)を建てた例が韓国にある
e0080110_2322795.jpg


大和三山:左は天香具山、中央は畝傍山、右は耳成山
e0080110_2325021.jpg


持統天皇が天香具山を読んだ歌碑、藤原京跡すぐ北の池の東南隅にある
春過而 夏来良之 白妙能 衣乾有 天之香来山  孝書
 故犬養孝教授の銘がある。
e0080110_2332164.jpg


帰りに西南にある本薬師寺跡に寄った左は金堂跡、礎石が集められて置いてある。右は全景:中央が金堂跡、その手前が西塔跡、右の木が茂っているのが東塔跡
e0080110_2334675.jpg

by yumeoijyuku | 2008-07-01 23:10 | 現地説明会、講演会