古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

カテゴリ:その他( 41 )

鳴門で休養

10月30日から11月2日にかけて鳴門を拠点に古墳めぐりと上さん孝行をしてきた。
鳴門市内の拠点から。朝6時5分、内海の海岸は徳島県立公園になっている(中央の道路から左の部分)。
e0080110_22562421.jpg


阿波市土成丸山古墳は直径40mの円墳、高さ6.5mで徳島県最大の規模を持つ。最近発掘調査がされていたと聞いたが、昨年訪問した時と変化は見られなかった。

中:墳丘、右:周濠跡がよくわかる
e0080110_2257742.jpg


阿波市穴薬師古墳、封土は無く、横穴式石室だけ残っている。玄室長約7m、幅1.75m、羨道幅1.5m。古くから開口しており、玄室は改造されているらしい。
説明板と羨門
e0080110_22574477.jpg


玄室と羨道部
e0080110_2325070.jpg


11月1日は徳島市街から30分程度の道のりで行ける、県立神山森林公園に出かけた。
案内図
e0080110_2332862.jpg


さすが森林公園、タヌキも散歩している。岩肌は阿波の古墳の石室にも多用されている緑泥片岩が露出している。大和の吉野川沿いにも沢山産出する。明日香村のカズマヤマ古墳にも使用されていた。
e0080110_2341039.jpg


2日の朝、公園に出てみると凧を持った人たちが集まってきていた。
e0080110_234351.jpg


帰りは坂出で讃岐うどんの昼食。瀬戸大橋経由で倉敷市の義兄宅に寄って、土産を沢山もらって帰った。

(写真はクリックすると拡大します)
by yumeoijyuku | 2008-11-03 23:11 | その他

奥伊勢フォレストピア

母親の実家、お姉さん夫婦が住んでいる三重県大台町へ2泊3日で行って「宮川山荘」に宿泊した。三重県伊勢市で伊勢湾に流れ込む宮川の上流にあって、宮川村のときにできた。村は今は大台町と合併している。
 森林に囲まれた静かな環境の中にある宿泊施設である。料金も格安で、気の利いたホテル並みの部屋で、ここの売りは夕食で
 「採れたての香草を籠いっぱいにたずさえて、天使がテーブルに舞い降りる。地元で育った特産品や香草が 素朴だけどお洒落な料理に変身。ワインを片手に、でもきどらないディナーをどうぞ」とある。
 自然の中に、コテージ、テニスコート、わんぱく広場、陶芸工房、せせらぎ遊泳場、温泉がある「奥伊勢フォレストピア」の一角にあるメイン施設。料金は格安で一泊2食で一人12,600円ポッキリ。

宮川山荘
e0080110_2171373.jpg


右:宮川産鮎といろいろな野菜のサラダ仕立て。箸もチャンと付いている
e0080110_218226.jpg


左:ジャガイモトポワローのスープ、右:三重県産白身魚のポワレ ソース カフェドパリ
e0080110_20594963.jpg


左:和牛ロースと伊勢赤鶏のポワレ ヴィネグレット風味 ワサビのソース添え、季節のサラダ、右:本日の自家製デザート盛り合わせ
e0080110_2141459.jpg



コーヒーまたは紅茶 フレーバーテイ・・省略

献立は訳がわからないので、メニュー通り記載した。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2008-10-21 21:12 | その他

万葉文化館コンサート

 今日12日奈良県立万葉文化館の屋外広場「万葉のひろば」の催に行った。プログラムによると、歌、ハーモニカ演奏、ダンス等見たり聞いたり楽しそうな催しで12日,13日と2日間開催される。

 9月14日に「あすか風舞台(石舞台古墳横)」であった「万葉の歌音楽祭」で主催者の犬養万葉記念館賞を受賞した「とこおとめ 風香&裕香」さんの組が出演された。風香さんは奈良大通信生でブログ「奈良大学 スタデイ日記」で知って、今日はじめてリアル風香さんにお目にかかった。

 『天上の虹に見る愛のかたち』と題して万葉集を取り込んだ古都奈良にふさわしい歌で作詞・作曲・ヴォーカルが風香さん、編曲・ピアノが裕香さん。歌の類はコメントできる能力がありませんが、まろやかな風香さんの歌声は素直に耳に入ってきました。会場の広場には百人以上の人達が、思い思いに聞いておられた。

 内容については風香さんのブログ「とこおとめ 風香&裕香」を見ていただくことにして、会場の風景を掲載します。

最初に9月14日に大賞受賞した「花音・・cannon」さんとのコラボがあってその前の談笑
左:花音・・cannon 夏葉さん、中:風香さん、右:佑香さん
e0080110_21202947.jpg


熱唱2題
e0080110_21212093.jpg

e0080110_21215821.jpg

by yumeoijyuku | 2008-10-12 21:41 | その他

朝の散歩・・・黄金がスクスク

台風もなく220日も過ぎて、瑞穂の国の宝が順調に育っている。
e0080110_2381481.jpg


コンクールをやっているようにとりどりの雀脅しがある
左:小学校の演習用田、中:横糸を張っている,右:黒いビニールを巻きつけている
e0080110_2391390.jpg


左:霞網を立てている、右:きれいなペットボトル
e0080110_23105844.jpg


左:案山子らしい、中:マンションでよく見る目玉、右:下から上までスッポリ
e0080110_23113266.jpg


左:6月に工事中だった家が、右:出来上がって、次の家が新築中
e0080110_23115226.jpg

by yumeoijyuku | 2008-09-15 23:12 | その他

伊勢志摩

伊勢志摩に行った。2泊3日で移動は往き帰りのみ。宿舎にこもってオリンピックの応援、何しに行ったんヤア!

