古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

飛鳥を歩く

今日は橿考研の友史会の遺跡見学会「飛鳥を歩く」に参加した。その前に奈良教育大学構内で発掘された新薬師寺の金堂跡とされる遺跡の現地に行った。説明は10時からなので、明日香に行けなくなるので現地確認だけしに行って飛鳥にまわった。

遺構の位置:構内図の左上、北西角で附属小学校の裏になる、外にはもちろん新薬師寺がある。
e0080110_23213968.jpg


現地を垣間見た
e0080110_23222668.jpg



「飛鳥を歩く」は近鉄橿原神宮前に集合して、一路甘樫丘を目指した。
ご案内は、橿考研附属博物館学芸員山田隆文先生
e0080110_2350448.jpg


甘樫丘山頂展望台から南東、明日香村中心部
e0080110_23235630.jpg


降りて水落遺跡で昼食。石神遺跡で発掘調査が行われていた。ここらではどこかで発掘が行われている。後は甘樫丘。
e0080110_23245225.jpg


飛鳥寺を経由して飛鳥京跡へ、ただし今日は板葺宮跡の復元地では韓流ドラマのロケ中ということで近寄れなかった。休日ぐらい撮影を休めないものか!

飛鳥京跡の説明
e0080110_23284390.jpg


上の写真のすぐ後ろの場所の2006年3月第155次調査の現地説明、同じ民家が写っている。
e0080110_23304640.jpg

e0080110_2330117.jpg


エビノコ大殿を経て川原寺へ。

橘寺前の歌碑
e0080110_23334580.jpg


天武・持統天皇陵から鬼の俎板・雪隠へ
鬼の雪隠付近の歌碑、いずれも故・犬養孝先生の筆
e0080110_23341971.jpg


梅山古墳で解散、飛鳥駅から帰った。
by yumeoijyuku | 2008-10-25 23:42 | 現地説明会、講演会

奥伊勢フォレストピア

母親の実家、お姉さん夫婦が住んでいる三重県大台町へ2泊3日で行って「宮川山荘」に宿泊した。三重県伊勢市で伊勢湾に流れ込む宮川の上流にあって、宮川村のときにできた。村は今は大台町と合併している。
 森林に囲まれた静かな環境の中にある宿泊施設である。料金も格安で、気の利いたホテル並みの部屋で、ここの売りは夕食で
 「採れたての香草を籠いっぱいにたずさえて、天使がテーブルに舞い降りる。地元で育った特産品や香草が 素朴だけどお洒落な料理に変身。ワインを片手に、でもきどらないディナーをどうぞ」とある。
 自然の中に、コテージ、テニスコート、わんぱく広場、陶芸工房、せせらぎ遊泳場、温泉がある「奥伊勢フォレストピア」の一角にあるメイン施設。料金は格安で一泊2食で一人12,600円ポッキリ。

宮川山荘
e0080110_2171373.jpg


右:宮川産鮎といろいろな野菜のサラダ仕立て。箸もチャンと付いている
e0080110_218226.jpg


左:ジャガイモトポワローのスープ、右:三重県産白身魚のポワレ ソース カフェドパリ
e0080110_20594963.jpg


左:和牛ロースと伊勢赤鶏のポワレ ヴィネグレット風味 ワサビのソース添え、季節のサラダ、右:本日の自家製デザート盛り合わせ
e0080110_2141459.jpg



コーヒーまたは紅茶 フレーバーテイ・・省略

献立は訳がわからないので、メニュー通り記載した。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2008-10-21 21:12 | その他

松阪市宝塚古墳

 母親の実家、お姉さん夫婦が住んでいる三重県大台町へ2泊3日で行ってきた、88歳と86歳の姉妹である。その帰りに松阪市にある「史跡宝塚古墳」に寄ってきた。

 この古墳は00年4月に「最大の船形埴輪出土」と発表されている。五世紀初頭の前方後円墳のくびれ部にある祭祀場の方形壇にあったもので、船は全長140㎝、幅25㎝で
ほぼ完全な形に復元され古墳時代の祭祀の形態を知るための第一級の資料と言われた。
今はその方形壇全体を復元し船の埴輪も複製が置かれている。

