古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:現地説明会 ( 40 ) タグの人気記事

明日香村小山田遺蹟5・6次現地説明会見学報告 

 2015.1.18日、明日香村の小山田遺跡第5・6次調査の現地説明会に行ってきた。その様子の報告。

1、近鉄「岡寺駅」からほぼ東へ走る県道多武峰見瀬線を石舞台の方へ行く。駅からすぐの国道を北へ行くと右手に「五条野丸山古墳」があるが、今日は寄り道せずに東へ向かう。15分そこそこで甘樫丘への道路標識があるのでそこを左に入る。すぐに左を見ると県立明日香擁護学校で今日の見学現場である。
e0080110_042424.jpg


2、翌日の新聞では見学者は8千人とあったが、昼前に行った時には10分も待たずに説明が聞けた。
e0080110_0325426.jpg

左:説明風景。中:調査区の航空写真。右:付近の地図、甘樫丘の南西部端にあたる。

3、説明会資料では:古墳のものと考えられる堀割は東西に直線状に約48m検出された。右が北で貼石、底面には敷石、南面の板石積みは、古墳の墳丘下段北辺にあたる、とされた。なお、北の貼石・堀割の敷石の抜けたところは、近年の建物建設時のものとされた。
e0080110_20452599.jpg

上:説明会資料より転載。

4、現地見学、見学通路が作られていて、間近で見学できた。
e0080110_0342019.jpg

左:建設時の予想図。中:東から撮影。右:西から撮影、向こうの山は談山神社のある多武峰。

5、貼石の様子
e0080110_0363914.jpg

左:手前が北、向こうに板石積み。中:結晶片岩。右:室生安山岩。

6、ここのすぐ西には終末期の古墳「菖蒲池古墳」がある。石室は一部破壊されていて、内部が見える。石室には家形石棺が前後に2棺あって、双方とも蓋の形状が家の棟を型どったような特殊な形をしていて有名である。石室が破壊されているので前棺がよく観察できる、蓋の手前は破損している。
e0080110_0381425.jpg

左:石室の中の前棺。中:説明版。右:西の遠景ー奈良・大阪の境の山々、左・金剛山、右・葛城山

 朱雀より一言:かなり広範囲に渡って整地、堀割造成されている。橿考研はじめ新聞で解説されている先生方は古墳ではないかとされている、また、和田萃先生や石野館長は居宅や構造物も指摘されている。朱雀は皇族の墓や宮であれば記録が残っていそうなものなので蘇我氏のものではないかと想像しています。甘樫丘には蘇我氏のものとされる「東麓遺跡」が知られており、この遺跡も蘇我蝦夷・入鹿が邸宅を準備していたものが、乙巳変で亡ぼされ、蘇我氏の痕跡まで消されたのではないかと思っています。

”写真はクリックすると拡大します”
by yumeoijyuku | 2015-01-24 10:48 | 現地説明会、講演会

堺市長山古墳現地説明会見学報告 

堺市長山古墳現地説明会 2013.08.03

 2013.7.31毎日新聞によると、大阪府堺市文化財課は「文献によって存在が知られているが実態が明らかでなかった「長山古墳」を発掘し、31日に現地説明会を行うと発表した。4世紀後半と推定され近くにある乳岡(ちのおか)古墳と共に百舌鳥古墳群では最古級とされる。
暑い中であったが見学に行った。

午後からの説明ということで、仁徳陵古墳近くを散策した。
e0080110_2143938.jpg

JR百舌鳥駅すぐ南西にある長塚古墳を見学した。大正9年に史跡指定されたときは「長山古墳」といわれていたという。

最近できた「古墳カレー」を試食した。中辛を注文、美味しかった。奥さん一人で切り回していたが、愛想よく話相手になっていただいた。仲間と一緒に古墳の勉強会をされているとのことで、先生方の名前が出てくる。客席が狭いので奥の居間を急遽整理して客用に使っているとのこと。
e0080110_2143557.jpg

左:店名は「花茶碗」。この突き当りはJR阪和線ですぐ左手が長塚古墳、道路を隔てて「百舌鳥駅」なので駅から歩5分弱。中:カレーの皿と古墳の形に盛り付ける型。右:古墳カレー千円トッピングのフライは好みで注文できる。

