古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

奈良の古墳めぐり・・その2-11

近鉄文化サロン 現地学習 09.03.19

奈良公園から奈良町へ

  今日は若草山山頂の鶯塚訪問を予定していたが、山開きが翌日の20日だったので割愛した。そのため奈良公園に時間を割いた。
近鉄奈良駅から東向商店街を南へ途中から東(左)へ興福寺に入る。北円堂、南大門跡の基壇を経て奈良公園に向かう。
法隆寺境内:五重塔と東金堂
e0080110_14372478.jpg


第一期整備事業:中金堂の復元工事中、右手は講堂
e0080110_1438267.jpg


登大路を東へ進み奈良公園に入り東大寺大仏殿の西を通って正倉院に向かう。正倉院とは寺院、官衙の倉庫がある一角を指すが、東大寺の「正倉」を普通「「正倉院」と一般に呼んでいる。
 続いて大仏殿の東方にある「東塔」跡に向かった。建設当時は高さ100mほどの塔が西塔と供にそびえていたと言われている。東塔は平安時代末期に平家によって大仏殿と供に焼き打ちされ、鎌倉時代に入ってすぐ再建されたが室町時代の1362年に落雷で焼失しその後は再建されなかった。塔跡では七重塔の屋根に葺かれた古代瓦に思いを馳せた。 
若草山の麓をかすめ春日大社の参道から飛火野に向かう。平成の世になった頃開催された「奈良・シルクロード博」の飛火野会場となったところだ。ここの東の森との境目には後期の古墳14基からなる「御料園古墳群」がある。
 飛火野の西のバス道を南へ行き吉備塚古墳に向かう。奈良教育大学の構内に古墳がある。学生と遣唐使として2度通算17年間中国へ渡り帰国後は天平文化の一翼をになった吉備眞吉備の墓であると伝えられている。かつて雨で地表に露出していた銅鏡が採集されている。大学で発掘調査を実施していて、2004年2月には墳頂部から出土した鉄鏃・挂甲・鉄剣・画文帯環状乳神獣鏡など現地説明会があった。

奈良教育大学構内の吉備塚
e0080110_1439497.jpg


さらに2008年10月には大学構内で、同じ金原正明准教授の担当で新薬師寺金堂跡とみられる大型建物跡が検出されて新聞をにぎわせた。東大寺大仏殿(東西約59m)をしのぐ巨大建造物と分かった。
 バス道を北へ少し戻って広い交差点の手前の道を左(西)へ入ると右手に「頭塔(ずとう)」がある。正方形の基壇の上に七段の方形の土壇を積み上げている。奇数壇の壁の所々を窪ませて石仏が配置されている。平成12年整備が完了し北半分は復元整備され、見学デッキ・解説板などが設けられた。南半分は現状保存されている。
左:復元部、中:説明板でお勉強、右:入口の説明板
e0080110_14393381.jpg


 頭塔の前の道を西へ行き県道を渡って行くと奈良町になる。ここの目玉はなんと言っても奈良時代の名刹で、南都七大寺の一つ「元興寺極楽坊」である。元興寺は蘇我馬子が飛鳥に建立した法興寺(飛鳥寺)に始まる。その後平城遷都に伴い現在地に移築され名も元興寺となって今に残る。旧境内は今の十倍以上の広さが有ったと言う。法興寺で使われていた瓦は今も本堂や禅室の屋根に使われていて、屋根の色が違うのでよく分かる。奈良町には奈良町資料館、庚申堂、日本でいちばん古い砂糖専門店「砂糖傳増尾商店」など興味をそそる施設が多い。

