古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

向日市元稲荷古墳現地説明会

2月21日京都府向日市で元稲荷古墳の発掘調査現地説明会があった。

京都府の古墳には馴染みが無かったが近くなので、久しぶりに上さんと二人で出掛けた。
阪急京都線「西向日駅」から歩いて15分ほどの向日神社の隣の勝山公園内にある。古墳時代前期、全長92mの前方後方墳である。詳しくは「向日市元稲荷古墳」で検索されたい。
説明板
e0080110_23252733.jpg

e0080110_2325498.jpg



左:前方部、右:後方部頂、水道施設が占領している
e0080110_23173572.jpg


調査担当の向日市埋蔵文化センター 梅本康広さんの説明
e0080110_2335065.jpg


調査の結果分かったこと。現地説明会資料より

①前方部がほぼ南に向く古墳の後方部北端が検出され全長が92mであることが確定した。後方部長約51m、北辺幅約51m、南辺約49m、高約7m。前方部長約41m、前端幅約46m、高さ約3m。くびれ部幅約23m。

②桜井市箸墓古墳の約1/3の規模に相当し墳丘築造の設計企画に相互関連性があるとされ、箸墓古墳にきわめて近い時期の築造であるとされた。

③今回後方部墳丘下半の様相が判明したことで、出現期の大型前方後方墳の墳丘構造のほぼ全容が解明されたという。それは墳丘斜面に葺石、平坦面には礫敷を施して古墳全体を石で覆うもので、その石の置き方が詳しく調査された。すなわち、古墳全体がまるで「石の山」となっていて、基底平坦面の礫敷は出現期の大型古墳では初めて確認されたもの。
後方部北端の発掘現場、左:葺石と石敷、中:墳丘端、梅本さんが示しているところ、右:表土の下1/3あたりの黒い線状の層から上は最近の工事によるもの。
e0080110_23153872.jpg


④今回の調査で墳頂の祭祀に使われた土器と考えられる讃岐系二重口縁壺が初めて出土した。被葬者の讃岐地方とのかかわりが予想される。
出土した埴輪片
e0080110_23161547.jpg


⑤元稲荷古墳は箸墓古墳を頂点とする初期「倭王権」の政治秩序に従って3世紀後半に造られ、その被葬者は王権に参画しながらも政治経済的に自立した桂川流域を支配拠点に置いた有力な首長であったと考えられる、前方後方墳という墳形はそのような政治階層的立場表現したものと思われます。と資料は結んでいる。

すぐ隣の向日神社
e0080110_23182322.jpg


<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2009-02-21 23:30 | 現地説明会、講演会

奈良の古墳めぐり・・その2-10

近鉄文化サロン 現地学習 09.02.19

奈良市南部古市、帯解の古墳へ
 
 奈良公園のある春日地区からその南の山裾に沿った帯解地区、地理的には護国神社の北を流れる岩井川から天理市との境界付近の菩提仙川に至る丘陵が西に迫り出した一帯にかけても、佐紀の地域と共に古代和珥氏の勢力範囲であったと考えられている。先ず古市、帯解地区から始めよう。
 
近鉄奈良駅からバスで護国神社へ行く。バスが南へ奈良教育大学を過ぎて住宅地になると間もなく「護国神社」で、10分ほどで着く。護国神社古墳は本殿に向かって左側の奥にある、説明板があったが、古くて読み難いからか撤去されて社殿の軒下に放置されていた。古墳時代後期の横穴式石室を持つ不整形な円墳とあった。古墳時代後期(6世紀)の馬具、須恵器、壺、鉄鏃などが出土している。 
この神社の前の南側の池は新池または島池と呼ばれていて中心部の島も古墳の可能性が有る。神社造営の時かなり削られており、南西に主軸を持つ立派な前方後円墳とも考えられている。

 神社のすぐ南には古市方形墳が有る。前期または中期(4世紀末~5世紀初)と思われる一辺27mの方墳で、住宅地の中で頑張っている。史跡として奈良市文化財に指定されている。墳頂部で円筒埴輪が円形に配置されていたことから円墳であった可能性もある。中央に東西に並んだ粘土槨があった事が分かっていて、7.9m四方の東槨には長さ6.2mの割竹形木棺が有ったようで、他に内向花紋鏡等5面の銅鏡、玉類他が検出されている。