乳岡(ちのおか)古墳
e0080110_21444739.jpg

履中陵古墳の前方部を通る広い道路を西へトコトコ歩いてゆき南陵町の先へ行くと左手に鉄塔があってその向こうに古墳がある。左・右:乳岡古墳。

さらに先(西)へ行き国道26号の高架の一つ手前の道を右(北)へ約600m行く。堺山口病院の所を右に入るとすぐ「高砂町」のバス停を過ぎてすぐ左に入って突き当りが長山古墳の発掘現場となる。南海阪堺線の「東湊駅」を東へ行くと高架を過ぎてゆくと「高砂町」バス停がある。
e0080110_21452399.jpg

左:「高砂町」バス停、この角を左に行く。右:発掘現場。

e0080110_21461833.jpg

左:堺市職員の解説。中:前方部南側面の葺石基部、左側墳丘見学者のいるところは周濠。右:画面中央部が前方部周濠。

後円部東側の発掘状況。下図の上の部分。左手が後円部墳丘部分。右手が周濠部分。
e0080110_21478100.jpg


調査地と古墳復元模式図
e0080110_23584544.jpg

 墳丘主軸は約40度東に傾く前方後円形古墳で墳丘長110m、後円部径56m、周濠を含めた全長156mと推測された。墳丘長は百舌鳥古墳群中9番目の大きさとなる。

出土品。
e0080110_21484660.jpg

左:蓋形埴輪(肋木=傘の外周・上にそりあがっている)。中左:蓋形埴輪。中右:鰭付埴輪。右:車輪石。

調査区全景、北北東方面
e0080110_21492192.jpg


<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2013-08-04 23:55 | 現地説明会、講演会

韓国・栄山江流域の古墳を巡る旅参加報告7/9

2013.05.28日、光州→咸平郡→辺山半島→辺山泊 その2

e0080110_20335358.jpg

光州市内

16、月桂洞古墳(光州広域市光山区)・・・都市開発地の中に公園化して、保存されている。2基の前方後円形古墳が近接して築かれている例は他に例がない。

1号墳・・・西北西に開く前方後円形古墳。現状の墳長36.6m、後円部径16m、高さ4.8m、くびれ部幅約10.4m、高さ3.3m、前方部幅27m、高さ4.9m。調査結果では墳頂45.3m、後円部径25.8m、前方部幅31.4M、高さ5.2mあったと推定された。写真はパノラマ合成しているので歪んでいるが平面は一般的な前方後円墳形である(以下同)。
e0080110_21554188.jpg

① 前方部南西から後円部を見る。後円部の横穴式石室がくびれ部側に開口している。

e0080110_2158657.jpg

② 前方部北西から後円部を見る。

e0080110_21585322.jpg

③ 前方部北から墳丘北面を見る。

e0080110_2201022.jpg

④ 後円部北東から前方部を見る。

e0080110_222920.jpg

⑤ 左:説明写真。中:月桂洞古墳・長鼓墳説明板。右:2号墳、1号墳より南西に約50離れている。西南西に開く前方後円形古墳。墳長約28m、後円部径13.9m、高さ2.3m、前方部幅11.9m、高さ2.0m。

e0080110_2234423.jpg

⑥ 日本で言う三角点

17、礼徳里新徳古墳群(咸平郡月也麺礼徳里)
 北に開く前方後円形の1号墳とその北17m離れて2号墳、円墳がある。1号墳は総長51m、後円部径30m、高さ5m、前方部幅24m、高さ4mで周濠があった可能性が高い、墳丘長軸に直交して長さ約2.9m、幅約2.3m、高さ約2.4mの横穴式石室があって、木簡を置いたとみられる棺台があった。 2号墳は径15m、高さ1.5mで横穴式石室を持つ。

e0080110_2251184.jpg

① 左:古墳へ。中:1号墳後円部。右:説明板:。

e0080110_2272631.jpg

② 左:新徳2号墳、手前は1号墳前方部裾。右:1号墳前方部。

18、万家村古墳群
 内洞里古墳群と同じように、墳頂の長い古墳が密集している。14基の古墳は東西軸並行3基と南北軸並行とする2つのグループに分かれている。
 新徳古墳群の南方すぐにある古墳群で、埋葬主体は多数の大型甕棺を持つ。
e0080110_2292352.jpg

