古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

古代のロマン・古墳をめぐる・・その2ー46 

23年度最終月で全員参加のもと、朝から天気がおかしくて小雨が降ったが、その後回復してマズマズの古墳めぐりとなった。

e0080110_22352219.jpg

集合、出発はJR奈良線「棚倉駅」。左:棚倉駅、無人駅だが地域の方が駅の世話をしてくれている。中:まず駅前の「湧出宮」で参拝、常時は無人、称徳天皇の御代に御祭神をお招きしたとき一夜にして森が湧き出したという。右:駅西北にある「アスピア山城」の図書館に椿井大塚山古墳出土の銅鏡のレプリカが展示されている。
 三角縁神獣鏡については発掘調査を担当した京都大学の小林行雄講師(当時)が早くも1955年に「古墳発生の歴史的意義」を発表している。趣旨はそれまでに各地で出土している三角縁神獣鏡の同范鏡との関係から『弥生時代から古墳時代へ変転するなかに、権威の革新があった。それは(画文帯神獣鏡のような)伝世の宝鏡の保管によって象徴される「在来の司祭的権威」から「大和政権から承認を受けることによって、その地位と権力を保証されるものに変化した。その証が地方首長に分与した三角縁神獣鏡である。」』というものである。
「アスピア山城」の前の府道を南へしばらく歩いて鳴子川の手前でJR線を左(東)へ亘る。すぐ東の階段を上るとお稲荷さんの社に至る。ここの境内が「北河原稲荷山古墳」の上になる。「直径約33mの円墳で葺石、鰭付円筒埴輪が存在した。古墳時代前期後葉のもの。この先にある城山古墳の次世代の首長墓とされている。規模が小さくなっており、勢力が衰退していることがわかる。注1(平成23年4月の奈良県立橿原考古学研究所友史会報による、以下同)」。

平尾城山古墳は「南西に主軸を持つ前方後円墳で全長110m、後円部径70m、高さ11.5m、前方部幅約38m。後円部に竪穴式石室1基と粘土槨2基があった。石室はほぼ南西に主軸をとり、北向きの頭位とされている。竪穴式石室に割竹形木棺があったと推測されている。注1」。墳丘特に後円部は大きく破壊されていて形態は判然としない。。4世紀初頭。
e0080110_22372464.jpg

左:北河原稲荷山古墳。右:平尾城山古墳。

元の府道に戻って南へ行き右手に「中井建設」の小さな建物がある先のところを左へ水路を渡って入ってゆくとすぐ左前方に大塚山古墳の標識がみえる。ここのT字路の角が前方部端にあたる。ここを左に行き、JR奈良線を潜った所の右が後円部墳丘なのでこれを昇る。
e0080110_2238968.jpg

左:左手奥に後円部。中:正面の標識が前方部西北端。右:この先のJRをくぐってすぐ右手の後円部を上る。

椿井大塚山古墳は「全長約175m、後円部直径約110m、前方部長約80m、前方部墳端幅約76mと推定される前方後円墳である。後円部四段前方部二段の段築で、前方部から庄内~布留移行期(三世紀中~四世紀初)の土器が出土した。明治27年に前方部と後円部を分断して鉄道が敷かれて墳丘が破壊された。昭和28年には京都大学が発掘調査を行った。後円部中央にある南北軸の竪穴式石室は全長6.9m、高さ約3m、幅1.15m~1.03mを図り、内部には割竹形木棺が北向き頭位で安置されたと推定された。これまでに37面の青銅鏡が採取されて、古代国家形成論上不可欠の資料として評価されてきた。他に鉄製の刀・剣、槍・鏃の武器冑・甲の武具類、鎌・斧などの農耕具類、漁具類等が出土している。注1」。
e0080110_22391931.jpg

