古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:お勉強 ( 9 ) タグの人気記事

「05Mの会」中部大会 参加報告 その3

「05Mの会」中部大会(’14.5.15~16)参加報告 その3

⑩一路名古屋城へ、名古屋高速小牧線を行く
e0080110_22491896.jpg

左:県営名古屋空港。中:途中の標識。右:名古屋市街。

⑪名古屋城。途中、尾張徳川家のお宝を展示している徳川美術館(国宝9件、重文59件など展示)内の「宝善亭」で昼食、見学の後、名古屋城へ向かう15分ほどで到着。 
e0080110_22501633.jpg

左:天守閣。中:同左、記念写真撮影スポットから。右:案内図。

⑫天守閣からの眺望
e0080110_22504670.jpg


⑬天守閣
e0080110_22531064.jpg

左:天守閣。右:天守閣断面図。

⑭金の鯱
e0080110_22535185.jpg

左:天守閣の金の鯱、中:展示ケースの中・左は千両箱、右は3千両箱(一両は約16.5gとある)。右:金の鯱に使用された金は慶長小判17、975両とある。
 今の金の相場をグラム約4,400円慶長小判の純度85%でみると約111万円になる。対ではこの倍になる。


⑮城郭の主要部分を占める本丸御殿の復元工事が行われている。
e0080110_22543438.jpg

左:加工中の資材。中:本丸御殿復元工事図。右:今回工事部分を明示してある。

e0080110_22552654.jpg

左:工事中の屋根。中・右:完成部分。

 この後バスで名古屋駅への移動中に今後の予定の打ち合わせと幹事さんからの挨拶があって、次回は来年「四国」で開催することになりました。四国の会員に関西地区のメンバーが協力することとなりました。

 中部大会は名古屋駅で解散。中部大会幹事さんありがとうございました。
 「05Mの会」の皆さんお元気で、来年四国で会いましょう。

⑰名古屋駅と駅ビルからの眺望
e0080110_2343831.jpg

左:名古屋駅ホーム。中:西方面の夕景。右:中の写真の右部分の拡大

朱雀より・・訪問先は初めてのところばかりでした。コメント内容に間違いや不備の点があると思いますが、ご容赦ください。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2014-06-11 17:48 | お勉強

「05Mの会」中部大会 参加報告 その2

「05Mの会」中部大会(’14.5.15~16)その2

① 長良川橋すぐ下流の旅館「十八楼」からの眺め
e0080110_2230021.jpg


②岐阜城とお別れ
e0080110_22305869.jpg

左:長良橋通りを南へ。右:岐阜城がお見送りしてくれている。

③小牧城へ向かう。
e0080110_22312856.jpg

左:先ずは名古屋方面へ。中:途中の風景。右:小牧市役所。

④小牧城大手口から小牧城へと昇る。
 小牧山城は信長が斎藤氏攻略のため築いた城で、永禄10年美濃攻略後信長は岐阜城に移ったため廃城となった。1584年(天正12年)、豊臣秀吉と徳川家康が戦った小牧・長久手の戦いでは、家康がいち早く小牧山に目を付けて本陣を置いた、とされていて、この時には天守閣はなかったと思われる。現在の天守閣の建物は1967年に民間人が作って寄付されたもので、「小牧市歴史館」になっている。
e0080110_22324617.jpg

左:大手口から昇る。中:平成18年の調査で堀、土塁、土橋が調査されている。右:説明版。

⑤主郭地区の巨石石垣。平成16~21年に発掘調査された石垣の延長部分の発掘調査が行われていた。
e0080110_22333867.jpg

左:現在の調査現場。中:左の写真の右手この上が城郭。右:以前の調査の説明版。

⑥発掘担当者は奈良大の千田先生にはお世話になっているということで、熱心に説明していただいた。
e0080110_22342514.jpg

左:発掘担当者からの説明。中:上の写真⑤中とほぼ同じところ。右:発掘された石。

⑦本丸下の斜面にあった上下2段の石垣跡。
e0080110_2235522.jpg

左:石垣の石。中:城郭への道。右:説明版。

⑧天守閣跡の資料館からの眺め
e0080110_22354254.jpg

左、中:小牧市内。右:天守閣跡の説明。

⑨小牧山の麓にある説明版
e0080110_2236923.jpg

左、中、右:説明版

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2014-06-10 23:47 | お勉強

「05Mの会」中部大会 参加報告 その1

「05Mの会」中部大会(’14.5.15~16) 参加報告・その1

 奈良大学通信教育部開設最初の入学生で「05M***」の学生番号を持つ者の集まり「05Mの会」は通信教育生の特徴として北は北海道苫小牧市、南は福岡県対馬市を含む60人を超える会員の内毎年30人前後の会員が集まって親睦の場を設けている。今年は中部地方在住の方々が幹事となってお世話していただいた。

