古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

古代のロマン・古墳をめぐる・・その2-43

朝日カルチャーセンター 現地講座 H23.12.15

八尾市の古墳①

 八尾市の東部、高安山のふもと一帯に高安古墳群が広がっているが今日はその北側に広がる楽音寺(がくおんじ)・大竹古墳群をめぐる。

 近鉄信貴線服部川駅から北へ30分ほどで心合寺山(しおんじやま)古墳につく。八尾市教育委員会発行の「国指定史蹟心合寺山古墳2005」によると古墳は南に開く前方後円墳で全長160m、後円部径約92m、高さ約13m、前方部幅約90m、高さ約12mで古墳時代中期(5世紀前半)築造とされている。同じような規模をもつ中期の古墳には藤井寺市の仲津姫陵の南西にある古室山古墳(周濠無し)、前期では京都府の椿井大塚山古墳があって全国で60番ほどの大きさになる。

この古墳は1993年本格的な発掘調査を開始している。
 1997年8月:墳丘長さ160m以上で大王陵に次ぐ規模の墓と分かった。23個の円筒埴輪列が出土。
 1998年9月:前方部で底面が縦7m、横6mの台形状の方形壇を検出した、方形壇が前方部で確認されたのは全国初。遺構に接して約30mにわたる円筒埴輪列がほぼ完全な形で出土。

 2005年5月:八尾市は「心合寺山古墳」の整備事業を完成し、古墳時代中期(5世紀初頭)の前方後円墳の外観を復元した。「しおんじやま古墳学習館」も新たに新設した。
 まず学習館で勉強してから古墳を見学する。
e0080110_22222025.jpg

中央に心合寺山古墳、遠景は生駒山地(主峰の生駒山や信貴山を経て大和川に至る山系)高安山付近。

e0080110_20542359.jpg

左:*心合寺山古墳資料館の館長さんに案内していただいた。中:*後円部下段の埴輪列。右:*前方部の埴輪列、後円部より、前方先端に方形壇。

e0080110_22514092.jpg

心合寺山古墳。左手ー後円部、右手ー前方部。

 1999年8月:「三つ木棺 並ぶ埋葬施設跡」を発掘。後円部の頂上で木棺の周囲を粘土で固めた粘土槨が3か所見つかった。南北11m、東西8mの範囲に南北方向に50㎝の間隔で整然と並んでいた。

e0080110_21582282.jpg

*後円部墳頂。発掘された3つの粘土槨の位置が明示されている、それぞれに木棺が埋葬されていた。

e0080110_22325234.jpg

前方部で検出された底面7m×6mの台形状の方形壇。方形壇が前方部で確認されたのは全国初。

e0080110_22402630.jpg

左:後円部墳丘。右:周濠、南東部から後円部を見る。

 高安山山麓の古墳めぐりには「しおんじやま&高安古墳群散策マップ」がわかり易いので「古墳学習館」で手に入れて散策してほしい。
 心合寺山古墳の北東、大阪経済法科大学構内に高句麗の第19代「好太王碑」のレプリカがあるので見ていこう。414年に息子の長寿王が好太王(=公開土王:在位391~412年)の功績を称えて建立したものである。約1800字からなる碑文は純粋漢文で記されており、4世紀末から5世紀初の朝鮮半島の歴史だけではなく倭が登場することから古代日朝関係史を知る上での貴重な史料となっている。
e0080110_22343656.jpg

高句麗好太王碑レプリカ

 愛宕塚古墳は心合寺山古墳の東南東に位置して、神立(こうだち)の墓地の西になる。愛宕塚古墳について「八尾市文化財情報」によると「古墳時代後期(6世紀後半)に造られた円墳で、墳丘の大きさは直径約22.5m、高さは約9m。埋葬施設は、石材を積み上げた両袖式(左袖が極端に短いので片袖式とも見える)の横穴式石室で全長15.7m、玄室長7m、玄室幅3.1m、羨道長8.7m、羨道幅2.1m。石室内部の広さは畳約11畳分もの大きさがあり、奈良県の明日香村にある石舞台古墳石室(全長19.15m、玄室長7.7m、幅3.5m、羨道長11.6m、幅2.2m)に匹敵する。大阪府下では最大級の横穴式石室で、有力な人物のお墓であったと考えられる。昭和41(1966)・42年の発掘調査では、凝灰岩(二上山の白色凝灰岩)と竜山石製の2種類の石材の組合式の家形石棺の破片や、ねじり環頭大刀、龍の模様が施された飾り金具をもつ大刀、鉄地金銅張りの馬具、ガラス玉の首飾り、須恵器など古墳の規模にふさわしい出土品が見つかっている。」

