古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

橿考研「友史会」6月例会に参加

今日はJR帯解駅から「平城京左京の寺院跡と遺跡」を巡る。御案内は付属博物館の大西貴夫先生。
梅雨の合間であったが照らず降らずの日和のなか、良く歩いた。
e0080110_23434955.jpg


先ずは駅頭で大西先生による行程の説明。
e0080110_2342564.jpg


早速出発してJR桜井線の線路を越えて北西に向かい県道木津横田線に出て北上し、越田池跡(現、五徳池)を目指す。
帯解寺の屋根をかすめる
e0080110_23442567.jpg



この池の北、ゴルフ練習場の南あたり(写真右)が九条大路と東四坊大路の交点で、平城京の南東角に当たる。残念ながら今日は池の南から「あそこら辺」と眺めただけ。
e0080110_2345413.jpg


池から西へ出て、北へ進み九条条間道にあたる道を西へとり「東九条町」バス停あたりで北へ入ると、穂積寺跡で土壇が残っている。
e0080110_2346518.jpg


ここをさらに西へ行き左に見えるマツダの手前を北へ行く。信号の手前左に郵便局があってその先の左が簡単な公園になっている説明板は無いが平城京の「東市」跡で、位置的には西にある辰市小学校からここまでが東西辺の西半分で同じだけ東にも広がっていた。南北にはここの南の信号のある道が八条大路でここから北へ八条条間道までが東市の区域となる。東半分の中央には幅約10mの東堀河が南北に通っていて水運に利用されていたが今は無い。
e0080110_23464371.jpg


この東市の北東の角に接するように姫寺跡が設定されている。東九条天満宮に土壇状の個所があり、地名も姫寺となっていて寺院跡とされた。
e0080110_23471112.jpg


姫寺跡の東の東三坊大路を北へ行くと大安寺の西塔跡に出る。大安寺は桜井市の吉備池にあったとされる百済大寺→高市大寺→大官大寺→平城京大安寺と移り当時国家筆頭の大寺院であった。今も南都七大寺に数えられている。

西塔の基壇は一辺21m、塔の初層は一辺12mで東塔と供に記録通り七重塔が並んでいたとされている。基壇の礎石は心礎以外は抜き取られている。心礎も矢穴が残っているので割って持ち出そうとしたができなかったものと思われる。
e0080110_23483616.jpg

e0080110_23491799.jpg


大安寺では河野貫長から寺の経緯や光仁天皇にまつわる癌封じの笹酒のいわれを聞かせてもらった。
e0080110_23495221.jpg


桂木団地にある「野神古墳」、
e0080110_2351891.jpg

e0080110_23503980.jpg


大安寺北方(旧境内)の「杉山古墳」
e0080110_23513663.jpg


奈良市埋蔵文化財調査センターでは特別に開館して見学させてもらった。そして、この後県立図書情報館の敷地にある遺跡、平城宮に回って解散となるが、ここで失礼して帰路に就いた。

<写真はクリックすると拡大表示します>
by yumeoijyuku | 2009-06-22 00:02 | 現地説明会、講演会

奈良の古墳めぐり・・その2-13

近鉄文化サロン 現地学習 09.06.18
奈良市最北端柳生の里の古墳へ

 5月はインフルエンザ騒動で中止となったので順延して6月18日に柳生の古墳を巡ることになった。奈良市の北東、柳生方面へ奈良県最北端の古墳訪問と武芸の里柳生観光を兼ねて出かけた。バスの都合で近鉄奈良駅に30分早く集合して9時40分発のバスで大柳生に向かう。都心を離れて山道に入り、30分ほどで円成寺の入口に当たる「忍辱山」のバス停を通り、そのまま山道を走ると開けた集落に出る。ここが大柳生町で、すぐに「大柳生口」のバス停となる。

 大柳生の集落の北から西へかけての山の広い範囲に多数の古墳が散在する。ほとんどが 10m前後の円墳で横穴式石室を持ち開口しているものもある。この中で民家の庭先に1基ある「岡田氏宅前古墳」を見学した後、山間部に開口する古墳に向かう。

 この地区には尾根伝いに北西の須川町に抜ける競馬道と言われる古道がある。この始点あたりに開口した古墳があるので見逃せない。大柳生の信号のある交差点を北に須川から加茂へ向かう県道を行くと、間もなく左手に田んぼが奥まで続いている所があってその次に左斜めに山へ入って行くコンクリート舗装の狭い道がある。これを入ってすぐの右手にこんもりした古墳が目に付く。競馬道1号墳で「オクノガワの塚穴」とも言われている。羨道が少し長いが中に入れる。
上:競馬道1号、玄室より羨道部を見る。下:見学を終えて
e0080110_2141170.jpg

e0080110_2145624.jpg


 次は天井山古墳群に向かう。大柳生から柳生へ向かう広い道路ができているのでこれを歩いてゆくと10分程で大柳生小学校前のバス停がある。左手の小学校に向かって入ると右に畦道のような細い道がある。このすぐ先の忠魂碑が天井山1号墳で、この前の小道を進むと、曲がって民家の庭先を通って行き青い瓦屋根の家の下に出るので、ここの階段を上って庭先を左へ迂回する形で山へ入る。この家の裏を回るようにしてゆくとすぐに小さい古墳がある。ちょうど3~4軒ある端の家の裏に当たり、民家の方(西南)に向かって横穴式石室が開口している。子供なら楽に入れる程に開口しており、覗くと奥まで見える。天井山2号墳で、戦時中(昭和十年代)防空壕に使用していたといい、当時は小皿の破片等が沢山あって子供の頃おもちゃにしていたと以前聞いたことがある。この頃はまだ須恵器の破片が残っていたようである。

 開口部が見つからず探していると、すぐ前の家の方から「他人の家の裏山で騒々しいが、一応声をかけるのが礼儀ではないか」とたしなめられた。遅まきながら了解を得て、古墳の開口部も教えていただいた。近くの「奈良市立青少年野外活動センター」の駐車スペースを借りて昼食の後、バスで最終目的地の柳生に向う。
 
 「柳生」のバス停から少し戻り、笠置へ向かう県道を北へ行き柳生小を越えたあたりで西に行き、川を渡って行くと右手に製材所が有って「東海自然歩道」の案内標識があるのでそこの小道を右に上って行くと、茶畑のはずれに「塚穴古墳」があって説明板がある。これによると柳生石舟斎宗厳はこの古墳の刳抜式家型石棺を取り出して手水鉢として使っていたらしい。そのため石舟斎と号したと伝えられている。後期古墳の横穴式石室が開口しており石材も露出している。この塚穴古墳は奈良市すなわち奈良県最北端の古墳と言う事になる。
左:内部から、右:塚穴古墳は茶畑のはずれにある
e0080110_217341.jpg


 これで今日の古墳めぐりは終了となるが、バスの便が少ないのでこの後は柳生の里を見物して、時間調整した上で帰りのバスに乗るとよい。今日は途中で夕立に会い雨宿りをしながらの「柳生の里」散策となったが、開園中の「花しょうぶ園」、家老屋敷、柳生陣屋跡など思い思いに訪ねた後バスで帰途に就いた。近鉄奈良駅まで約1時間。
by yumeoijyuku | 2009-06-19 20:58 | 古墳めぐり案内