 先ほどのバス道をどんどん南へ行くと、「八島」のバス停の先の角に戦没者記念碑があって、崇道天王社と書かれた常夜灯が2基置かれている。ここを左(東)へ入るとすぐに池があって道を隔てて崇道天皇八嶋陵が有る、この陵は古墳ではないらしい。崇道天皇は即位した天皇ではなく第49代光仁天皇の第3皇子で平安京遷都を実施した桓武天皇の同母弟の早良親王のことで、謀反計画の巻き沿いで淡路島へ島流しの途中京都府の乙訓寺で自ら断食して命を断つ。後に祟りがあったとして霊を慰めるために天皇の名称を贈り遺骨を大和に改装したと言い、その場所がここと言うことで明治18年に整備された。

 崇道天皇陵のすぐ前の道路敷内に柵があって中の水溜りに大きな石がある。八嶋陵前石室古墳で、自然石の大型天井石が4個南北7mに亘って露出している。

 もとのバス道に戻って南へ行くとすぐに右手(西)の田の中、といっても住宅が迫っているが「帯解狐塚古墳」が見える。後期(6世紀後半)の古墳で横穴式石室が開口しており後部も崩れている。1959年の調査で須恵器、土師器、鉄鏃、馬具類と鉄釘が出土し、木棺が使用されていたことが分かった。
左:田圃の中を行く、以前は本当に田圃の真中にあった。左:開口部、奥壁側から
e0080110_2017328.jpg


 バス道に戻ると「円照寺」バス停があって円照寺の入り口がある。進入禁止であるがどんどん入って行くと、かなり歩いたところで山門に至る。一般の人は入れない。この右手の山へ昇る小道を入って突き抜けると池に出る。龍王池でここの道を左(東)へ行くと五ツ塚古墳に着く。後期の群集墳で東西にきれいに5つ小円墳が並んでいる。真ん中の3基は各々4m強四方、高さ2.5m~2.8mの横穴式石室が南に向かって開口していたが今は土砂で埋まってしまっている。
向こうから1号~3号、続いて4号、5号墳がある
e0080110_20191744.jpg


 次の古墳へは少し距離があるので県道の「下山」からバスに乗る、その前に下山の交差点の南東に小高い岡があってお稲荷さんがある。これがベンショ塚古墳で、前方部は破壊されているが中期後半の周濠を持つ全長約70m、後円部径25m、高さ5mの前方後円墳である。

 「下山」からバスに乗ると10分くらいで「高樋中町」に着く。高樋町弁天塚古墳の開口部は比較的大きく開いていて中に入りやすい。後期の円墳であるが削り取られていて大きさは不明、横穴式石室は4.1m×2.5m、羨道長4.2m。敷地は丘の上にあるレストラン「粟、清澄の里」の所有地なので心して見学したい。
左:奥壁、右:奥壁より羨道部を見る、下:墳丘進入路
e0080110_20204342.jpg

e0080110_20211328.jpg


 さっきのバス道を戻って柳茶屋へ出る、ここを左(西)へ行き精華学院前をそのまま広いバス道を西へ行くと、すぐに左手に栗塚古墳がある。後円部の一部が削り取られているが回りを歩いてみると、前方部はかなり低いが前方後円墳であることが分かる。このあたりでは珍しく全長約100m、径50m、高さ5mとかなり大きな規模を持つが詳細は不明。栗塚古墳の西南に割塚古墳が見える、周りが削られていて方墳に見えるが径約30m、高さ3mの円墳と言うことである。いずれも中期の古墳。