墳頂から西方を望む。右手から左手へJR奈良線が走る。左が奈良方面。中央の大きい家が前方部に建っている。

e0080110_018528.jpg

左:墳頂の説明板。右:同左拡大。・・・落書きされているので前回調査時点のものを使用。

大塚山古墳の奈良側には同様に線路によって分断された椿井天井山古墳、椿井御霊山古墳がある。

e0080110_2240737.jpg

近くの光明寺に天井山古墳の竪穴式石室の天井石が有る。左:光明寺山門。右:天井石。

e0080110_22404956.jpg

左:山城中学校に残る大塚山古墳の堅穴式石室に使われていたという天井石。中:山城古道の標識。右:マンホール。

JR上狛駅を南に行き、墓地のところを左(東)に行くと高麗寺跡がある。「南面する法起寺式伽藍配置をとる。寺域は東西約190m、南北約180mと推定される、中枢部は史跡である。注1」。7世紀初頭(飛鳥時代)に創建された国内最古の寺院跡のひとつで、高句麗からの渡来氏族狛(高麗)氏の氏寺として創建されたと考えられている。
e0080110_22413511.jpg

左:高麗寺跡の標識、整備工事が行われていた。中:塔礎石。右:京都府山城郷土資料館へ。

e0080110_22423820.jpg

左:資料館入口。中:上狛駅で解散。右:駅前の標識。
by yumeoijyuku | 2012-03-15 22:46 | 古墳めぐり案内

05Mの会横浜大会・寸景 2012.3.8  

奈良大学通信教育部同期入学の会「05Mの会」の総会が横浜であった。当日集合前と会の行事で市内見物したときのもの。総会の内容等は「05Mの会」で検索してホームページ他を参照されたい。

e0080110_1861131.jpg

神奈川県立歴史博物館(旧・正金銀行)。左:正面入り口。中:ドーム、夜景。右:ドーム。

e0080110_1881882.png

左:開口記念会館(ジャック)。中:神奈川県庁(キング)、建物の左の矢印に小さく開港記念会館の塔、右の矢印に横浜税関の塔が見える。右:横浜税関(クイーン)

e0080110_2191971.jpg

左:神奈川県庁(北東の「県庁前」交差点より)。右:県庁前道路の西歩道に設置されている建物方向表示板、この地点から三館を見ることができる。左方向・開口記念会館(ジャック、前方・神奈川県庁(キング)、右方向・横浜税関(クイーン)。

e0080110_21102974.jpg

マンホール。左:海上保安庁。中:PORT OF YOKOHAMA。右:横浜市。

e0080110_212315.jpg

大桟橋1.ぱしふぃっくびーなす丸。左:船尾。右:船首。

e0080110_21162590.jpg

大桟橋2.左:ぱしふぃっくびーなす丸(奥)とコロンバス丸(手前)。右:コロンバス丸

e0080110_21234757.jpg

大桟橋3.ふじ丸、遠景は湾岸線「横浜ベイブリッジ」

今大会を実行していただいた幹事の方々にお礼申し上げます。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-03-11 18:01 | その他

甘樫丘東麓遺跡現地見学会見学報告 2012.3.4

 昼前から小雨の降る中、熱心なファンが見学した。この甘樫丘東麓の駐車場に隣接する比較的平坦な区画の調査が続けられている。前回2010年3月に見学会があった調査ではこの平坦地に接する北東の斜面も調査されたが、今回の調査は前回調査の南東に当たりる区画を調査している。

 以下は「甘樫丘東麓遺跡-飛鳥藤原第171次調査現地見学会資料2012.3.4、奈良文化財研究所」および同研究所清野氏の現地説明による。

 今回の調査では飛鳥時代の中でも7世紀中頃の蘇我氏と関係の有りそうな時期の地層は削り取られていて遺構もその下部だけが残っている状態で、性格もまだ解明されていない。7世紀中頃には西南部が一気に埋め立てられている。