① 初日の5月15日にはJR岐阜駅前に12時集合、出席者31名。
e0080110_21121483.jpg

駅前にあるの金ピカの信長像前に集合。宿泊予定の旅館「十八楼」へ出発。

②JR岐阜駅
e0080110_21124973.jpg

左:駅ビル、中:駅中の「駅市場」、集合前に腹拵えをした。右:この2階に改札がある。

③旅館に荷物を置いて、近くの岐阜城へ出かけた。
e0080110_21164442.jpg

左・右:麓から岐阜城を望む。城は昭和31年に再建されたもので3層4階、鉄筋コンクリート製

④信長居館跡
宣教師ルイス・フロイスが「壮麗なもの」として紹介したものとされている。
e0080110_21174175.jpg

左:冠木門跡は発掘されていないが、想定したもの。中:発掘された石組み。右:説明板。

⑤ロープウェイ山上駅のすぐ東で、信長公居館跡の一部がH25年に発掘された。④とは別の場所
e0080110_21185520.jpg

左:発掘箇所、右手奥の電柱の向こうに庭の一部である岩盤が見える。中:発掘結果の説明版1。右:同左2。

⑥ロープウエイ・・・往復980円
e0080110_21193487.jpg

左、中、右:長良川方面

⑦天守閣(昭和31年再建、鉄筋コンクリート製)
e0080110_21202922.jpg


⑧ロープウェイ山下駅
e0080110_21131658.jpg

左:山下駅。中:道三信長時代の岐阜城。右:旅館前から案内していただいた東山さん。

⑨鵜飼舟で夕食
e0080110_21312351.jpg

左:若い姉さんたちが踊りで歓迎。中、右:鵜飼の実演。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2014-06-09 22:42 | お勉強

大出雲展・京都国立博物館 見学

大出雲展  2012.9.5

京都国立博物館の「大出雲展」を見学した。生駒のMさんありがとう。

JR京都駅から歩いて約20分、案外近い。
出雲大社へは?十年前に行っている写真で思い出す程度で、記憶は全然ない。

e0080110_23193737.jpg

左:京都博物館南西角。右:入口付近、三十三間堂前交差点。

e0080110_23201237.jpg

左:京都国立博物館入口付近、奥に本館の屋根。右:同左、看板。

会場は撮影禁止。ただ、出雲大社の推定復元模型のある部屋は撮影OKで、他の展示と合わせて今日の目的は堪能できた。
コーナーの入り口には「出雲大社境内遺跡模型」がある。奥に2000年4月に出雲大社より出土した宇豆柱(うづばしら)。1本の柱材が直径1.35mもあるスギの大木を3本束ねたもので、太さは直径3m以上にも及ぶ。高い神殿を支えるために神殿の下部に田の字型の交点9箇所に使われていた。出雲大社に残る「金輪御造営指図」に3本束ねた基礎図ががあったが、信じられていなかった。
e0080110_23205214.jpg

左:出雲大社境内遺跡模型、縮尺1/50。右:宇豆柱の残欠。

古代出雲大社復元模型(1/10)。実際の高さは約48mあったとされている。
e0080110_23211988.jpg

左:全景。中:本殿①正面。右:本殿②。

e0080110_23215433.jpg

博物館正面。左:正面。中:正面上部。右:ロダンの考える人。
個々の右手(北)にある常設展館は工事中。

三十三間堂も千手観音像がびっしり並んでいる記憶が朧なくらい以前に行ったきりであった。堂内撮影禁止。
1164年に平清盛が後白河上皇に寄進した「蓮華王院」。約80年後に消失したが、すぐに復興に着手し、1266年に再建された。お堂の長さは約120mで柱間が33ある。
e0080110_23222886.jpg

左:三十三間堂。右:説明板

ここのすぐ東側に法住寺があってその隣に御陵への参道がある。後白河上皇は法住寺で院政を行った。もちろん御所なので広大な屋敷であったハズ。
e0080110_2323285.jpg

