古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

「05Mの会」中部大会 参加報告 その3

「05Mの会」中部大会(’14.5.15~16)参加報告 その3

⑩一路名古屋城へ、名古屋高速小牧線を行く
e0080110_22491896.jpg

左:県営名古屋空港。中:途中の標識。右:名古屋市街。

⑪名古屋城。途中、尾張徳川家のお宝を展示している徳川美術館(国宝9件、重文59件など展示)内の「宝善亭」で昼食、見学の後、名古屋城へ向かう15分ほどで到着。 
e0080110_22501633.jpg

左:天守閣。中:同左、記念写真撮影スポットから。右:案内図。

⑫天守閣からの眺望
e0080110_22504670.jpg


⑬天守閣
e0080110_22531064.jpg

左:天守閣。右:天守閣断面図。

⑭金の鯱
e0080110_22535185.jpg

左:天守閣の金の鯱、中:展示ケースの中・左は千両箱、右は3千両箱(一両は約16.5gとある)。右:金の鯱に使用された金は慶長小判17、975両とある。
 今の金の相場をグラム約4,400円慶長小判の純度85%でみると約111万円になる。対ではこの倍になる。


⑮城郭の主要部分を占める本丸御殿の復元工事が行われている。
e0080110_22543438.jpg

左:加工中の資材。中:本丸御殿復元工事図。右:今回工事部分を明示してある。

e0080110_22552654.jpg

左:工事中の屋根。中・右:完成部分。

 この後バスで名古屋駅への移動中に今後の予定の打ち合わせと幹事さんからの挨拶があって、次回は来年「四国」で開催することになりました。四国の会員に関西地区のメンバーが協力することとなりました。

 中部大会は名古屋駅で解散。中部大会幹事さんありがとうございました。
 「05Mの会」の皆さんお元気で、来年四国で会いましょう。

⑰名古屋駅と駅ビルからの眺望
e0080110_2343831.jpg

左:名古屋駅ホーム。中:西方面の夕景。右:中の写真の右部分の拡大

朱雀より・・訪問先は初めてのところばかりでした。コメント内容に間違いや不備の点があると思いますが、ご容赦ください。

<写真はクリックすると拡大します>
# by yumeoijyuku | 2014-06-11 17:48 | お勉強

「05Mの会」中部大会 参加報告 その2

「05Mの会」中部大会(’14.5.15~16)その2

① 長良川橋すぐ下流の旅館「十八楼」からの眺め
e0080110_2230021.jpg


②岐阜城とお別れ
e0080110_22305869.jpg

左:長良橋通りを南へ。右:岐阜城がお見送りしてくれている。

③小牧城へ向かう。
e0080110_22312856.jpg

左:先ずは名古屋方面へ。中:途中の風景。右:小牧市役所。

④小牧城大手口から小牧城へと昇る。
 小牧山城は信長が斎藤氏攻略のため築いた城で、永禄10年美濃攻略後信長は岐阜城に移ったため廃城となった。1584年(天正12年)、豊臣秀吉と徳川家康が戦った小牧・長久手の戦いでは、家康がいち早く小牧山に目を付けて本陣を置いた、とされていて、この時には天守閣はなかったと思われる。現在の天守閣の建物は1967年に民間人が作って寄付されたもので、「小牧市歴史館」になっている。
e0080110_22324617.jpg

左:大手口から昇る。中:平成18年の調査で堀、土塁、土橋が調査されている。右:説明版。

⑤主郭地区の巨石石垣。平成16~21年に発掘調査された石垣の延長部分の発掘調査が行われていた。
e0080110_22333867.jpg

左:現在の調査現場。中:左の写真の右手この上が城郭。右:以前の調査の説明版。

⑥発掘担当者は奈良大の千田先生にはお世話になっているということで、熱心に説明していただいた。
e0080110_22342514.jpg

左:発掘担当者からの説明。中:上の写真⑤中とほぼ同じところ。右:発掘された石。

⑦本丸下の斜面にあった上下2段の石垣跡。
e0080110_2235522.jpg

左:石垣の石。中:城郭への道。右:説明版。

⑧天守閣跡の資料館からの眺め
e0080110_22354254.jpg

左、中:小牧市内。右:天守閣跡の説明。

⑨小牧山の麓にある説明版
e0080110_2236923.jpg

左、中、右:説明版

<写真はクリックすると拡大します>
# by yumeoijyuku | 2014-06-10 23:47 | お勉強

「05Mの会」中部大会 参加報告 その1

「05Mの会」中部大会(’14.5.15~16) 参加報告・その1

 奈良大学通信教育部開設最初の入学生で「05M***」の学生番号を持つ者の集まり「05Mの会」は通信教育生の特徴として北は北海道苫小牧市、南は福岡県対馬市を含む60人を超える会員の内毎年30人前後の会員が集まって親睦の場を設けている。今年は中部地方在住の方々が幹事となってお世話していただいた。

① 初日の5月15日にはJR岐阜駅前に12時集合、出席者31名。
e0080110_21121483.jpg

駅前にあるの金ピカの信長像前に集合。宿泊予定の旅館「十八楼」へ出発。

②JR岐阜駅
e0080110_21124973.jpg

左:駅ビル、中:駅中の「駅市場」、集合前に腹拵えをした。右:この2階に改札がある。

③旅館に荷物を置いて、近くの岐阜城へ出かけた。
e0080110_21164442.jpg

左・右:麓から岐阜城を望む。城は昭和31年に再建されたもので3層4階、鉄筋コンクリート製

④信長居館跡
宣教師ルイス・フロイスが「壮麗なもの」として紹介したものとされている。
e0080110_21174175.jpg

左:冠木門跡は発掘されていないが、想定したもの。中:発掘された石組み。右:説明板。

⑤ロープウェイ山上駅のすぐ東で、信長公居館跡の一部がH25年に発掘された。④とは別の場所
e0080110_21185520.jpg

左:発掘箇所、右手奥の電柱の向こうに庭の一部である岩盤が見える。中:発掘結果の説明版1。右:同左2。

⑥ロープウエイ・・・往復980円
e0080110_21193487.jpg

左、中、右:長良川方面

⑦天守閣(昭和31年再建、鉄筋コンクリート製)
e0080110_21202922.jpg


⑧ロープウェイ山下駅
e0080110_21131658.jpg

左:山下駅。中:道三信長時代の岐阜城。右:旅館前から案内していただいた東山さん。

⑨鵜飼舟で夕食
e0080110_21312351.jpg

左:若い姉さんたちが踊りで歓迎。中、右:鵜飼の実演。

<写真はクリックすると拡大します>
# by yumeoijyuku | 2014-06-09 22:42 | お勉強