 先ほどの精華学院に戻って左手(北西)に入る。左手に池を見て暫く行くと住宅地があるのでその中の道を左へ行く。道はすぐ細くなって竹やぶの中を行くと黄金塚古墳に出る。榛原石といわれるレンガ状の割石を積み上げた磚槨式石室を持つ古墳で陵墓参考地になっていた中に入れない。終末期の古墳で一辺26mの方墳、玄室長3.0m、幅3.3mと横長で、高さ2.6m。羨道長9.6m、巾1.6m。『日本書紀』の編纂にかかわった舎人親王の墓といわれている。以前この前の道を拡幅する計画があって、宮内庁が皇室の先祖の墓として管理する陵墓を一部提供するかどうかの判断材料とするため、拝所の前の部分を調査したところ人頭大の敷石が検出された。このため御陵の一部であるとして用地提供は拒否された経緯がある。今回訪問したところ周囲の空堀が発掘調査されていた。近いうちに説明会があるという、期待したい。
e0080110_20242011.jpg


 帰りは「山村」のバス停で解散し各々近鉄・JR奈良駅まで帰った。
by yumeoijyuku | 2009-02-21 20:38 | 古墳めぐり案内

弥生から古墳へ

2008池上曽根史跡公園協会歴史フォーラム
弥生から古墳へ-古墳時代はいつから始まったのか-

池上曽根弥生学習館で表記のフォーラムで4回に亘って先生方の講演があって、最後の2月15日の午後には4先生に加えて弥生文化博物館の金関館長がコーディネーターとなってフォーラムのしめくくりがあった。
e0080110_22412651.jpg

e0080110_22401912.jpg

左から石野先生(兵庫県立考古博物館館長)、岸本先生(大阪市立大学大学院準教授)、白石先生(大阪府立近つ飛鳥博物館館長、奈良大教授)、光谷先生(総合地球環境学研究所客員教授)、金関先生(大阪府立弥生文化館館長)
e0080110_2241138.jpg

e0080110_2242448.jpg


以下は各先生の発言を元に朱雀が感じたままをまとめたものである。

主な論点①古墳時代はいつから始まったのか

石野先生:纏向型前方後円墳が拡散するときからである。円丘に突出部をもつ100m近い大型古墳で同じような古墳は千葉県の神門古墳群、福岡市那珂古墳等全国に30ヶ所ある。箸中古墳(箸墓)の築造は墳頂部や周辺部の土器から280年頃である、250年までは上がらない。

岸本先生:箸墓古墳からである。吉備の盾築、出雲の四角突出型などそれぞれのブロック化と同様に近畿もそれだけでまとまっていた。箸墓になると地域内のものではなく全国的である。箸墓は卑弥呼が生前から計画していて、死亡した250年前後に造られた。

白石先生:岸本先生と同じである。纏向の古墳は祖形としてとらえる、弥生の最終段階である。三角縁神獣鏡の研究からも政治連合を象徴する前方後円墳が出現したもので、箸墓が卑弥呼の没後260年前後に後継者によって造られた。

金関先生:弥生式土器を使うか水稲耕作かで弥生の区分は異なる、文化史的時代区分は地域によって時期てきな傾斜がある。

論点②邪馬台国はどこか。

岸本先生:大和である、そしてそれは纏向である。遺跡が見つかっていないが、発掘範囲が5%にも満たず少なすぎる。

白石先生:同意。九州には大型古墳が無い。政治連合によって古墳が造られた。大和の古墳が大きく他は小さい。そしてその時代は邪馬台国の時代である。その邪馬台国は大和にあった。九州説は成立しない。また、九州勢力東遷説があるが九州の土器が大和では出ていない、首長たちが手ぶらで来たとしても大衆が生活用品を携えないことは考えられない。

石野先生:大和である、纏向には大型建物が出ていないが、細い柱でも大型建物はできる。邪馬台国は過疎地であった大和に作りやすかった。

光谷拓実先生は年輪年代法の権威で、奈文献で33年間研究され退官してから総合地球環境学研究所客員教授。年輪の暦年パターンを標準化されていて出土した木製品の実年代判定に貢献されている。
また、光谷先生は今日の午前中の講演で初発情報として、(香芝市下田東遺跡で08年4月に発見された)「コウヤマキの板で出来た縄掛け突起付きの木棺材を『年輪年代法』で鑑定した結果、西暦430+α年~449+α年頃のものであることが分かった」と発表された。
by yumeoijyuku | 2009-02-16 22:43 | 現地説明会、講演会