左:後白河法皇陵入口。右:右隣の法住寺。

e0080110_23235681.jpg

左:後白河法皇御陵標識。右:御陵

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-09-05 23:45 | お勉強

奈良大学 学友会「琵琶湖上スクーリング」

8月9日は奈良大学 奈良学友会の「琵琶湖上スクーリング」に参加して、湖上での講義と観光を楽しんだ。講義のほうは学友会の報告に任せることにして、このブログは観光の報告をする。
e0080110_165145.jpg

e0080110_1661356.jpg

先ずは「megumi」に乗船して、9時20分出航。

e0080110_1672676.jpg

船内ミーティング・ルームでは早速講義開始。まず、坂井先生による開講と講義を担当していただく「滋賀県文化財保護教会」の皆さんの紹介があった

e0080110_1635219.jpg

浮御堂

e0080110_16391681.jpg

琵琶湖大橋を通過、北湖へ

e0080110_16123630.jpg

最初の訪問地は「沖島」南東より、右は左の写真の中央部の漁村。島民は約400人で淡水湖の島に居住者がいるのは日本唯一。世界でも珍しい

e0080110_1614072.jpg

左:漁港、中:民家、右:土地の有効利用のため、庇が重なっている

e0080110_1615097.jpg

奥津島神社

e0080110_1617445.jpg

一路竹生島へ。途中にある沖の白石、多景島の西方約5kmに位置する。大岩1つ・小岩3つからなり、周辺の水深は約80mで、大岩の高さが約20m(地上)あるので、大岩の全長は約100m前後と推定されている。

e0080110_16181293.jpg

多景島、島内全域が見塔寺の敷地になっている。題目岩「南無妙法蓮華経」の文字が彫られた岩は高さ10m。


e0080110_16185973.jpg

はるか北東に伊吹山がかすかに見える

e0080110_1620556.jpg

竹生島、南より。

e0080110_16212878.jpg

右端は常行殿、その左下は龍神拝所(かわらけ投げ)、その左は都久夫須麻(つくぶすま)神社本殿(工事中)、中央は宝物殿、その左は三重塔。

e0080110_16372624.jpg

本堂へ、階段の上左は本坊、その右は月定院。

e0080110_16224587.jpg

本堂弁財天堂

e0080110_16233330.jpg

国宝観音堂唐門

e0080110_1624123.jpg

島の大半の樹木は烏の被害で枯れている


e0080110_16245438.jpg

帰路はノンストップ、途中の白髭神社鳥居

e0080110_16254656.jpg

全日程終了、沖田会長、学友会の皆さん、文化財保護協会の皆さんありがとうございました。
by yumeoijyuku | 2010-08-10 16:56 | お勉強

纏向遺跡の新発見が語るもの講演会

邪馬台国からヤマト王権へ2010.03.21

奈良大春のオープンキャンパス&公開講座に行ってきました。

『卑弥呼の宮殿跡か? 邪馬台国論争に決着か? 邪馬台国からヤマト王権へ-纏向遺跡の新発見が語るもの-』との触れ込みで奈良大学講堂で市民公開講座が有ったので聴きに行ってきた。講堂は臨時に椅子を並べるほどの盛況で、資料の数が足らずに増刷して配っていた。

出演者
桜井市教育委員会文化財課主査、奈良大学20期生 橋本輝彦先生
大阪府近つ飛鳥博物館館長、前奈良大学教授 白石太一郎先生
司会:奈良大学文化財学科 坂井秀弥教授

『纏向遺跡の発掘調査』-卑弥呼の宮殿を探して-橋本先生

・奈良大学では国文科で学び、部活が考古学で最初は退部の時期をうかがっていたが止められず、そのうち纏向を掘りたくなって桜井市に就職した。

◎纏向遺跡の範囲
① 纏向遺跡の初期は最初に祭祀遺物が出土した団地の一角を中枢とする庄内式期(2~3世紀初)中枢地域を中心とする1km四方の区域であった(今の遺跡で言うと纏向の石塚、東田大塚といった‘墳墓’、相撲神社口バス停を含み、箸墓古墳の大池の北付近までを含む範囲)。
② 次の規模は布留式期(3世紀末~4世紀)で東西2km、南北1.5kmの範囲であった。中枢地域はこの地域の北東に偏るが珠城山古墳群のすぐ北から天理市との境界付近までを想定している(地域の概略は北が天理市との境界付近、南は箸墓古墳を含みその南、東は穴師の相撲神社付近、西は東田地区を含む範囲)。