1996年3月の毎日新聞には愛宕塚古墳を物部氏の墓とする記事がある。「愛宕山古墳は飛鳥の石舞台古墳に匹敵する巨大な石室をもつ。安井良三さん(八尾市立歴史民俗資料館長)は『朝鮮半島の百済に渡り、新羅を攻めた物部氏の一族』と結論した。信貴・生駒山地の西側が物部氏の拠点であること、朝鮮系の舶来の馬具一式を持つことに着目したもので、朝鮮派遣の軍事氏族・物部氏なら、舶来品を入手しやすいと考えられる。」
物部氏は河内国の氏族で元々は兵器の製造・管理を主に管掌していたが、しだいに大伴氏と並ぶ有力軍事氏族へと成長し、雄略朝には最高執政官を輩出するようになっていた。物部守屋の時587年、用明天皇崩御後の次期天皇選定に際して蘇我馬子らの連合軍に破れて、守屋は河内国渋川郡(現・東大阪市衣摺)の本拠地で戦死している。次期天皇には蘇我氏の推薦する崇峻天皇が即位し、以降物部氏は没落する。そして蘇我氏は権勢をふるい、592年10月崇峻天皇を暗殺してしまう。

e0080110_22351438.jpg

愛宕塚古墳①。左:開口部。右:解説碑。

e0080110_22354586.jpg

愛宕塚古墳②。左:石室奥壁。右:床、石が敷きつめられている。

e0080110_22363553.jpg

愛宕塚古墳③。玄室から。左:玄門部見上げ石。右:羨道。

e0080110_2237823.jpg

愛宕塚古墳④。羨門部から、羨道部左右。

e0080110_2237342.jpg

愛宕塚古墳⑤。左:西方大阪市方面遠景。右:同左、中央右手に梅田のハービスOOSAKA。


<写真はクリックすると拡大します>、お断り:朱雀のカメラが入院中のため、掲載の写真は*印以外のものは事前調査時点のものを使用しました。
by yumeoijyuku | 2011-12-24 23:03 | 古墳めぐり案内

橿原市磐余池現地見学会 見学報告

橿原市磐余池現地見学会 2011.12.17 

 古代磐余の範囲をみると東は桜井市の茶臼山古墳、メスリ山古墳、阿倍文殊院から、西・南は香具山の北あたり、北は近鉄大阪線の南を通る横大路までの範囲が推定されている。『日本書紀』に履中天皇2年(401年)のときに「磐余池をつくる」とあって、翌年にはこの池に「舟を浮かべて」遊宴したとある。一方用明天皇は在位足掛け3年で崩御し用明2年(587年)に宮のすぐ近くの「磐余池上陵」(桜井市池之内にある稚桜神社付近に候補地がある)に葬られ、のち推古元年(593年)に「河内磯長陵」に改葬されている。・・「日本の古代遺跡」5 奈良中部、㈱保育社、1983より抜粋。

 以下主に橿原市教育委員会・2011・12.17現地見学会資料「大藤原京左京五条八坊の調査」による。
 堤は池の北端に「ヘ」の字状に湾曲した高まり(長さ約220m、幅約20m~45m、南側の水面からの高さ約1.5m~2.5m)があって今回はその「高まり」上を発掘したもの。この高まりが南西から北東に延びる数条の谷筋をふさぐ形状であることから「磐余池」の堤に推定されている。
 今回の調査のまとめ。
①「高まり」が人工的に築かれた堤であることが確認された。
②池の上で見つかった大壁建物は渡来系集団と池の築造との関係を示すものとして注目される。
③堤の上で見つかった6世紀後半~7世紀前半の建物は池と同時期に存在していたことから、池に関連する施設であった可能性が高い。
④堤の上から見る池は景観的にも優れており、遊宴用としての役割が推定される。また盆地南部に水を供給し易い高所に立地してお入り、灌漑用の池として理にかなっている。

e0080110_23315429.jpg

左:説明会会場、前方の山の麓からこの近くまで磐余池があった。中:会場のすぐ南西の田んぼ、この左手向こうへカーブを描いて延びる畔が池の端で、右手から奥が池であったとされている。この写真の手前の畔が右の写真の家の手前の畔に続いている。その西は歌碑のあるところにつながる。

