古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

奈良の古墳めぐり・・その2-4

近鉄文化サロン現地学習 H20.7.17
山の辺の道添いの古墳④

古代王家中興の継体天皇の皇后手白香皇女はどこに眠るのか

今日はJR長柄駅を起点に「山の辺の道」を中心に分布するおおやまとこふんぐん大和古墳群の南部を散策した。

 JR「長柄駅」の踏切を東にわたり上ツ道、さらに県道天理桜井線(国道169号線)を越えて更に東へ進むと、前方に小さなミカン山が見える「マバカ古墳」と呼ばれている前方後円墳で2002年に県道天理環状線の建設に先立って県立橿原考古学研究所が行った調査によると土器の形式、濠の状況から箸墓古墳より古く纏向の勝山、ホケノ山古墳などと同じ最古級である可能性が出てきたとしている。今回の訪問ではこの計画道路が古墳の西端をかすめて開通していた。そして、申し訳に説明板が立っていた。今来た道は古墳の前方部を横切る形で右に曲がって南へ行く、車道はすぐ左(東)へ行くが曲がらずにそのまま南へ畔道を下池山古墳のある下池に向かう。

 この古墳では竪穴式石室の検出と大型木棺が見つかっている。1995年12月大和古墳群調査委員会の発表によると、木棺はコウヤマキ材をくり抜いたもので約5m残っていた、元は6mあったと判断されている。この木棺の残骸は橿原市の奈良県立橿原考古学研究所付属博物館に展示されている。築造年代としては墳丘から出土した土器片から桜井市の箸墓古墳とほぼ同時期の3世紀末頃とみられている。
下池山古墳:西山塚古墳より、右が後方部
e0080110_21515481.jpg


 次はいよいよ今日散策する大和古墳群最大で中心的な存在の「西殿塚古墳」(手白香皇女衾田陵)に向かうが、途中の古墳も紹介しておこう。下池山古墳の南を東に行ってすぐの上池を右(南)へ回り込んで東に向かい念仏寺の前を通って、中山大塚古墳を右に見てすぐの地蔵のところをそのまま細い道を東へ行く。この墓地の道の左手が「燈籠山古墳」で、手前の前方部が墓になっていて後円部は柿園になって残っている。そのまま道を東に行けば「手白香皇女衾田陵」(西殿塚古墳)の拝所に出られる。
 手白香皇女は継体天皇の皇后で欽明天皇の母に当たる。継体天皇は6世紀初めの人なのでこの西殿塚古墳は年代が古く日本書紀に言う手白香皇女衾田陵でないことは確定的で、衾田陵は後で訪問する西山塚古墳ではないかとの説が有力である。
西殿塚古墳へ
e0080110_21405852.jpg


 この古墳の東は東殿塚古墳になる、宮内庁の管理になっていないので墳丘は果樹園に利用されている。97年に墳丘調査が行われ、船の線刻絵画が描かれた鰭つき円筒埴輪が出土した。船首と船尾がゴンドラのようにそり上がり、8本の櫂やたなびく幡などが描かれている。ほかに特殊器台形埴輪と特殊壷が一体化した朝顔形や各種の透かし穴、赤彩色などの初期埴輪が出土している。

 次は萱生支群でもあまり知られていない古墳に向かう。道路をまたいで屋根がある「萱生町作業所」の東に菅原神社が有る。入り口には鳥居が無いが階段を昇った所の右の燈籠の横の子供の背丈ほどの小さな石碑に「古墳霊供養塔」とある。本殿の右手の山が「空路宮山(くろくやま)古墳」である、土地の人に聞くと石室は戦時中に防空壕として使っていたが今は崩れてしまったとのことで石室は認められなかった。

 萱生町作業所の西が山の辺の道になる。ここを南へ行くとすぐ右手に西山塚古墳の墳丘がある。左手の池も周濠の一部と見られる。家の横をすり抜けて墳丘に登れる、墳丘は果樹園になっている。この古墳から出土した埴輪の一部が大阪府高槻市の新池窯群で焼かれたことが分かった、この窯は継体天皇の支配下にあった窯とされることから大和に葬られたとされる継体天皇の皇后・手白香皇女の衾田陵の可能性が更に強まった。衾田陵は西殿塚古墳とされているが研究者の間では6世紀前半築造とされるこの西山塚古墳をそれとする人が多い。継体天皇の御陵も実は高槻市の今城塚古墳であるとほぼ確定されており、天皇、皇后とも御陵指定が間違いであったことになる。

初期の前方後方墳が点在する萱生古墳群

 山の辺の道を(北)へ行って「みかん共同貯蔵所」を過ぎるとすぐ左手に前方後方墳「波多子塚古墳」が見えるのでこの先を左(西)へ入って古墳に行くが、ここの道端に歌碑がある。
柿本人麻呂の万葉集巻7-1088の歌である。ここにある「弓月が嶽」は①三輪山の北にある穴師山(409m)②龍王山(586m)③三輪山の東北東にある巻向山(567m)の説があって定まらないが、場所はここよりずっと南の巻向駅あたりの眺めになる。ただし、新しいものなのでここの山の辺の道沿いには大和の茶がゆ「夕月庵」があるのでその関連で碑が建てられたものと思われる。
歌碑
e0080110_21444521.jpg