1号墳説明板
e0080110_2314782.jpg


方形壇と船形埴輪(方形壇の左手前にある),後方は松阪市内
e0080110_2322268.jpg


方形壇:後円部より、右方が前方部、後方は松阪市内
e0080110_2334910.jpg


2号墳
e0080110_2341362.jpg
  

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2008-10-20 23:10 | 古墳

奈良の古墳めぐり・・その2-6

近鉄文化サロン現地学習 H20.10.16

天理市北部の古墳古代豪族物部氏の古墳

 天理よろづ相談所病院の前の道を北へ突当たり、右手の細い道を入る。
その先の小学校の裏手を右手(東)に入り左、左と進み池の間を行くと突き当りが今日最初の「別所大塚(べっしょおおつか)古墳」である、全長125m。丘陵部の最西端に位置する。後円部に廻ると周濠部が畑として残っており良く観察できる。ここの後円部を回り込んだところと中学校との間の道を右(北東)へ登ってゆく。登り切ったあたりで広い道につきあたる。

 広い道を横切って右手の林に入って山道を行くと左手にブドウ畑があって、その先が「ウワナリ塚古墳」の前方部になる。左手の山道への入口に柵があってすぐに横穴式石室の羨道部が破壊開口していて中に入れる、丘陵部を利用して成形した後期古墳では大型に属する前方後円墳で、全長110m、後円部径68m、高さ16m、前方部巾80m、高さ16m。玄室は奥行き6.8m、幅3.1m、高さ4mの大きなもので、県下でも有数の大石室を持つ。羨道は3mを残して大部分は破壊しているが9mは有ったと想定されている。前方部はぶどう畑になっている。ウワナリとは後妻のことで先妻はコナミ、奈良市北方の佐紀古墳群のウワナベ古墳、コナベ古墳と同意。

 天理市の市街地からこの付近にかけては当時の大和政権の武器庫であった石上神社を支配した「物部氏」の影響が大きく、これらの大型古墳も物部氏とその一族の奥津城と推定されている。

和爾氏の故郷、檪本・和爾地区へ 
 ウワナリ塚古墳を東へ抜けて小道を左(北)へ行き、西名阪道路をくぐって、側道を左(西)へ行くと右にシャ-プ総合開発センタ-への進入道路があるのでそこを入る。この区域には28基の古墳が有ったが工場建設に伴って調査の後、2基の前方後円墳を残して破壊されてしまった。破壊された26基の古墳はそのほとんどが横穴式石室をもつ後期古墳で、径20mの大型円墳から墳丘がほとんど判らないくらい小さく1m内外の石室を持つ古墳までさまざまであるが、このうち5基の石室が総合開発センタ-入口門の手前に復元されている。

左:左手が開発センター入口」、右:移築された石室
e0080110_21363843.jpg


 先ほどの人材開発センタ-の西にある社宅の裏手に前期の前方後円墳「赤土山古墳」がある。3年前に行った時は墳丘に樹木が無く形状がよく判ったが、今回は草茫々で墳丘へは一歩も入れなかった。平成12年~13年にかけて発掘調査があり天理市教育委員会から13年12月に現地説明会があった。今まで測量図から前方後方墳と見られていたが括れ部の形状から全長110mの前方後円墳に変更された。また後円部先端に方形の造りだしが認められ、双方中円形的な要素がある。古墳時代前期末~中期初頃の特徴をもつ。 

 和爾下神社の参道左手にゲ-トボ-ル場が有りその先にこんもり木が繁った区画に「歌塚」と書かれた碑が建っている。説明板によると柿本氏の氏寺が有った所で、歌聖柿本人麿(かきのもとひとまろ)の遺骨を葬ったとある。これが本当なら6月に「山の辺の道」の歌碑を紹介した人麿は、妻を龍王山に葬ったが本人はここに眠っていることになる。

歌塚
e0080110_2138541.jpg


 和爾下神社の本殿は古墳の後円部頂いあって全長約120mの前方後円墳で前方部は両側へ撥形に開く特異な形態をしていたらしいが破壊されてしまっている。

和邇下神社の北にある天理教城法大教会の裏山に東大寺山古墳(北高塚(きたたかつか)古墳)がある。本殿の裏に案内板があって山に登る階段が有る。この奥は道が無いが「史跡東大寺山古墳」の目印に添って左手に昇ると後円部墳頂で、これより奥(北)が前方部になる。後円部から割竹型木棺を持つ粘土槨の埋葬施設が検出されている。豪華な副葬品が多数出土しているが、中に2世紀末に中国後漢末の年号が記された金象嵌(きんぞうがん)の銘文を持った花形環頭太刀(はながたかんとうたち)を含む鉄刀20、鉄剣9が検出されている。

