古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

奈良の古墳めぐり・・その2-14

近鉄文化サロン 現地学習 09.07.16

箸墓古墳に続く大型古墳から後期古墳の石棺に触れる

今日は桜井市南部の前期大型前方後円墳から横穴式石室が開口した後期後半の古墳を巡った。
JR・近鉄桜井駅をJR側に降りて、国道165号線を東に向かう。車に注意して20分ほど行くと、右手のゴルフ練習場の手前左の小山が「桜井茶臼山古墳」である。茶臼山古墳は戦後間もない1949年から調査が始まっている。出土品としては王権のシンボルと言われる碧玉製「玉杖(ぎょくじょう)」が有名、また三角縁神獣鏡他20面以上に相当する銅鏡の破片が多数出土している。

古墳の時期は大型古墳のなかでは箸墓の次に位置するもので4世紀前半から中葉の時期が推定されていて、メスリ山古墳よりやや古いとされている。墳丘全長約207m、後円部径約110m、前方部幅約61m。後円部墳頂下に長大な竪穴式石室が検出された。石室の壁は扁平な小石板をほぼ垂直に小口積みしていて、いわゆる合掌式とは異なる。床面には長さ5.2mの栂の巨木をくり抜いた木棺の底部が遺存していた。石室の上部には方形の壇があり二重口縁壷を並べて取り囲んでいたことが分かった。埴輪のはしりと位置付けされている。
 次は同じころ造られた大型前方後円墳メスリ山古墳に向かう。国道165号を西へ戻り、途中寺川沿いに南へ行く。しばらく南下して県道を横断した先の左手に談山神社一の鳥居がある。
e0080110_23374636.jpg


またここの南には「吉野川分水路」の標識がある。吉野川分水は,大和平野に灌漑用の水を送りこむために作られた国、県の事業で、大和平野を潤している。

この鳥居のすぐ北の道を東へ行くとすぐ右手に八坂神社の森がある、ここを右(南)に入ってそのすぐ先を右に入り兜塚古墳に寄って行こう。前方後円墳であるが頂部は平らで特に後円部は削られており家形石棺が露出している。蓋は盗掘のため東側の短辺が大きく割り取られている、縄掛け突起も削られていて特に南東のものは殆ど原形を留めていない。墳丘は全長50mの前方後円墳でありながら初期の家形石棺を採用していることから、昨年9月に訪問した天理市の東乗鞍古墳と同じ時期の後期初めの古墳とされている。
 
先ほどの県道を南へ行きT字交差点を右(西)に行きメスリ山古墳にむかう。下の写真正面に見える集会所を左にとり、神社の右手から上る。
e0080110_23393244.jpg


全長250m、後円部径65m、高さ19m、前方部幅80m、高さ8m、三段築成で人頭大の葺石が敷き詰められている。八坂神社の所を抜けて墳丘に上がる。ほどなく墳頂の平らな部分に出る、ここの中心には一段下がった区画があり石室の屋根石の上部が露出している、屋根石は8枚見える、
e0080110_2342898.jpg


石室の大きさは全長約8.2mで、割石を小口積みしており、木棺は残存していなかったが粘土床が造られていた。またすぐ東に平行して小型の竪穴式石室があった、こちらは合掌形の持ち送り式の石室で、この副室には212本に及ぶ鉄の槍先など武器関係が多く収められていた。竪穴式主石室の周囲には直径50cm~1mにおよぶ大型の円筒埴輪が方形に二重に巡っていたことが知られている。この円筒埴輪の大きな2本は高さ2.4m、径1.3mの巨大なもので、これを復元したものは県立橿原考古学研究所付属博物館で見られる。石室のすぐそばの別の小道を墳丘を取り巻くように北側に降りる。

この公園沿いに西へ行くと住宅地のはずれにコロコロ山古墳が移築されている。メスリ山古墳の発掘調査の際に近くで発見され、移築保存された。6世紀後半のもので墳丘は一辺30m、高さ3mの方墳で、全長11mの両袖式横穴式石室を有する。天井石は既に無くなっていたためコンクリートで代用されている。
e0080110_2343154.jpg