◎纏向遺跡の特徴は
① 出土する工具の内スコップとして使用する鋤の比率が95%有って水田が主な唐子遺跡で 50%、他の場所では20~50%なので明らかに水田に使用されたものではない。また土器も他の地方からのものが多い。
② 近くにはベニバナ工房も見つかっている。ベニバナを染料として使用するには高度の技術が要る。アフリカ→中国→纏向に伝わったものと思われる。藤ノ木古墳で使われているが6世紀末頃のことである。
③ 3世紀後半のものとして鍛冶関連遺物が出土している、これには北部九州の羽口が有って九州とのつながりが有ったことがわかる。

◎発掘場所
今回発掘した場所は周りの田圃から一段高くなっていて、柿本人麻呂の屋敷が有ったのではないかといわれていた場所である。

◎発掘の成果
(発掘現地の報告は、タグ「現地説明会」で検索し「纏向遺跡発掘現地09.3.21」、「纏向遺跡発掘調査現地説明会09.11.15」参照)

  発掘された建物は柱跡から09.11.15のブログの模型が想像されている。この柱跡発掘につ いて、
①ブログにある模型の奥にある建物Dは現地では東(奥)の柱列2通りと他一部が検出された、柱跡からは当時柱を立ち上げた方向まで解明できて、建築の専門家の意見を参考に復元したものでかなりの精度が得られた。
②各建物の軸線は東西一直線に揃っており設計意図がうかがわれる。
③建物Cの棟持柱は壁の外に建てられていて後の伊勢神宮式である。
④柱は全て抜き取られている。柱穴には土器が残っているものが有って庄内3式(3世紀中葉以降)が出ている。

◎遺跡のその他の特徴
①建物の時期は卑弥呼の時期と合う。
②南北が正しく建てられている。
③後の宮殿建築設計に引き継がれている。
④建物建築以前の遺物は出ているが、以後の地層には遺物が出ていない。居館区域は清い場所とされていた。飛鳥宮跡も同様の傾向がある。

橋本先生は注意深く、「卑弥呼の時代に有った居館遺跡」とし、卑弥呼の居館とは言わなかった。


『考古学からみた邪馬台国と初期ヤマト王権』 :白石先生

1、古墳の形態と時期的な分布を中心に、弥生末期から古墳墳時代に移る時期の国家連合形成にかかる持論を展開された。
① 古墳時代前期初頭には広域の首長連合の首長が地位に応じた大きさの古墳を造った、その中心が大和である。以前は3世紀末~4世紀初頭とされていた(小林行雄ら)。しかし今ではその時期が遡っていた、出現期の古墳は3世紀中頃と考える。古墳の考えでは九州説には無理がある。
② 弥生末には鉄の時代となったが、日本では鉄の製造ができなかった。
③九州では輸入した鉄を再生して使わなくても、捨てられるほどに豊富にあった。
④ 3世紀初めに九州と畿内・瀬戸内連合が鉄の入手で争って、中心が畿内に移った。漢鏡の分布の状態からも分かる。
⑤その後は畿内の邪馬台国連合と濃尾平野に代表される狗奴国連合が共存したが、やがて邪馬台国に合体した。これは東海地方にあった前方後方墳が4世紀初頭から後半にかけて姿を消して前方後円墳が全盛となることでも理解できる。


2、二十数年来邪馬台国は大和でなければ考えられないと思ってきた。纏向の建物が卑弥呼の建物である。
① 纏向では学術調査の結果が早く出た。
②建物群(奥にある東からD,C,B,A)としては建物B,Cの辺りが立てこんでいるので正面は建物Dの奥側(東)である可能性が大きいので今後の調査を待つ。
③ 邪馬台国から大和の政権への歴史を語る初期の倭王5基の古墳(纏向を中心とした箸墓古墳→西殿塚古墳→桜井茶臼山古墳→メスリ山古墳→行燈山古墳(現・崇神天皇陵)→渋谷向山古墳(現・景行天皇陵))とその周りの古墳の解明が必要。
④国家形成を考えるには飛鳥に匹敵する国レベルの調査・保存が必要で、今回の調査が契機になる。