夜の楽しみといってもわずか5分程度。スペイン村の花火
e0080110_21164818.jpg


帰りは伊勢神宮の「おはらい町通り」てこね寿司の「すし久」で昼食。皇大神宮側から通りに入って中ほどの右手(五十鈴川側)にある。
e0080110_21172348.jpg


左:海老フライ定食(1,580円)。右:夏のおすすめ膳=てこね寿司小盛桶と冷やし鴨そうめん。(1,650円)
e0080110_2117572.jpg

e0080110_2120461.jpg

by yumeoijyuku | 2008-08-19 21:26 | その他

我が家の庭で・・・

アゲハ蝶御乱交

今日夕方、庭でアゲハ蝶が2匹遊んでいた。珍しかったので写真に収めた。
e0080110_20152024.jpg

e0080110_20153912.jpg


終わって一休み、羽根がだいぶダメージを受けている
e0080110_20155556.jpg

by yumeoijyuku | 2008-06-30 20:30 | その他

朝の散歩・・田植え・・その後

田植えの後、苗が育っている.家が新築されていた
e0080110_2172420.jpg


カラスが成長を監視している
e0080110_21101828.jpg


この鳥の名前がわからない、スズメでないと思うが大きさは同じくらい。わかる方はコメントを入れてください。
e0080110_2111666.jpg

by yumeoijyuku | 2008-06-28 21:14 | その他

朝の散歩・・田植え

 ここ京阪間の田圃も田植えのシーズンになった、と言っても耕運機で植えてしまうので「早乙女」はいない。今植えて10月中~下旬に稲刈となる。

横を通るのはJR京都線
e0080110_21514424.jpg


ここは住宅地に囲まれている
e0080110_21533669.jpg


アオサギが監督していた
e0080110_2155497.jpg


こちらはセグロセキレイ
e0080110_21593767.jpg

by yumeoijyuku | 2008-06-06 22:01 | その他

天王山

天下分け目の天王山登頂

昨日12日に近くの天王山に登った。あの秀吉・光秀「天下分け目の天王山」である。子供が小さい頃登っているはずだが、全然記憶に残っていなかった。


JR山崎駅すぐ京都寄りの踏切が出発点になる。観光案内図に「現在地」と表示されている。登山道は案内が整備されていて、まず迷うことはない。

e0080110_20335059.jpg


途中に山崎合戦を解説した「秀吉の道」の表示板がある:①本能寺の変。このパネルはアサヒビール「大山崎山荘」横を抜けるルートにある。
e0080110_20363956.jpg


② 秀吉の中国大返し
e0080110_20372548.jpg


③頼みの諸将来らず
e0080110_20374512.jpg



④天下分け目の天王山
e0080110_20381948.jpg


⑤明智光秀の最後
e0080110_20383981.jpg


⑥秀吉の「天下人への道」はここからはじまった
e0080110_2039546.jpg



コース唯一の展望ポイント、デッキが「旗立松」の所に設置されている。手前は名神大山崎IC
e0080110_2040294.jpg


e0080110_20403840.jpg


山頂、標高270.4m。山頂の広場は山城の基礎が残っている。
e0080110_2041231.jpg


所要時間は、上り1時間強、下り30分程度。

写真はクリックすると拡大します。
by yumeoijyuku | 2008-05-13 20:51 | その他

浜名湖訪問

母親を連れて浜名湖へ行ってきた。1年に一回有るか無いかのことである。
先ず、弟に会うため松阪に寄った。松阪へは新名神ができてかなり早く行けるようになった。

高速伊勢自動車道の松阪IC近くの「松阪農業公園ベルファーム」で落ち合った
e0080110_2253387.jpg


途中岡崎城に寄った。岡崎城と龍城神社。内堀にいた鵜
e0080110_22541199.jpg


浜名湖の旅館の部屋からの眺め:180度パノラマ。右手の観覧車は「浜名湖パラパラ」・・・朝のうちは雨だったが出かけると止んで傘はいらなかった。
e0080110_22543497.jpg


H16年4月~10月に開催された「浜名湖花博会場」跡の浜名湖ガーデンパーク。
会場の一部を高さ50mの展望塔から見る。
e0080110_2255867.jpg


ついでに、抜け目なく古墳を見に行った。浜松市浜北区にある「赤門上古墳」、三角縁神獣鏡を出した前方後円墳:前方部から後円部を見る。浜北市は浜松市に合併している。
e0080110_22563519.jpg

by yumeoijyuku | 2008-04-14 23:11 | その他