コロコロ山古墳から北へ行って、広い県道を渡って谷首古墳に向かう。玄室の高さは4mありすごく高い感じがする、長さ約6m、幅2.7m、羨道長7.8m、高さ1.7m墳丘は東西約35m、南北約38m、高さ約8mの方墳。入り口の天井石は片側が落ち込んで斜めになっていて少し入りづらい。
e0080110_2344259.jpg

e0080110_23445744.jpg


石室の構造から桜井市の天王山古墳、明日香村の石舞台古墳等よりやや古く6世紀末から7世紀初頭のもので横穴式石室の最終段階に近いが付近の文殊院西古墳、艸墓古墳に先行するものとされている。

先ほどの県道を西へ行き広い道との角にある「もんちっち」の所を左に行き、「安倍小学校前」のバス停を越えて右手に入る。この先の左手に奈良県立農大の入口がある、正面のロータリーの所を右に行く、突き当たり左手に古墳が2基有って説明板がある、右手も古墳で3基ある、他に消滅したものも有って農大の敷地に計8基確認されていると言う。これらは「池の内古墳群」として知られている。磐余地域で中央政権に属した豪族の墳墓群と見られている。

 次はいよいよ安倍文殊院にある2基の古墳に向かう。先ほどの2車線道路を左(東)へどんどん行くと安倍文殊院西の門に着く、中に入って道なりに左へ行くと本堂がある。その右手に文殊院西古墳が開口している、墳丘は円墳でかなり変形されているが径13.6m、高さ6.6mと推定されている。石室の壁は綺麗に磨き上げられた花崗岩製で上部に行くに従って僅かにせり出していて石室の断面はゆるい台形になっている、天井石は1枚で、中央部を削って綺麗な曲線を出している。玄室長5.1m、幅2.9m、高さ約2.7m、羨道長7.3m、幅2.3m、高さ1.8m。優美な石室を持つ後期の古墳として有名である。石室内には願かけ不動が祀られていて参拝者が絶えない。
e0080110_23455411.jpg


駐車場の東の方にも石室が開口している「文殊院東古墳」で、ここの入り口は石の重みで左右の石が割れていて危険なため中には入れない。中に井戸があって「閼伽井(あかい)の水」が湧いているということで、寺務所で売られている。
文殊院を駐車場の所から北へ出て右(東)へ行くと信号のある交差点に出る、ここの左手に「艸墓(くさはか)古墳」がある。左手の細い坂を登ると「史跡艸墓古墳」と書かれた一本の心細いような標柱があって、右の民家の裏の塀沿いに身体を斜めにして通るような細い路地を入った先すぐに横穴式石室が開口している。方形の墳丘規模は東西22m、南北28mの横長で墳頂部は平坦な高さ約7mの載頭方錐形。墳丘は樹木が斬られ見やすくなっていた。
e0080110_23465987.jpg


この古墳には家型石棺が残っている、人の背丈ほどの高さの石棺に比べて羨道の天井が低く石室築造前に置かれたものと思われている。玄室長約4.5m、幅2.8m、高さ2m。羨道長は8.8m、幅2m、高さ(現状)1.5m。石棺の大きさは棺身幅1.5m、高さ1m。蓋の高さは約60㎝ある。ここの石棺は兵庫県高砂市産の凝灰岩を使用していると言うことである。

  付近の古墳の築造時期は谷首古墳が古く6世紀末から7世紀初頭、次いで文殊院東古墳、艸墓古墳と文殊院西古墳が7世紀第3四半期頃で横穴式石室式の最終段階となる。ということで今日は古墳時代前期の大型前方後円墳から後期の横穴式石室の最終段階まで巡ったことになる。

帰りは小学校の前の道を北へ行きJR・近鉄桜井駅に帰る。
by yumeoijyuku | 2009-07-21 23:55 | 古墳めぐり案内

友史会7月例会

橿原考古学研究所友史会7月例会

7月19日梅雨の曇り空のもと友史会「纏向の古墳を巡る」に参加した。
午前10時10分JR三輪駅集合
e0080110_221174.jpg


出発、前方に箸墓古墳
e0080110_2215885.jpg


先ず狐塚古墳に入る。墳丘は大きく削平されていて、石室が露出している。中には3つの石棺があったと言い、残骸が残っている。
e0080110_2223746.jpg


弁天社古墳。大神神社の末社弁天社の社の裏に両袖式の石室が露出している。羨道部に刳抜式家型石棺が残っている。
e0080110_224663.jpg


今日の案内、解説をしてくださった橿考研の安原貴之先生
e0080110_2243046.jpg


茅原大墓古墳、全長約85m、古墳時代中期の帆立貝式前方後円墳
e0080110_2251651.jpg


纏向地域の主墳、全長約280mの箸墓古墳へ。最近国立歴史民族博物館が240年~260年に築造されたと発表し、卑弥呼の死亡時期と合うと発表したが、考古学会での更なる検討が待たれる。
下:箸墓の後円部南を前方部へ向かう
e0080110_2262242.jpg


