古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

カテゴリ:その他( 41 )

2015-03-13トワイライト・最終ラン

 札幌ー大阪トワイライトエクスプレスが最終運行となった。??年前に大阪→札幌間で利用したことが懐かしくて、UPしました。
 当時友達が大阪駅の助役をしていたので、出発まで駅の貴賓室で待たしてもらったのもいい思い出になりました、駅の建て替えでそれも無くなっていることと思う。

昼の発車だったので早速弁当を広げた。これは友達が差し入れしてくれた、豪華弁当でした。
e0080110_19171984.jpg

左:展望車。中:個室のキーカード、右:スタンド

e0080110_19181295.jpg

左:車窓から「洞爺駅」、中:当時の機関車。右:昨日3月13日、札幌からのラストランの機関車、自宅から200m程のところを通る。

<<写真はクリックすると拡大します>>
by yumeoijyuku | 2015-03-14 19:46 | その他

伊勢神宮参拝 

伊勢神宮参拝

 事情が有って神社への参拝ができなかったので、今回改めて遷宮後の伊勢神宮参拝した。

 前日には亡き母が育ち、朱雀も小4まで過ごした母の実家で健在の伯母さん夫婦の家によって、その晩は伊勢志摩の隠れ家に入った。

◎ 参拝の朝、的矢湾の先の太平洋に登る「日の出」に合わせて早起きした。
ベランダからの日の出。東からやや南にふれた方向、太平洋に昇る朝日。 
e0080110_22473366.jpg

左:6時39分、中:6時40分、右:同左、画面左は伊勢志摩ロイヤルホテル、右手に的矢湾、ホテルとの間には鳥羽~鵜方「パールロード奥志摩ライン」が通る。ここを右手に行って徒歩約15分ほどで「志摩スペイン村」に行ける。毎年4月にはハーフマラソンが行われて選手、応援者でごったがえる。以前行われた様子は「朱雀の夢ものがたり・2009.4.20」参照。

◎ 伊勢神宮内宮参拝
e0080110_22502213.jpg

左:大鳥居と宇治橋、右:この「板垣南御門」を入って「外玉垣南御門」で参拝する、この右に旧社殿敷地がある。
宇治橋の架け替え工事については「朱雀の夢ものがたり・2012.6.14・15」参照。

宮内摂社
e0080110_22533391.jpg

左:荒祭宮(あらまつりのみや)、右:風日祈宮(かざひのみのみや)摂社ほか遷宮工事がつづく。

◎ 外宮参拝
e0080110_2293061.jpg

左:第一鳥居、火除橋のところにある。中:板垣南御門、ここを入って外玉垣南御門で参拝する。
右:向かって右手の旧社殿用地から。

宮内摂社
e0080110_22544475.jpg

左:風宮(かぜのみや)、中:多賀宮(たかのみや)への階段、外宮一番の摂社であるが、今回は遠慮させてもらった。右:外宮入口の火除橋にある説明版。

<写真はクリックすると拡大します>

◎ 古墳案内掲載日の一覧表(目次)を2013.7.5に作成しています、該当日付の記事をご覧下さい。
◎ 朱雀の「隠れ家」を売りに出しています。興味のある方は、ネットで「東急リゾート30623」を検索してください。
by yumeoijyuku | 2014-12-01 16:41 | その他

万葉歌うたいびと:風香さん

第二回忍阪街道まつり・万葉歌ミニコンサート 文に麗はし・・あやにうるぐはし

奈良県桜井市忍阪地区の皆さんが造りだす、記紀・万葉故地 忍阪で催された「忍阪街道まつり」で公演

”~万葉歌~ 万葉歌い人 風香 with 結” で我らの風香さん熱演。平成24年第十回万葉の歌音楽祭大賞受賞曲「泊瀬川」はじめ万葉集をイメージした歌を披露された。

高円山石位寺境内礼拝堂での公演
e0080110_2283260.jpg

左:高円山石井寺の碑。中:先に琴の演奏。右:礼拝堂の奥にある白鳳時代の石造浮彫「伝 薬師三尊石仏」重文が聞き入っていた。

風香さんの 熱演1
e0080110_229831.jpg


熱演2
e0080110_2213849.jpg


フィナーレ
e0080110_22135056.jpg


万葉の山々
e0080110_22141753.jpg

左:音羽山。中:倉橋溜池の堤。右:三輪山(左手に見える奥の山)。

追伸:風香さんは奈良大学通信教育部文化財歴史学科の単位を修得されて、今年度末卒業予定・・おめでとうございます。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2013-11-10 22:45 | その他

皇大神宮遷御 2013.10.02  

伊勢・皇大神宮では10月2日の夜に新しい宮への「遷御」が行われたのを機に以前に参拝したときの「遷宮準備」の記録を採録した。

お木曳:地元の旧神領の人々が工事の初期に用材を運搬する行事、領民の参加は他に新社完成目前の「お白石持ち」がある。(2006.5.5撮影)
e0080110_2234750.jpg


宇治橋架け替え(2009.4.18撮影)
e0080110_22344066.jpg


新宇治橋(2012.6.15)
e0080110_2235882.jpg


案内図と奉加の御願い
e0080110_22353468.jpg


「お白石持ち」については8月13日のブログを参照してください。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2013-10-03 23:09 | その他