この後、坂井先生の司会でシンポジュウムが実施されてから閉会となった。
by yumeoijyuku | 2010-03-22 21:15

奈良大卒論合格

 今日、郵便で合格通知が来ました。思っていたより点数が高く去年の独楽さんと同じでした、アノ独楽さんと同じ点数なので大満足です。多分資料をワンサと付けたおかげと思います。近くにお住まいのM氏も卒論を提出していたので、祝杯の日取りを打ち合わせしました。

 ところが卒業までに必要な単位が12科目26単位足りません、トホホ・・。とりあえずは10年度卒業を目指してレポートに精を出すことにしています。

 乞う、皆さんからの心優しい激励を!! 
by yumeoijyuku | 2010-02-09 13:48 | お勉強

日本史特殊講義

日本史特殊講義:牧 伸行先生
22日からのスクーリングが終わった。内容は仏教史、主に奈良時代から平安時代にかけての国家仏教について。・・・殆ど全部省略して、古代律令国家が建立・維持した「国立寺院」は次の十寺院。この内現存しない西隆寺跡が近鉄「西大寺駅」の北に有るというので探しに行った。
1、飛鳥寺(法興寺→元興寺)
2、百済大寺(高市大寺→大官大寺→大安寺)
3、川原大寺(弘福寺)
4、薬師寺
5、興福寺
6、東大寺(僧寺)
7、法華寺(尼寺)
8、新薬師寺
9、西大寺(僧寺)
10、西隆寺(尼寺)

西隆寺跡は「西大寺駅」北の「奈良ファミリー」の中にあった。
まず西隆寺東門跡は奈良ファミリー内の1F「ジャスコ」エスカレーター前の化粧品「はるみちや」前の柱に案内板がある。
e0080110_21574619.jpg


そして、説明板を見ている自分の後の婦人服売り場の床に「柱跡」がマークされている。
e0080110_21594559.jpg


また、「回廊跡」の礎石の一部がビルの北西「西出入口」横に復元されている。
奈良ファミリー西の入り口を北へ行くと(右の写真のビルの一番左奥)、写真左の「西出入り口」がある。上は駐車場になっている
e0080110_2205196.jpg


説明板と復元された回廊跡の礎石
e0080110_22193288.jpg

by yumeoijyuku | 2008-08-24 22:21 | お勉強

関西大学博物館

関西大学博物館を訪問した

ここは常設館、縄文時代から歴史時代まで整理して展示されている。写真撮影自由、他に客に迷惑にならないようにすればストロボもOK、と言っても他の客はめったにいない。ゆっくり見られるのでかえって疲れる。
 貴重な資料がゆっくり見られる。都会から近いし、見学お勧め!!

館内
e0080110_20271365.jpg


石枕(重文)伝景行天皇陵出土。こんなものが平気で飾られている。
e0080110_20282017.jpg


石枕その2:出土地不明
e0080110_2030147.jpg


子持ち勾玉:出土地不明
e0080110_20304748.jpg


左:前漢鏡、出土地不明。右:景初三年銘画文帯神獣鏡(複製)、和泉黄金塚出土
e0080110_20312116.jpg


左:左は伝熊谷市出土、右は出土地不明。中:伝茨城県東海村出土。
右:左は鶏形埴輪、愛媛県大洲市出土。右手前は鷹形埴輪
e0080110_20315435.jpg


右上段人物埴輪胴部:右端は群馬県伊勢崎市出土、中は埼玉県熊谷市出土、左は群馬県太田市出土、その左端と下段中央は円筒埴輪
e0080110_20324137.jpg


家形埴輪(部分)大阪府誉田八幡宮出土
e0080110_20411517.jpg


車輪石奈良県櫛山古墳出土、故末永先生採集とある
e0080110_20343026.jpg


琴柱形石製品
e0080110_20361311.jpg


勾玉:隠岐島出土
e0080110_20364143.jpg


博物館入口の左には「高松塚古墳壁画」再現展示室がある
e0080110_20371237.jpg


最初は美しい壁画が有った。我々にはこの陶板でよいから何時までも綺麗なな絵を見せてほしい。
北壁の玄武(南は入口になっている。盗掘孔がある壁は外された形で置かれている。)
e0080110_20374796.jpg



東壁上部
e0080110_14123097.jpg


西壁全景
e0080110_9325394.jpg

by yumeoijyuku | 2008-07-03 20:47 | 古墳