 波多子塚古墳は後方部墳丘に続き前方部がだらだらした感じの果樹園になっている。周濠があったらしく痕跡が残っている。出土した埴輪や土器片の形式から4世紀はじめに築造された東殿塚古墳よりやや新しい時期に築造された前期の前方後方墳と見られている。
前方部を過ぎたあたりを西へ行くと「ヒエ塚古墳」を分断して道が通っている。左手が前方後円墳の前方部、右手(東)が後円部で、前方部と後円部裾は柿園で山頂は雑木林になっている。

 この道が突き当たる小道を左(西)に行くと左手に「ノムギ古墳」がある、前方部は削平されている。ここも2003年9月に前記マバカ古墳と同じ道路の建設に伴う調査が行われた。周濠から出土した土器(布留0式)から箸墓古墳と同じ3世紀後半頃の古墳である可能性が高いとされた。また前方後円墳と思われていたがこの調査によって前方後方墳であることが確定された。後方部をかすめて県道天理環状線が開通している
ここを西へ行くと県道の交差点の所で上ツ道に出会うので、上ツ道を南に行き朝通った朝和小学校の所で右へ行きJR長柄駅にでる。
by yumeoijyuku | 2008-07-17 21:50 | 古墳めぐり案内

関西大学博物館

関西大学博物館を訪問した

ここは常設館、縄文時代から歴史時代まで整理して展示されている。写真撮影自由、他に客に迷惑にならないようにすればストロボもOK、と言っても他の客はめったにいない。ゆっくり見られるのでかえって疲れる。
 貴重な資料がゆっくり見られる。都会から近いし、見学お勧め!!

館内
e0080110_20271365.jpg


石枕(重文)伝景行天皇陵出土。こんなものが平気で飾られている。
e0080110_20282017.jpg


石枕その2:出土地不明
e0080110_2030147.jpg


子持ち勾玉:出土地不明
e0080110_20304748.jpg


左:前漢鏡、出土地不明。右:景初三年銘画文帯神獣鏡(複製)、和泉黄金塚出土
e0080110_20312116.jpg


左:左は伝熊谷市出土、右は出土地不明。中:伝茨城県東海村出土。
右:左は鶏形埴輪、愛媛県大洲市出土。右手前は鷹形埴輪
e0080110_20315435.jpg


右上段人物埴輪胴部:右端は群馬県伊勢崎市出土、中は埼玉県熊谷市出土、左は群馬県太田市出土、その左端と下段中央は円筒埴輪
e0080110_20324137.jpg


家形埴輪(部分)大阪府誉田八幡宮出土
e0080110_20411517.jpg


車輪石奈良県櫛山古墳出土、故末永先生採集とある
e0080110_20343026.jpg


琴柱形石製品
e0080110_20361311.jpg


勾玉:隠岐島出土
e0080110_20364143.jpg


博物館入口の左には「高松塚古墳壁画」再現展示室がある
e0080110_20371237.jpg


最初は美しい壁画が有った。我々にはこの陶板でよいから何時までも綺麗なな絵を見せてほしい。
北壁の玄武(南は入口になっている。盗掘孔がある壁は外された形で置かれている。)
e0080110_20374796.jpg



東壁上部
e0080110_14123097.jpg


西壁全景
e0080110_9325394.jpg

by yumeoijyuku | 2008-07-03 20:47 | 古墳

藤原宮発掘現場

今日藤原宮に行ってきた。6月28日の新聞に出ていた奈文研の「藤原宮町道院朝庭(ちょうてい)部の調査」現場公開である。平日なのですいていて充分観察できた、ただし説明は「現場公開資料」のA3一面のみで解説は無。現地説明会は七月以降とのこと、今日はもう七月だが・・・。
調査地全景:後は天香具山、左手に大極殿跡がある
e0080110_2315753.jpg


柱穴跡:二つの穴に柱を立ててその間に幡(模擬柱が置かれている)を建てた例が韓国にある
e0080110_2322795.jpg


大和三山:左は天香具山、中央は畝傍山、右は耳成山
e0080110_2325021.jpg


持統天皇が天香具山を読んだ歌碑、藤原京跡すぐ北の池の東南隅にある
春過而 夏来良之 白妙能 衣乾有 天之香来山  孝書
 故犬養孝教授の銘がある。
e0080110_2332164.jpg


帰りに西南にある本薬師寺跡に寄った左は金堂跡、礎石が集められて置いてある。右は全景:中央が金堂跡、その手前が西塔跡、右の木が茂っているのが東塔跡
e0080110_2334675.jpg

by yumeoijyuku | 2008-07-01 23:10 | 現地説明会、講演会