前掲左写真の道路沿いに向こう(南へ)100m行った先の左手で桜井市が平成12年度に調査したとき、池の堆積土が発掘されて6世紀後半~7世紀初頭のものとされた。この時期には池が機能していたとされている。

e0080110_23331045.jpg

堤造成土。左:調査地南端、ここのすぐ右手が前掲写真の「中」になる。中:左の北側(造成土1)。右:中の部分を逆に南から見る。

 造成土1は砂質土や粘土(厚さ1.4m)を積み重ねている、6世紀後半以前のもの。

e0080110_2334087.jpg

東部で発掘された掘立柱建物1を白杭で示している。右:現地すぐ西の道路で向こうは南、この道路の拡幅工事に関連して遺跡調査が行われた。

掘立柱建物1の建物は南北7間以上、東西2間の南北建物は6世紀後半ころのもの。


e0080110_148331.jpg

左:大津皇子の歌碑「ももつたふ磐余の池に鳴く鴨を今日のみ見てや雲隠りなむ」万葉集 巻ー416、この前方が磐余池跡とされている。向こうの小山あたりが池の南辺になる。中:御厨子観音寺入口、このすぐ左手に歌碑がある。右:桜井市の吉備池にある大津皇子の歌碑(於、2000,3,11吉備池廃寺発掘現地説明会)。

12月16日の毎日新聞は記事の中で。堤上の大型建物跡について、奈良大学教授上野誠先生は「宮の付属施設と考えていいのではないか。池を他t物から眺め、宴席も行われただろう。当時の人々にとっては思い出のいっぱい詰まった場所だった」と想像する。と報じている。

 桜井市は堤からほぼ北へ600mほどにある「吉備池」あたりを磐余池として歌碑を置いたが(大伯皇女の歌碑もある)、磐余池はここ橿原市にあったように思われる。吉備池は官営の吉備寺が有ったことが確定しているので歴史的遺跡であることは間違いない。
by yumeoijyuku | 2011-12-20 23:38 | 現地説明会、講演会

友史会 2011海外遺跡の旅 参加報告 12/12

11月28日、帰国

e0080110_1605970.jpg

左:早朝に起床して現地時刻7時前にホテル出発。、霞にかすむ上海から浦東空港へ。中・右:出発準備。

e0080110_16135100.jpg

左:出発。中:滑走。右:上海上空。

e0080110_1634631.jpg

左:途中はほとんど雲の上。中:関空接近。右:着陸。

e0080110_162417.jpg

左・中:関空到着。右:解散、帰宅。

みなさんお疲れ様でした


 この「海外遺跡の旅 藤原京・平城京の源流を求めて」は橿原考古学研究所 友史会主催のもと前園實知雄先生による資料作成・現地同行解説、㈱国際交流サービスの旅行・見学手配ならびに現地における補助説明によって実施されました。関係者の方々に感謝いたします。

<写真はクリックすると拡大します>

 同行された方がホームページで詳しく報告されています。
→ http://www.bell.jp/pancho/travel/china-3/preface.htm
by yumeoijyuku | 2011-12-11 15:28 | 現地説明会、講演会

友史会 2011海外遺跡の旅 参加報告11/12 

11月27日上海その2、上海博物館

e0080110_15495135.jpg

景徳鎮窯青釉雲竜紋壺(15世紀中期)

e0080110_15502097.jpg

景徳鎮窯雲竜紋壺(清雍正期、1723~1735年)

e0080110_15505190.jpg

左:展示館入口。中:案内。右:夏代晩期の十字紋方鉞(夏は殷の前の中国最古の王朝とされている=二里頭文化、前1900~前1600年頃)。

e0080110_15511371.jpg

前11世紀前半頃の鼎(=てい、本来古代中国で使われた煮炊き用の器):夏代から王位または王位の象徴として使われたという。

e0080110_15513044.jpg

西周(前9世紀中頃)のベル。銅鐸の起源のようにも思われる。

e0080110_15515863.jpg

左:剣。中:剣の柄尻。右:柄尻の加工再現。

e0080110_15523226.jpg

菱形紋剣春秋晩期(前6世紀前半頃~前476年)