上:ホケノ山(南西より)
e0080110_2264882.jpg


下:ホケノ山墳頂から箸墓を見る、ビニールハウスと箸墓の間に「堂の後古墳」が見える
e0080110_227299.jpg


昼食の後、巻野内地区に散在する古墳を巡った後珠城山古墳へ。
下左:案内板。下右:1号墳(全長約50mの前方後円墳)上り口、上部中央に石室開口部がある。築造時期は6世紀後半のものでこの地区の他の古墳とは時期が離れていて、新しい。
e0080110_22898.jpg


下左:1号墳石室開口部、下右:片袖式石室内部。玄室内には組合せ式石棺が残っていて、橿考研にある。
e0080110_228375.jpg


東田地区の古墳
東田(ひがいだ)大塚古墳全長約120mの前方後円墳。
e0080110_2295184.jpg


纏向勝山古墳、全長約115m、前方部がやや細い柄鏡の前方後円墳。
e0080110_22102570.jpg


纏向石塚古墳、全長約96mの典型的な纏向型前方後円墳、この地区では一番古い。後円部とその周濠跡が残存している
e0080110_221111100.jpg


石塚古墳で解散、ほとんどの会員はJR巻向駅から天理・奈良方面または桜井方面へ2両編成のワンマンカーで帰る。
e0080110_22124783.jpg

by yumeoijyuku | 2009-07-21 22:19 | 現地説明会、講演会

流水さんと再会

安芸の宮島へ行く途中、福山市内で流水さんに会ってきました。奥さんを亡くされて以来世間への発信を控えていられるので寄ってみました。「05Mの会」の写真を持参してその様子や善さん、Oさん、naoさん達の熱い言葉をお伝えしました。
 少しやつれられた感じを受けましたが、今話題の箸墓古墳の関係する講演を聞きに行かれたとのことでその話をされていました。そして、時間があるならということで福山市の山手にある古墳を案内していただきました。

 まず、古墳時代後期の前方後円墳で前方部と後円部の双方に横穴式石室を持つ二子塚古墳を案内してもらった。福山市街を芦田川に沿って北上し三次へ行くローカル線の沿線の住宅団地のはずれにある。「福山古墳ロード」に組み入れられている。

後円部(写真上)、説明板の向こうに開口部(写真下)があるこの石室の奥壁は一枚石がデンとすわっている。
e0080110_218676.jpg

e0080110_2172397.jpg

e0080110_2121430.jpg


出土品としては「双竜環頭柄頭」が有名、向あった2頭の龍がそれぞれ球を加えているというデザインで、日本では他に例がないという。
e0080110_21114472.jpg



後円部の横穴式石室は開口しているが封鎖されていて入れない。凝灰岩で作られた組合式石棺の底部が残っている。床には土嚢を敷いて保護してある。
(下の写真)
e0080110_2193393.jpg



詳しくは流水さんのブログ(06.4.9)を参照されたい。

 次に案内してもらったのは近くの、とはいっても車で大分移動したが北塚古墳。説明板には後期・終末期の石槨となっている。

花崗岩で作られていて、花崗岩は固いので加工は難しいが、丸みの加工その他丁寧に仕上げられている。形は組合式家形石棺ともとれるが花崗岩なのでやはり直接埋設する石槨としてつくられたようである。
e0080110_21132667.jpg

e0080110_21122757.jpg

e0080110_21125932.jpg


 流水さんによるとこの付近一帯にはかなりの数に上る古墳が散在しているということである。また中世から江戸時代に至る遺跡が方々にあることを教えてもらった。近畿しかも奈良を中心とした古墳しか知らない者としては自分の住んでいる地域全般の歴史を踏まえておられる郷土史家に改めて敬意を表した次第でした。
 案内していただいている間はそれに傾注されていますが、一人でいる時などはふと淋しくなるようです。一日も早く鉢巻き姿を見せてくれるようお伝えして次の目的地宮島に向かいました。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2009-07-05 21:34 | 古墳