砂糖傳商店、右:中で水飴を頂いた
e0080110_1440512.jpg


今日の最後は開化天皇陵へ向かう。三条通りを西へ行く、広い「やすらぎの道」を横断して行くと「ホテルフジタ」の西隣に入口がある。第9代開化天皇は日本書紀では崇神天皇の父に当たるが、神武天皇以降の実体の無い天皇の最後に位置付けられている。4世紀後半から5世紀前半の古墳で、全長105m、後円部径55m、となっているが幕末に大きく改変されていて当初の姿はよく分かっていない。帰りは、三条通りをそのまま西へ行くとJR奈良駅。引き返してやすらぎの道を北へ行くとすぐに近鉄奈良駅となる。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2009-03-22 14:48 | 古墳めぐり案内

纏向遺跡発掘現地

今日は朝から学友いやもう卒業式を終わった人達が主なので諸先輩方7人を案内して天理市内を回った。
 その後桜井市纏向で弥生時代の遺跡が発掘され、明日現説ということであるが天候が悪くなりそうなので今日見に行った。現地は準備中だったが親切に対応していただいた。
 桜井市は市長をはじめ熱心に卑弥呼の里を売り出そうと力を入れている。解説は新聞記事に譲って現地写真をUPします。

北から:黄色い杭(黄色い線で表示)は建物跡、塀(白い杭(青い線で表示))で囲われていた
e0080110_22302592.jpg


南から:右奥角の3本の黄色い柱はその東(右)に続く建物があったことがわかる
e0080110_2231574.jpg


左:すぐ東南にあるJR巻向駅、中:三輪山、右:箸墓
e0080110_22312640.jpg


桜井市は最近卑弥呼の里を宣伝し出した、信号の向こうに大神神社の大鳥居が見える
e0080110_22323077.jpg

by yumeoijyuku | 2009-03-21 22:37 | 現地説明会、講演会

帯解黄金塚古墳調査報告会 

奈良市教育委員会 H9.02.28

黄金塚古墳は天理市の北端にある県立奈良東病院のすぐ北の細い道を西へ行ったところ,奈良市の南端にある。

 一辺約27mの2段築成の方墳で宮内庁所管の陵墓参考地となっている。榛原石といわれるレンガ状の割石を積み上げた磚槨式石室を持つ終末期の古墳で、俗に「日本書紀」を完成させ、時の元正天皇に納めた舎人親王の墓といわれている。 玄室長3.0m、幅3.3mと横長で、高さ2.6m。羨道長9.6m、巾1.6m。

 以前、この前の道を拡幅する計画があって奈良市が宮内庁に用地の提供を求めたためH16年9月に拝所の部分を調査した。人頭大の敷石が検出された、このため御陵の一部であるとして用地提供は拒否されたいきさつがある。

 以下説明会資料による。 H16年に石室入り口の前を調査して石敷が検出されていたが、墳丘全周に亘って石敷きがあることが分かった。外堤があることは分かっていたが、今回墳丘北で石敷きの外に外堤とみられる地山の高まりも確認された。また、南西角では飛鳥時代(7世紀中頃)の須恵器杯蓋、土師器甕の一部が出土した。

 まとめると、古墳築造時期が7世紀中頃と分かった(これによって舎人親王の墓説は成立しなくなった:朱雀注)。古墳の構造は墳丘を囲んで四周に2段の石敷きがめぐり、墳丘の規模が約30mであることが分かった。この石敷きは明日香の寺院跡や宮殿遺跡にも似た特徴的な構造である。黄金塚古墳は他に類例のない内部構造と外装施設をもつ飛鳥時代の大規模古墳であることが明らかになった。

墳丘:南東より
e0080110_15413956.jpg


南西部調査地:墳丘裾南西端を検出、敷石の抜き取られた跡があった
e0080110_1542840.jpg


出土遺物、上:土師器 把手付甕の把手部、下:須恵器杯蓋
e0080110_15434822.jpg


北西部調査地:北より墳丘に向かって、石敷は奥が上段、手前が下段
e0080110_1543913.jpg



H16年の宮内庁調査時の写真
e0080110_15441926.jpg


H18年の宮内庁写真、左:羨道西壁、玄室側から入口方向。右:玄室奥壁
e0080110_15445847.jpg

by yumeoijyuku | 2009-03-02 15:59 | 現地説明会、講演会