古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

奈良の古墳めぐり・・その2-9

近鉄文化サロン 現地学習 H21.1.23
  大安寺の杉山古墳から垂仁天皇陵へ 

 今日は第3木曜日の日程を23日に変更して大安寺の光仁会(癌封じ笹酒祭り)に合わせて古墳をめぐった。桜井市の吉備池の南東隅から「百済大寺」と推定される寺院金堂の基壇が見つかって、その後百済大寺跡であることが確定された。百済大寺はその後移築と共に名前も高市大寺→大官大寺→大安寺と変わって現在に至る。
『続日本紀』には光仁天皇が73歳で崩御された後、その子の桓武天皇が翌年光仁天皇所縁の大安寺で天皇の一周忌を行ったとあって、これを引き継いで「光仁会」がおこなわれている。この1月23日と6月に「癌封じ笹酒祭り」がおこなわれる。
e0080110_23127100.jpg


 朝一番の寄り道から本題の古墳めぐりに戻ろう。先ず大安寺北方の旧境内にある何面した前方後円墳杉山古墳に向かう。墳丘は一部崩れたところがあるがほぼ原形が残っている。この古墳の前方部には窯跡がある、平窯で6基確認されている。いずれの窯にも製品が残っていなかったが8世紀後半以降のもので大安寺に使用された瓦を作ったものと思われる。全長120mの前方後円墳で前方部幅、後円部径共に約80m。周濠の名残の湿地が残る。円筒埴輪片、葺石が確認されている。この古墳公園の入口扉は月、水、金は閉じられていて入れないが今日は鍵を開けてもらった。
e0080110_23124844.jpg


 大安寺バス停へ戻る途中の北側に「墓山古墳」がある。全長約80mの前方後円墳で周濠も有ったらしいが今は墓地になっていて古墳自体形状をとどめていない。
大安寺のバス停から南に行くと桂木団地の入口となるがここを左(東)に入りすぐのところに野神古墳がある。5世紀後半から6世紀にかけての頃の古墳で、墳丘が相当破壊されているが前方後円墳の可能性もある、竪穴式石室には阿蘇ピンク石を使用した刳抜式家型石棺が残っている。

 次はいよいよ垂仁天皇陵へ向かう。一旦JR奈良駅まで戻り「学園前駅」行きに乗って近鉄「尼辻駅前」で降りる。近鉄「尼ヶ辻」駅を西に越えてから南へ「歴史の道」を行くと垂仁天皇菅原伏見東陵(宝来山古墳)となる。全長227m、前方長118m、後円部径123m。美しい姿は近鉄電車からも良く見えていて朝夕電車から眺めている人も多い。
e0080110_2313264.jpg

垂仁天皇は天理市に御陵がある崇神天皇の子で、景行天皇の父に当たる。また皇后の日葉酢媛は佐紀陵山古墳に比定されている。日葉酢媛が亡くなり葬るに際して殉死の習慣を止めるために野見宿禰の発案で初めて埴輪を用いたとされる、ただし日本の古墳からは殉死が行われた形跡は認められていない。

次は今日の最終目的地「富雄丸山古墳」に向かう。近鉄「尼辻」の先ほど渡った踏切の道を西に向かう、道なりに西南の方向にどんどん2kmほど行くと「第二阪奈道路」に突き当たるのでその手前の側道を左(西)へ行く、さらに1.5kmほど行って富雄川を渡ったあたりで左手を見るとアンテナ塔があってその向こうに小山がある。これが富雄丸山古墳で、西側は奈良市の西部生涯スポーツセンターの球戯場、テニスコートになっている。田の畔を行くとバス道にでるので右手に行って林の間にある墳丘への階段を上ると一周できる。古墳上へは登れない。周りを擁壁と金網に囲まれて保存されているが径86mとかなり大型の円墳である。