e0080110_23224928.jpg

調査地全景。左:南西より、右手が発掘現場。左手に掘削土置き場、その右手向こうのテントで出土品展示。右:西の斜面上部より。

e0080110_2316599.jpg

出土した土器。

e0080110_23173545.jpg

左:東麓の谷全体の調査地、今回は谷の東端になる。右:調査地を東から見た写真、向こうに見えるのは畝傍山。

e0080110_23284085.jpg

今回の調査区画。太い赤線は傾斜地を削りとって平坦面を創っている上端の線。図の上方が上段。図の右上部分は近世の耕作跡。調査地のすぐ東に飛鳥川とそれに沿った道路が通る。

e0080110_2319337.jpg

左:北から見た南西角、手前に硬化面があった、硬化面は人工的な火によって土の表面が釘も通らないほど硬化している。中:左写真の右手、南西角。右:中の北側、西より。

e0080110_2320736.jpg

左:右写真の東となり、被熱面は黄色い土の上部が熱で赤くなっている、熱は千度以下と思われる。方形遺構2は一片80㎝くらいのもので石をまばらに敷いている。右:上の写真と同じ南西角、建物1(紫のテープ)の柱跡があった。炭たまりには壁や土器の他に焼けたものがあって何が焼けたのか調査中。

e0080110_23205287.jpg

左:上の写真左の南西手前。右:左の写真の北側、手前の区画に赤く変色した被熱面、硬化面1、方形遺構2、向こうの区画に硬化面2が見える。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-03-05 01:40 | 現地説明会、講演会

奈良県立橿原考古学研究所友史会例会2012.2.19参加報告 

雪の残る日の琵琶湖々南・野洲の古墳を案内していただいた。今日は奈良県立橿原考古学研究所西藤清秀館長の案内ということで、寒い中推定約160人が野洲駅に集合した。

e0080110_22542814.jpg

左:JR野洲駅。中:古冨波山古墳。右:同、説明板。
明治29年に偶然地元民によって墳丘上から3面の三角縁神獣鏡が発見されている。同范鏡が京都府椿井大塚古墳、奈良県黒塚古墳他からも出土している。

e0080110_22555492.jpg

左・中:冨波古墳。右:西藤館長。
1982年に発見された全長42mの前方後方墳。周濠東隅部からは東海の特徴を示す丹塗りの壺が出土しており、墳形と合わせて東海の特徴を持つ古墳である。

e0080110_22563698.jpg

同上冨波古墳。左・中:説明板。右:野洲市のマンホール。

e0080110_22575981.jpg

亀塚古墳。左・中:墳丘。右:説明板。
全長45m以上の前方後円墳か帆立貝形古墳と考えられている。後円部径33m、高さ約5m。前方部は削平されていた。

e0080110_22584181.jpg

大塚山古墳。左:墳丘。中:同左、新幹線が走る。右:説明板。
帆立貝形で、円丘部直径57m、高さ7.3m、二重の周濠が巡り墳丘には葺石や埴輪が認められた。象形埴輪の他多くの副葬品が出土しており、鉄地金銅製縦矧細板鋲留式眉庇付冑、短甲用の金具があり5世紀中庸から後葉の首長墓として相応しい副葬品と言える。

e0080110_22591847.jpg

銅鐸出土地。左:標識。中:説明板。右:野洲市歴史民俗博物館にある銅鐸。
大岩山遺跡では1881年(明治14年)に14点、1959年(昭和34年)に10点の銅鐸が出土している。出土箇所は土取りによって消滅した。明治の14点のうち東京国立博物館に2点あるほか、11点はドイツ、アメリカなどでの所蔵が確認されている。

e0080110_22595710.jpg

野洲市歴史民俗博物館入口では雨落ちの鎖がツララになっていた。

e0080110_2304299.jpg

博物館構内にある宮山二号墳。左:墳丘。中:石室内、珍しい花崗岩製の組立式石棺の胴部が残っていた。右:説明板・・・銅鐸発見と同じ土取り中に発見されたもので、石室の天井や奥壁の一部がなくなっていたものを復元している。

その他付近の主要古墳を案内していただいたが、カメラの調子が悪く撮影できなかったので省略。
by yumeoijyuku | 2012-03-03 23:04 | 現地説明会、講演会