① 左:長い古墳が集中している。中:説明板。右:近くのバス停。

e0080110_22113462.jpg

② 各古墳には数基から10基程度の甕棺が埋葬されている。
by yumeoijyuku | 2013-06-24 14:04 | 現地説明会、講演会

韓国・栄山江流域の古墳を巡る旅参加報告3/9

2013.05.26日、光州→海南→木浦 その2

5、大興寺
e0080110_21302169.jpg

① 左:海南郡旅行者用地図。中:同左。右:大興寺説明板

e0080110_21314883.jpg

② 浮屠殿。左:浮屠は僧侶の舎利を奉安したもので、・・・とある。中:浮屠群への入口(入れない)。右:浮屠群。

e0080110_2133978.jpg

③ 左:大雄宝殿の仏様。中左:大雄宝殿。中右:人生訓。右:山門

6、海南長鼓山古墳(海南郡北日面方山里)
 韓国の前方後円形古墳では最南端にある単独墳。南約1kmで現在の海岸線がある。当時は海岸がもっと近く、海上交通と密接に関係していたと思われている。全長77m、後円部径44m、高さ10.1m。前方部幅36m、高さ9.4m。くびれ部幅31m、高さ6.3m。墳丘形状に乱れがなく良好に保たれている。

e0080110_21343070.jpg

① 左:説明板。中左:前方部。中右:前方部から後円部を見る。右:前方部。

e0080110_2136697.jpg

② 後円部

7、龍日里龍雲古墳群
e0080110_2138982.jpg

① 左:説明板。中左・右:2号墳。右:向こうに1号墳


<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2013-06-24 13:55 | 現地説明会、講演会

韓国・栄山江流域の古墳を巡る旅参加報告2/9

2013.05.26日、光州→海南→木浦 その1

e0080110_20562377.jpg

ホテルの朝、部屋からの眺め。

e0080110_20584747.jpg

ホテルの出たところで車同士の事故直後で、お互い路上で言い争っていた。

e0080110_210687.jpg

左:光州市内。右:栄山江。

3、ヨンパリ(康津郡康津邑永波里)古墳:案内の田中先生が最新情報を入手されて、韓国の前方後円形古墳の14番目と認定された古墳を急遽コースに組み入れられて見に行くことになった。詳細は不明。
e0080110_2145086.jpg

① 左:詳しい地図がないので農作業者に聞きながら探して回った。中:付近の地図にももちろん出ていない。右:中の地図があった村の施設。

e0080110_2155344.jpg

② ついに発見。左右とも同じ古墳、左:古墳の左手が前方部で、この土手からアプローチできる。右:後円部へのアプローチ。

e0080110_2163482.jpg

③ 左:後円部から、くびれ部がよくわかる。中:墳丘上部、前方部。右:同左後円部。

4、、龍頭里古墳(マルムドン古墳、海南郡三山面昌里)
e0080110_217186.jpg

左:説明板。中:標識。右:付近にあった現代の富裕層の墓、有力者の墓が中央奥にあって、一族の墓が集まっている。

e0080110_219792.jpg

古墳全景、後円部北から。

e0080110_2194043.jpg

同上、北西から。左が後円部、南南西に開く。


<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2013-06-24 13:49 | 現地説明会、講演会

韓国・栄山江流域の古墳を巡る旅参加報告1/9

 2013.05.25日、出発・関空→釜山→光州

はじめに:今回の訪韓目的は韓国南西部の全羅北道、全羅南道を流れる栄山江流域に散在する前方後円墳と、あわせてこの地域の史跡をたずねることである。旅行計画は主催した「㈱国際交流サービス」によるもので、ご案内・解説は滋賀県立大学教授田中俊明先生による。