 京都国立博物館に「富雄村丸山古墳出土」とされる銅鏡4面、有鉤銅釧1、合子2、鍬形石2などが収蔵されているが、近くに同じように呼ばれる古墳が有ってどちらのものか判別できていなかった。1972年に宅地開発に先立って調査が行われて遺物の中に鍬形石片が見つかった、これは鍬先部の破片で京都国立博物館所蔵の鍬形石の欠けた部分に合わせるとピタリ一致した、これによって他の遺物の出土地が確定した。一片3cmほどの小さな断片が大きな成果を挙げることとなった。

 本日の古墳めぐりはここで終了となる。すぐ下にバス停があるので帰りはバスで近鉄富雄駅へ帰るとよい。

「若草台中央」バス停、後は富雄丸山古墳
e0080110_23143090.jpg

by yumeoijyuku | 2009-01-24 23:17 | 古墳めぐり案内

今城塚石棺複製体験

今日21日に高槻市で公園整備中の継体天皇を葬った古墳とされる今城塚古墳横の空き地で石棺の復元体験作業会があった。もう仕上げの段階であるが、始めて参加した。
 6世紀前半の前方後円墳今城塚古墳の横穴式石室には①阿蘇溶結凝灰岩(阿蘇ピンク石)、②二上山白石、③竜山石の3種で作られた石棺が収められていたことが分かっている。(98.4.4毎日新聞)。その後の発掘調査でも原形を留めないが、石棺に使用された石材が発掘されている。そこで教育委員会はこの3種の凝灰岩を入手して石棺を作っている。形はよく分からないのでよく似た古墳のものを参考にしている。今までも折々に市民が参加して作り上げてきて最終段階になっている。完成すれば展示される予定。今城塚最新の発掘情報はこのブログ「朱雀の夢ものがたり」2007.03.04参照。

先ず市立埋蔵文化財調査センターの宮崎康雄主査から説明を受けた。宮崎さんは今城塚発掘調査ではおなじみの方である。
e0080110_20323153.jpg

作業内容の説明。刳抜式家型石棺の蓋
e0080110_203693.jpg


実際に発掘された阿蘇ピンク石(‘07.1.31採集)、上の写真で宮崎さんが持っている石。仕上げた平面が観察できる。
e0080110_2037416.jpg



作業中、今日は阿蘇ピンク石製のものの仕上げ直前作業、左:刳抜式家型石棺の胴、右:蓋
e0080110_20375029.jpg


二上山白石製組合式石棺、既に完成されている
e0080110_2039270.jpg


竜山石製刳抜式家型石棺、これも既に完成されている
e0080110_20393435.jpg


感想:凝灰岩を触ったのは初めてだったが思っていたよりは柔らかい感じだった。使った工具(金鎚)は先が直線状になった合金「タンガロイ」製ということで硬く、よく力が集中されるようになっている。古代の人たちはどんな道具を使っていたのかは知らないが、今日のものはあまり力を入れると石がごっそり欠いてしまいそうだった。「石を欠いたら自己責任で直してもらう」と脅かされたが・・・。古代でも仕上げ段階では慎重な作業が続いたと思われる。
奈良大通信の学友と参加したが、高槻市在住のOさんも来られていた。
by yumeoijyuku | 2009-01-21 21:01 | 現地説明会、講演会

朝の散歩・・・アオサギ

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお付き合い願います。

今日の散歩は久しぶりにカメラを持って出かけたので、これも久しぶりにブログにUPした。昨日アオサギを見かけたので撮影するためだった。

その池へ行く途中に桜が咲いていた、確かに桜の木なので緋寒桜と思われる。
e0080110_14381739.jpg

e0080110_14384978.jpg


その先の「御所が池」のほとりにアオサギがいた。今日は小屋の屋根にとまって水面を見ていた。色が白いが冬用か。
e0080110_14392095.jpg


カルガモが番いで仲良く泳いで、時々もぐっていた。
e0080110_14394612.jpg

by yumeoijyuku | 2009-01-04 14:41 | 散歩