e0080110_15531458.jpg

エントランス

e0080110_15534067.jpg

左・中:左に円形の上海博物館の建物。右:博物館前のビル街。

e0080110_15535939.jpg

左・中:上海万博記念棟。右:中国最後の夜ハワードジョンソンホテルでの夕食。


この「海外遺跡の旅 藤原京・平城京の源流を求めて」は橿原考古学研究所 友史会主催のもと前園實知雄先生による資料作成・現地同行解説、㈱国際交流サービスの旅行・見学手配ならびに現地における補助説明によって実施されました。関係者の方々に感謝いたします。
by yumeoijyuku | 2011-12-11 00:11 | 現地説明会、講演会

友史会 2011海外遺跡の旅 参加報告10/12

11月27日、西安→上海→上海博物館

e0080110_15314043.jpg

左:西安咸陽空港へ。中:空港到着。右:手続き待ち。

e0080110_15322213.jpg

左:搭乗手続き中:。中:大明宮は去年の10月1日に開園している。右:搭乗口へ。

e0080110_15323836.jpg

左:空港風景。中:駐機場所までバスで移動。右:同形のバス。
バス乗車中にアクシデント発生!!カメラを落として壊してしまった・・・。でも安心、友達から借りてきた予備のカメラがある。しかし、カメラは託送しているので上海到着まで使用できなかった。(現在携行品事故の保険請求中。)

e0080110_15332833.jpg

左:託送バッグを受け取って撮影再開。上海空港近くの街並み。中:鉄道駅.右:リニアカーの線路、運行中の車両は撮影失敗。

e0080110_15335156.jpg

上海寸景

e0080110_1535554.jpg

上海博物館。中:解説・・商(殷)、周における(およそ前16世紀~前3世紀)の出現期から、漢・魏、南北朝に至る焼き物。右:西周の焼物。

次の写真からは五代以降。

e0080110_15361158.jpg

白釉蓮華紋刻壺、「官」印あり、五代時代(907~960年)

e0080110_15365137.jpg

景徳鎮窯春壽銘青釉雲竜紋、明洪武期(1368~1398年)。
テレビの「お宝鑑定団」の通り、皇帝のものは竜の爪が5本描かれている。

e0080110_15373891.jpg

景徳鎮窯青磁絡み花紋水指、明宣徳期(1426~1435年)

e0080110_1538251.jpg

景徳鎮青緑色釉皿青釉蓮と魚絵、明成化期(1465~1487年)

この「海外遺跡の旅 藤原京・平城京の源流を求めて」は橿原考古学研究所 友史会主催のもと前園實知雄先生による資料作成・現地同行解説、㈱国際交流サービスの旅行・見学手配ならびに現地における補助説明によって実施されました。関係者の方々に感謝いたします。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2011-12-09 22:48 | 現地説明会、講演会

友史会 2011海外遺跡の旅 参加報告9/12

11月26日その2、秦始皇帝兵馬俑・陵→唐橋陵→唐恵陵

e0080110_15111167.jpg

2号坑の武人達1、歩兵。右:靴裏の滑り止めまであらわしている。

e0080110_1512358.jpg

同上2、中級軍使。

e0080110_1512739.jpg

同上3、高級軍使(将軍俑)。

e0080110_15125248.jpg

左・中:保存作業。右:場内旅客サービス棟で昼食、連日昼・夜は同じような料理が出された。ホテルの朝食は毎日同じ中華・洋食バイキング。
 兵馬俑は皇帝陵を守るために「東西南北四方にあって陵を守っている」と考えられていたが、今では御陵の東だけに有って、東からの敵から守るために造られたとされている。

e0080110_15174776.jpg

左:始皇帝陵入口、兵馬俑からは約1km離れている。中:世界遺産の標識。右:始皇帝陵
 墓道は東西南北を一片とする方形の東西南北各辺の中央部に取り付いているが、東墓道が大きく東門が正門とされている。地下には水銀の川が流れていると古くから伝わっている。実際の調査でも水銀の反応が強いという。