明日香村ダブル現説

飛鳥京跡第161次調査―外郭北部の調査―
  橿考研現地説明会 2009.2.14

飛鳥でダブル現説があるので出かけた。
橿考研の「現地説明会資料」によると
 世界遺産登録への足がかりとなる史跡指定に向け、飛鳥京の学術調査を実施しており、3年計画の初年度の調査ということであった。
 今回の調査は飛鳥京跡の外郭(中枢施設のある内郭の北にある役所群)北部を調査している。
飛鳥寺の南約100mの所を調査して掘立柱建物を検出した。この建物は調査区域の北へ延びている大きなもので、南には砂利敷きの庭があったことが分かり、儀式を行う広場とされた。これらの遺構は藤原宮へ遷る段階で埋められている。

飛鳥寺はその南の広場までが寺の範囲と考えられている。今後は飛鳥寺殿関係や飛鳥宮の北限について調査するとのことであった。

調査地、北方(上方)へ約500m行くと石神遺跡発掘現地。南方へ約300m行くと伝飛鳥板葺宮跡復元地。
e0080110_1723337.jpg


1トレンチ、上:北西方向、後方は甘樫丘。左手に東西に石式の雨落溝、その右手に掘立柱建物(白いテープ)。建物の左手(南)に儀式を行う広場の石敷がある(下の写真、後方中央に飛鳥寺)。位置関係は2階建ての住宅で判断されたい。
e0080110_1732352.jpg

e0080110_1735419.jpg


3トレンチ:以前に検出された東西方向の石組溝、幅1.8m、深さ0.8mで底の両角には石を斜めに敷き全体をていねいにU字状に仕上げていた。この溝は飛鳥川に向けて掘られている、川の向こうは甘樫丘の丘。写真後方へ延長した1トレンチ付近で3トレンチを掘ったが検出されず、途中で曲がっていると判断された。
e0080110_1743442.jpg



石神遺跡調査
奈文研現地説明会 2009.2.14

石神遺跡は漏刻台で有名な水落遺跡の東北に広がる斉明朝の7世紀中頃に造営された迎賓館とされている。飛鳥宮との間には飛鳥寺があって宮城としては分断された格好になっている。

奈文献都城発掘調査部「石神遺跡第21次調査現地説明会資料」によると

奈文研が1981年度以降調査している。今回の調査区では7世紀前半から後半にかけて8期に亘る重複遺構が検出されてる。斉明朝における饗宴施設の東限の様子がわかった。遺跡の規模は、南北約180m、東西約130mと推定され、その全容が把握できるようになった。

説明会風景、写真後方は雷丘
e0080110_179164.jpg

e0080110_17182725.jpg


右に「東限」と書かれた名札から左(北)へ柱列があってその東には遺構がまばらで、ここが東限とされた。
e0080110_17114454.jpg


「建物5」は7世紀後半、「溝5」と書かれた向こうには7世紀の土器や瓦が出土した。
e0080110_17122268.jpg

e0080110_17213485.jpg


左:昨年10月25日の発掘現場。右:今回の見学会。後方の雷丘とその手前の民家が同じ。
e0080110_17125583.jpg

by yumeoijyuku | 2009-02-16 17:34 | 現地説明会、講演会

毎日放送 ラジオウォークのお知らせ

毎年2月11日(祝)恒例の ラジオウォーク が開催されます。

今日2月5日毎日新聞によると、今年は「遷都前夜・藤原京 ラジオウォーク ~万葉人はテンヤワンヤの大騒動~」としてスタート・ゴールの藤原宮大極殿跡ら飛鳥を巡るコース約9.7kmで開催されます。昨年は26,000人参加。

ラジオ放送時間は10時30分スタート、終了予定15時35分、参加者はイヤホン付きAMラジオを聞きながらコースを勝手に歩き回ります、地域への迷惑防止のためコース外は禁止。もう第28回となっています、かつては万葉集の権威犬養孝阪大名誉教授が参加されていて万葉集吟詠も披露されていました。

今回のメンバーには企画委員・出演者として奈良大教授上野誠先生が参加されています、上野節の名調子が期待されます。

雨天決行。詳しくは毎日放送ホームページ http://www.mbs1179.com/  をご覧ください。
by yumeoijyuku | 2009-02-05 16:11 | その他