e0080110_9481255.jpg

①左:国際線へ。中:搭乗手続き。右:搭乗ゲートへ。

e0080110_9485486.jpg

②左:搭乗機。中:離陸。右:淡路島北部、上は明石海峡。

e0080110_9491276.jpg

③左:小豆島北東部。中:岡山県玉野市・剣山、上部(北)は岡山市。右:右手は中海、島は大根島、左下は宍道湖・松江付近。

e0080110_9492817.jpg

④左:洛東江、右方向に釜山市街がある。中、右:釜山・金海国際空港着。


e0080110_9495261.jpg
 
⑤左:入国。中:空港建物。右:西へ出発。


e0080110_9525150.jpg

⑥左:高速道路を西へ「順天」を目指す。中・右:途中の田園風景、日本の田園によく似ている、田植え時期もほぼ同じ。

1、順天雲坪里古墳(順天市西面雲坪里)・・・山の中段にあって、2号墳(半径約20m)の墳丘は中心部は盛土状に残っているが他は削平されて畑になっている。墳丘には10基以上の土壙墓の終わり頃のものが残っていた。2号墳のすぐ下に1号墳、上約100mのところに3号墳がある。いづれも円墳。
e0080110_9532061.jpg

① 左:2号墳、畑になっている、左の小高いところが墳丘残存部。中・右:2号墳から少し登ったところにある1号墳、見晴が良い。

e0080110_9533697.jpg

② 左:2008年に発掘調査を担当した順天大学校博物館の李東煕先生(中央の野球帽)に説明してもらった。中:遠景、手前に鉄道、向こうに高速道路が走っている、すぐ左手に西順天インターチェンジがある。右:釜山からソウルまで5日間お世話になった観光バス、ガイドは案内のため全コースを事前に実地調査していた。

2、潭陽聲月里月田古墳(潭陽郡古西面)・・・東西主軸、西に開く前方後円墳で単独で存在する。大部分は盛土によって造成されている。1986年の調査で、墳丘長40.5m、後円部径23m、高さ5.1m、前方部幅16.7m、高さ3.3m。前方部幅16.7m、高さ3.3m、くびれ部幅15m。発掘調査はされていなかった。
e0080110_21392524.jpg

① 左:後円部より墳丘南面。中・右:後円部、北東から右手前方部

e0080110_21291153.jpg

② 左:前方部西から、古墳南面。中:前方部調査中、シートもかかっておらず立ち入り禁止にもなっていない。右:栄山江。

◎参考<前方後円墳の主は誰か>
・在地首長説:5世紀の末から6世紀のなかばにかけて、栄山江流域で百済領有化が進むなかで、それを全面的に受け入れることに抵抗のある在地の勢力が、倭の勢力とも通じていることを可視的に表現したのが、倭の墓制に通じる前方後円形古墳の築造であった。・・・滋賀県立大学教授田中先生他日韓の研究者
・倭人説:被葬者は独立的に割拠した勢力ではなく、土着勢力の権勢と対倭、対大伽耶攻略のために、王侯制のような支配方式の一環として百済王権によって、一時的に各地に派遣された倭系百済官人である。・・・韓国慶北大学朴天秀教授他日韓の研究者

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2013-06-24 13:44 | 現地説明会、講演会