 この古墳と赤土山古墳、シャ-プ総合開発センタ-内に散在する古墳群、和邇下神社古墳を合わせて東大寺山古墳群を構成している。天理市の北部和爾町から檪本町(いちのもとちょう)にかけては古代大和政権の一翼を担った和爾(和珥)氏の本拠地とされ、奈良市北部の佐紀古墳群と同様和爾氏一族の奥津城の可能性が高い。柿本氏も和爾氏から出た同族である。
天理教教会を出て東大寺山古墳の北へ回り込んだところ、和爾の集落への入口にあたる所に「櫟本(いちのもと)高塚公園」があって展望台から奈良平野を一望できる。

左:展望台からの眺め、右:左写真のほぼ中央に見える白い建物の向こうに、平城宮跡に建設中の大極殿の覆いが見える、その先には奈良大方面。
e0080110_21385546.jpg


 高塚公園から戻って県道の西の新池とその南のAコープとの間を入ると墓山がある、これが「櫟本(いちのもと)大塚古墳」で、墳丘全体が墓地になっており県道側を除いてあまり建物が無いのでよく目立つ。ここから南西に抜けると車の通る道に出るので左(西)へ行くとJR桜井線檪本駅にでる。
by yumeoijyuku | 2008-10-20 21:50 | 古墳めぐり案内

万葉文化館コンサート

 今日12日奈良県立万葉文化館の屋外広場「万葉のひろば」の催に行った。プログラムによると、歌、ハーモニカ演奏、ダンス等見たり聞いたり楽しそうな催しで12日,13日と2日間開催される。

 9月14日に「あすか風舞台(石舞台古墳横)」であった「万葉の歌音楽祭」で主催者の犬養万葉記念館賞を受賞した「とこおとめ 風香&裕香」さんの組が出演された。風香さんは奈良大通信生でブログ「奈良大学 スタデイ日記」で知って、今日はじめてリアル風香さんにお目にかかった。

 『天上の虹に見る愛のかたち』と題して万葉集を取り込んだ古都奈良にふさわしい歌で作詞・作曲・ヴォーカルが風香さん、編曲・ピアノが裕香さん。歌の類はコメントできる能力がありませんが、まろやかな風香さんの歌声は素直に耳に入ってきました。会場の広場には百人以上の人達が、思い思いに聞いておられた。

 内容については風香さんのブログ「とこおとめ 風香&裕香」を見ていただくことにして、会場の風景を掲載します。

最初に9月14日に大賞受賞した「花音・・cannon」さんとのコラボがあってその前の談笑
左:花音・・cannon 夏葉さん、中:風香さん、右:佑香さん
e0080110_21202947.jpg


熱唱2題
e0080110_21212093.jpg

e0080110_21215821.jpg

by yumeoijyuku | 2008-10-12 21:41 | その他

机の組立

昨日、「ニトリ高槻」で机と椅子を買ってきた。展示品のカードを持ってレジへ行くと、「持ち帰りですか」と聞かれた。「エッ、乗用車ですが・・・」と答えたが、組立キットで販売していると初めて知った。一瞬戸惑ったが乗りかかった舟なのでキットを買ってきた。
 今日3日朝から机の設置場所を片づけて、昼から組み立てた。出来上がるまで約4時間、涼しくなってきていてよかった。

左:引出ユニット部品、中:ラックユニット部品、右:ユニット組立完了
e0080110_236878.jpg


左:引出部品、右:ユニットを天板に取り付け
e0080110_2365764.jpg


左:椅子部品、右:ビス、接続タボほか
e0080110_2372954.jpg


完成,机の総重量は50Kg
e0080110_2384062.jpg


高校生の時バイトで買った机は長男が使い、卒業後は廃棄。その後机はなし、今までは夏も冬も電気こたつが机になっていた。勉強に力が入るように今になって机を買った。ガンバラなくっちゃ~~。
by yumeoijyuku | 2008-10-03 23:12 | お勉強