e0080110_15135595.jpg

唐朝第5代(684~690)・8代(710~712)皇帝睿宗・李旦の橋陵。左:墓道、石版をモザイク様に敷き詰めた参道が延々と続く。中:標識、橋の字が旧字と簡体字が使われている、簡体字は1956年以降順次使用されてきたが左の標識は1983年であるが旧体字が使用されている、右の標識は1988年建立で簡体字使用。右:神獣、小さい羽根を持っていて水陸空を駆けるという。

e0080110_15142668.jpg

唐朝第9代玄宗皇帝の兄李憲の唐恵陵(死後帝位が送られている)。左:墳丘。中:門、常時は閉まっているが特別に開けてもらえた。右:墓道。

e0080110_15145767.jpg

同上、左:墓室。中:石棺と言っても人が立って入れる。右:石棺内。
24日に訪問した唐・永泰公主墓、章懐太子墓も同様の墓室・石棺を持っていた。

e0080110_15153120.jpg

左:人物線刻、二人向かい合っている。右:線刻模様。


この「海外遺跡の旅 藤原京・平城京の源流を求めて」は橿原考古学研究所 友史会主催のもと前園實知雄先生による資料作成・現地同行解説、㈱国際交流サービスの旅行・見学手配ならびに現地における補助説明によって実施されました。関係者の方々に感謝いたします。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2011-12-08 16:42 | 現地説明会、講演会

友史会 2011海外遺跡の旅 参加報告8/12

11月26日その1、秦始皇帝兵馬俑博物館

e0080110_14574359.jpg

玉祥門、西安市中心部を囲む城壁の西壁にある2つの門のうち北側の門。朝の集合前にホテルから歩いて、西約15分の玉祥門へ行った。今回旅行の唯一個人行動での市内見学だった。

e0080110_145824100.jpg

兵馬俑博物館。左:兵馬俑陳列棟。中:一号抗。右:始皇帝陵。
西安のホテルからバスで約45分、博物館入口前まで特別にバスで入らせてもらえた。

e0080110_14593488.jpg

始皇帝陵の封土近くで発掘された銅車馬。左:皇帝用の馬車。中:妃用の馬車(屋根がついている)。右:出土状況。

e0080110_1502887.jpg

中:出土品の復製品。右:着用例。

e0080110_151751.jpg

左:一号抗展示庁。中:入口。右:博物館と皇帝陵(左奥、黄色い札の手前)の模型。

e0080110_1514462.jpg

左:一号坑解説。中・右:兵馬俑。

e0080110_1522383.jpg

左:兵馬俑。中・右:発掘、整理中のものが置かれている。

e0080110_1531749.jpg

左・中:出土時点では着色がよく残っていた。右:1974年3月、井戸を掘っているとき兵馬俑を見つけた最初の発見者の一人、揚継徳さん。20元でサインと写真を撮らせてくれる。


この「海外遺跡の旅 藤原京・平城京の源流を求めて」は橿原考古学研究所 友史会主催のもと前園實知雄先生による資料作成・現地同行解説、㈱国際交流サービスの旅行・見学手配ならびに現地における補助説明によって実施されました。関係者の方々に感謝いたします。
by yumeoijyuku | 2011-12-08 10:22 | 現地説明会、講演会

友史会 2011海外遺跡の旅 参加報告7/12

11月25日その3、大明宮

e0080110_219182.jpg

左:大明宮遺址博物館。中:大明宮配置模型。右:麟徳殿復元模型。
大明宮は唐長安城外北東部に突き出たところにあって、歴代皇帝の住まいであった。

e0080110_21311721.jpg

左:麟徳殿で接待する則天武后。中:接待を受ける日本の遣唐使、粟田真人と言われている。右:説明

e0080110_21443274.jpg

左:鴟尾、昭陵から出土。中・右:大明宮の瓦1。

e0080110_21221992.jpg

大明宮の瓦2。

e0080110_21134811.jpg

白石象、2004年大明宮遺跡出土。

e0080110_21143340.jpg

左:含元殿平面図。中:解説。右:含元殿復元模型。

e0080110_21453415.jpg

含元殿。大明宮の正殿で皇帝は主にここで政治を司った。群臣との会食、外国使節との謁見、大典、閲兵など重要な儀式を行った。左:含元殿東より。中・右:含元殿最南端、ここの眼前に下の写真中央の広場が広がる。。