堺市ニサンザイ古墳現地説明会 2012,12,1。2/2 

堺市ニサンザイ古墳現地説明会 見学報告2/2

北側くびれ部には見学用ステージが組まれていた、前方部側に造出しがある。
e0080110_20315898.jpg

左:見学用ステージ。中:須恵器甕とハニワ列を検出。右:同左拡大。

建設時のものと思われる墳丘裾部が検出され、後円部径が従来数値より大きいことが分かった。
e0080110_20322276.jpg

造出し東斜面。左:墳丘裾。中・右:転がり落ちた埴輪片。

e0080110_20325748.jpg

②の部分左:1段目テラス。中:奥に葺石。右:手前に埴輪列。

e0080110_20332992.jpg

③の部分。左:見学通路から。中:外堤から仮設通路が見える。右:同左。

e0080110_20334887.jpg

④の部分。左:見学通路から。右:手前に埴輪列、仮設通路の奥に葺石。

e0080110_2034733.jpg

左:東南部外堤への見学通路、向こうは共同墓地。中:説明板。右:受付近くで15分おきに説明の後見学。

e0080110_20344458.jpg

後円部南東外堤からの墳丘全景。

 時々強いにわか雨があって天候は不順であったが、周濠を渡って墳丘まじかに見学用通路とステージが用意されていて充実した見学ができ、世界遺産指定に向けた意気込みが感じられた。堺市がこれだけできるのだから宮内庁も墳丘のほんの一部にでも見学用通路を設けて一般に公開しても通路の下部をしっかり養生すれば墳丘に影響ないとおもわれる。誰のものかわからない古墳に少し入るぐらいなら罰は当たらないと思う、実際の継体天皇陵とされる高槻市の今城塚古墳はさんざん掘り返されているが、祟りがあったとは聞いたことがない。


<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-12-03 21:17 | 現地説明会、講演会

堺市ニサンザイ古墳現地説明会 2012,12,1。1/2 

堺市ニサンザイ古墳現地説明会 見学報告1/2

 ニサンザイ古墳は宮内庁が「東百舌鳥陵墓参考地として墳丘を管理しており、堺市が周濠を管理している。今回宮内庁の護岸整備工事の事前調査計画に合わせて堺市も同時に状況確認のため調査を行った。
 以下、堺市・文化財課「ニサンザイ古墳発掘調査 現地見学会資料H24.12.1・2」を参考にして報告する。

1、古墳の規模は前方部を西に向けた前方後円墳。大正時代末年に測量された地形図より全長290m、後円部径156m、後円部高24.6m前方部幅224m、高さ25.9mと全国で8番目の大きさとされている。
2、濠の底で本来の墳丘裾を確認した、後円部の外形が5m大きくなって、前方部も同様とすると、従来の墳丘長より10m以上大きくなり300mを超えると見られる。墳丘の周囲には幅50mの濠が巡る。
3、周濠に落ち込んでいた須恵器、土師器、円筒埴輪、形象埴輪から5世紀後半のものとされた。

e0080110_17505266.jpg

左:解説用パネル。右:古墳平面図。

e0080110_17512541.jpg

左:前方後円墳の図例(中津姫陵)。中:③の埴輪(手前)と須恵器(奥)。右:②の埴輪列。

e0080110_17521862.jpg

左:③の葺石。中:④の埴輪列と葺石。右:④の墳丘裾。

e0080110_1754152.jpg

墳丘全景、左・後円部右・前方部(外堤北西部から)。

e0080110_17542844.jpg

左:前方後円墳の仮通路から墳丘部へ渡る。中:参加者への注意書。右:仮通路を渡る。


<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-12-03 20:25 | 現地説明会、講演会

桜井市脇本遺跡説明会報告 

脇本遺跡第18次現地説明会報告 2012.9.29 

桜井市は奈良盆地南東部に位置し、脇本遺跡は南に大和川の源流初瀬川、北に大神神社のご神体三輪山に挟まれた位置にある。桜井市内から名張、伊勢方面への要衝で、平成16年以降は国道165号線拡幅に伴う調査が行われている。『日本書紀』にいう雄略天皇の「泊瀬朝倉宮(はつせあさくらのみや)」の推定地となっており、古墳時代中期~飛鳥時代の大形掘立柱建物などの遺跡が確認されている。

近鉄大阪線「大和朝倉駅」を北へ、国道165号線を東へ行くとバス停「脇本」の手前北側が今回の調査地である。
e0080110_2225511.jpg

調査地。左:中央部丸印。右:調査地、中央部やや右の交差点がバス停「脇本」

調査地の北側で池状に掘られた遺構が検出された。南北60m以上、東西約30m、深さ約1.2m、出土土器から5世紀後半に築造され、6世紀後半に廃絶していることが分かった。ただし、底に水の作用による堆積物が無く池とは考えられないと言い、用途は不明とされて「池状遺構」とされた。『日本書紀』には雄略天皇の「泊瀬朝倉宮」(5世紀後半)、欽明天皇の「磯城島金刺宮(しきしまのかなさしのみや)」と行宮である「泊瀬柴籬宮(はつせしばがきのみや)」(6世紀後半)の記事がある。過去の調査ではそれぞれの時期に合う掘立柱建物が近くで発掘されていて、これらの宮に関係する可能性が考えられるという。・・奈良県立橿原考古学研究所「桜井市脇本遺跡第18次調査現地説明会資料2012年9月29日」より抜粋。

e0080110_239352.jpg

調査地全景。向こうが南。信号のある通りが国道165号。手前・人が立っているあたりが池状遺跡。その向う左右に広がる石積みがその南端。

e0080110_22253525.jpg

新聞報道。

e0080110_22413319.jpg

池状遺構南端の石積。左:上下方向に目地石を置いて整然と積み上げられていた。中、右:西より、左が池状遺跡の底部。

e0080110_22472585.jpg

出土土器1。弥生時代後期末~古墳時代初め。池状遺構の南、上段の遺構から出土

e0080110_2243391.jpg

出土土器2。左:池状遺構下層から出土、古墳時代中期・5世紀後半。中、右:池状遺構上層から出土、古墳時代後期・6世紀後半。

e0080110_2251376.jpg

出土土器3.左:出土土器2の右と同じもの。中:時期は左に同じ。右:展示風景

e0080110_22514628.jpg

説明は1時間ごとに行われた。左:説明風景。右:説明は奈良県立橿原考古学研究所岡田技師。池状遺構の南・上段にある遺構についての説明は無かった。

この後付近の神社を訪ねた。
e0080110_22524179.jpg

発掘現場北東にある春日神社。左:本殿。中:注連縄。右:説明板。

e0080110_22532394.jpg

発掘現場から北へ行き西へ行ったところにある玉列(たまつら)神社。左:本殿。中:説明板。右:神社を背にして南方向、右手奥に霞む山は音羽山。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-09-29 23:27 | 現地説明会、講演会

甘樫丘東麓遺跡現地見学会見学報告 2012.3.4

 昼前から小雨の降る中、熱心なファンが見学した。この甘樫丘東麓の駐車場に隣接する比較的平坦な区画の調査が続けられている。前回2010年3月に見学会があった調査ではこの平坦地に接する北東の斜面も調査されたが、今回の調査は前回調査の南東に当たりる区画を調査している。

 以下は「甘樫丘東麓遺跡-飛鳥藤原第171次調査現地見学会資料2012.3.4、奈良文化財研究所」および同研究所清野氏の現地説明による。

 今回の調査では飛鳥時代の中でも7世紀中頃の蘇我氏と関係の有りそうな時期の地層は削り取られていて遺構もその下部だけが残っている状態で、性格もまだ解明されていない。7世紀中頃には西南部が一気に埋め立てられている。

e0080110_23224928.jpg

調査地全景。左:南西より、右手が発掘現場。左手に掘削土置き場、その右手向こうのテントで出土品展示。右:西の斜面上部より。

e0080110_2316599.jpg

出土した土器。

e0080110_23173545.jpg

左:東麓の谷全体の調査地、今回は谷の東端になる。右:調査地を東から見た写真、向こうに見えるのは畝傍山。

e0080110_23284085.jpg

今回の調査区画。太い赤線は傾斜地を削りとって平坦面を創っている上端の線。図の上方が上段。図の右上部分は近世の耕作跡。調査地のすぐ東に飛鳥川とそれに沿った道路が通る。

e0080110_2319337.jpg

左:北から見た南西角、手前に硬化面があった、硬化面は人工的な火によって土の表面が釘も通らないほど硬化している。中:左写真の右手、南西角。右:中の北側、西より。

e0080110_2320736.jpg

左:右写真の東となり、被熱面は黄色い土の上部が熱で赤くなっている、熱は千度以下と思われる。方形遺構2は一片80㎝くらいのもので石をまばらに敷いている。右:上の写真と同じ南西角、建物1(紫のテープ)の柱跡があった。炭たまりには壁や土器の他に焼けたものがあって何が焼けたのか調査中。

e0080110_23205287.jpg

左:上の写真左の南西手前。右:左の写真の北側、手前の区画に赤く変色した被熱面、硬化面1、方形遺構2、向こうの区画に硬化面2が見える。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-03-05 01:40 | 現地説明会、講演会