e0080110_2146030.jpg

左:含元殿の宴会場。中:正殿前広場ここに文武百官が整列する。右:広場から見た含元殿。

e0080110_21191515.jpg

大明宮屋外模型。左:中央に太液池。中:太液池の西にある麟徳殿。右:含元殿、中央部右手に数本ある樹木の向こう。この右手に広場がある。

e0080110_21195046.jpg

右・中:含元殿復元模型。右:電気用マンホール


この「海外遺跡の旅 藤原京・平城京の源流を求めて」は橿原考古学研究所 友史会主催のもと前園實知雄先生による資料作成・現地同行解説、㈱国際交流サービスの旅行・見学手配ならびに現地における補助説明によって実施されました。関係者の方々に感謝いたします。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2011-12-06 23:36 | 現地説明会、講演会

友史会 2011海外遺跡の旅 参加報告6/12

11月25日その2、陝西省考古研究殷→唐皇城牆含光門、同遺址博物館→唐長安城大明宮

e0080110_2049893.jpg

陝西省考古研究院。左:表札。中:歓迎表示。右:研究室内部

e0080110_2050309.jpg

左・中:出土品の保存作業。右:今回の旅では行かなかったが「大雁塔」がかすかに見えた。
 研究院はドイツの協力のもと、発掘担当部署から依頼される出土品の保存処理を行っている。処理した遺物の一部を展示しているが撮影禁止。

e0080110_20511164.jpg

左・中:唐皇城牆含光門。右:博物館入口。
西安市内中心部の長安城城壁は時代と共に変化してきた。現在あるのは明代のもの。

e0080110_20533860.jpg

左:城壁断面図。中・右:城壁遺跡

e0080110_2054360.jpg

西門道跡

e0080110_2054292.jpg

左:シルクロード起点の標識。中:含光門模型。右:同左通路。

e0080110_20545982.jpg

長安城大明宮。左:案内標識。中・右:大明宮の南中央の丹鳳門。


麟徳殿跡。大明宮北部にある太液池西方の西壁近くにあって宮廷貴族や外国使臣の大宴会場、南北130m余、東西80mの壮麗な宮殿。日本の遣唐使の最終目的地である。遺跡は復元遺跡の下1.5mに保存されている。

e0080110_20575512.jpg

左:麟徳殿案内標識。中:模型。右:復元平面図。



 この「海外遺跡の旅 藤原京・平城京の源流を求めて」は橿原考古学研究所 友史会主催のもと前園實知雄先生による資料作成・現地同行解説、㈱国際交流サービスの旅行・見学手配ならびに現地における補助説明によって実施されました。関係者の方々に感謝いたします。
by yumeoijyuku | 2011-12-06 21:12 | 現地説明会、講演会

友史会 2011海外遺跡の旅 参加報告5/12

11月25日その1、陝西歴史博物館

e0080110_16393100.jpg

左:陝西歴史博物館正面。中:案内板。右:表札。
国立博物館なので「省」が入っていない。

e0080110_1640065.jpg

左:前園實知雄先生。中:先生と館長。右:博物館館長。
当博物館では今回、奈良県・奈良県立橿原考古学研究所主催の特別展「日本考古展」が開催されている関係で、館長自ら歓迎していただき、館長と前園先生の賀詞交換で始まった。館長からは①遣唐使以来国同士の付き合いがある、②中国最初の日本考古展が開催できた、③日中歴史のつながりを感じてほしい。との挨拶があった。

e0080110_16402811.jpg

VIPルームで接待を受けた。

e0080110_16405832.jpg

日本考古展導入部①

e0080110_16411718.jpg

同上②日本語での紹介がある。

e0080110_16414558.jpg

日本の出土品①

e0080110_1642124.jpg

日本の出土品②

e0080110_16423811.jpg

日本の出土品③

e0080110_16431176.jpg

左:博物館エントランス。中・右:陝西省の主力はやはり兵馬俑。

e0080110_16434149.jpg

天空高く凧が泳いでいた。左:博物館から。中・右:皆さん関心がある。


この「海外遺跡の旅 藤原京・平城京の源流を求めて」は橿原考古学研究所 友史会主催のもと前園實知雄先生による資料作成・現地同行解説。㈱国際交流サービスの旅行・見学手配ならびに現地における補助説明によって実施されました。関係者の方々に感謝いたします。
by yumeoijyuku | 2011-12-05 23:55 | 現地説明会、講演会