伊勢神宮参拝

伊勢神宮お白石持行事 2013.08.09

「第62回神宮式年遷宮遷御の儀」は皇大神宮(内宮)10月2日午後8時、豊受大神宮(外宮)10月5日午後8時から行われる。
 神宮式年遷宮の新お社に玉石を敷く行事は「お白石持」と言われ、伊勢市民に許された奉仕で特権でもあった。今回の遷宮からは、全国の神宮崇敬者も一日神領民として参加できるようになったという。
 内宮では7月末から盆までの間の11日間かけて行われる。

おはらい町を内宮に向かって、白石の入った樽を乗せた「奉曳車」を信者が奉曳する
e0080110_2147314.jpg

左:樽に入ったお白石を乗せた奉曳車。中、右:信者による奉曳。

e0080110_2148240.jpg

左:同上。中:内宮参道添いにお白石渡し場所がある。(左の山の方が上です、念のため)右:同左。

神領民は新社内にお白石を持って入って直接収めることができる。一般の信者が垣内に入れるのはこのときだけである。
e0080110_2148464.jpg

左:石段の上の新社。右:新社石段の反対側にある「御贄調舎(神仏にささげる供物を整える場所)。

現社
e0080110_21502721.jpg

左:現社。右:同左御贄調舎。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2013-08-13 23:00 | その他

四国隠れ家 2012.10.31,11.01

10月31日と11月1日の日の出を撮った。

10月31日
e0080110_20562948.jpg


11月1日
e0080110_210288.jpg


11月1日は昼前に出発して帰宅した。5日間の総移動距離は車で988km,JRで47km合計1,035kmでした。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-11-06 21:11 | その他

四国・四万十川散策 2012.10.30  

四万十川散策2日目。今日は宿泊した「十和(とおわ)温泉」からの出発となる。

e0080110_22512985.jpg

部屋からの眺め。左:四万十川上流(東北東)方向。右:下流方向、十川大橋。

近くの農協給油所でガソリン満タンにして出発。
e0080110_22492923.jpg

左:十和(とおわ)温泉、右手は昨日乗ったJR予土線、後方向にJR「十川駅」さらに「窪川駅」がある。中:道の駅「とおわ」裏手の眺め、下流方向。右:ここから河原に降りられる。

e0080110_22523062.jpg

河原からの景色3題

e0080110_22552563.jpg

新谷橋(茅吹手(かやぶくて)沈下橋)。左:橋へはここを左へ下りる、上流(窪川)側から見たところ。中:同左進入口。右:進入口すぐの左手にある説明板。

e0080110_22561199.jpg

左:道の右は山が迫り、落石が多い。中:進入道路から望む。右:橋①。

e0080110_2301980.jpg

左:橋②国道側から。中:橋③国道側を見る。右:川の水は透き通っている。

e0080110_2335919.jpg

向山(むかいやま)橋(上岡沈下橋)、国道の上岡橋(下の写真)から。

e0080110_2353240.jpg

左:国道の上岡橋、沈下橋が見える。右:同左上岡橋、上流から。

以降、窪川を経て一路高知自動車道、高松自動車道を経て鳴門へ帰還。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-11-05 23:07 | その他

四国・四万十川散策 2012.10.28

毎年この時期に鳴門の隠れ家を基地にして四国をフラついている。今回のメインは四万十川散策。
鳴門から徳島自動車道を通りマズ吉野川SAで休憩。
e0080110_22473578.jpg

SAから吉野川上流。左:右岸井川変電所方向。中:吉野川左岸。右:マンホール。

高知道を一路南へ、高知を過ぎて終点の須崎でおりて窪川駅に向かう。途中高知道延長区間の未開通区間を通る。窪川駅は土讃線から分岐して愛媛県宇和島へ向かう予土線の出発駅。この予土線は途中四万十川と並行、交差しながら西へ進む。窪川駅の駐車場は数台分あって利用申し込み書に記入すれば無料で駐車させてもらえた。
e0080110_2302067.jpg

窪川駅。左:駅正面。中:左は「特急あしずり」高知~窪川・中村を結ぶ。右は四万十川と別れる江川崎まで乗車するジーゼル車宇和島行き。右:同左車内、1両編成+トロッコ、乗客は7名。

途中土佐大正駅から江川崎駅まで後部のトロッコ車両が解放される。有料で指定座席券510円必要。
e0080110_22484688.jpg

左:トロッコ車両、吹き曝しなのでこの季節は寒い。中:途中の沈下橋。右:四万十川の流れ。

e0080110_22492264.jpg

左:四万十川の流れ。中:手前の橋の向に第2三島橋(沈下橋)。右:その西(右岸側)に第1三島橋(沈下橋)。この沈下橋の間の奥(上流側)に四万十川最大の三島中州があって水田が広がっている。

e0080110_2345123.jpg

左・中:四万十川の流れ。右:同左、棚田状の水田が広がる。

e0080110_22511099.jpg

左:山の景色も堪能できる。中:十川駅を過ぎるとすぐに今宵泊まる「十和温泉が見えた。右:四万十川の流れ。

e0080110_2252590.jpg

左:間もなく江川崎駅。中2枚:乗ってきたトロッコ車両、屋根のない(無蓋)貨車を改造している。右:江川崎駅。

この後折り返して窪川まで引き返し、車で先ほどの十和温泉宿に行った。もう十年ほど前に四万十川を訪れた時と同じ旅館であった。その時は親戚と一緒にきて後について行ったので旅館の名前を覚えていなかったが、パンフの写真でもしも・・と思っていたが偶然同じ旅館だった。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-11-03 23:07 | その他

奈良大通信生関係者<夜の勝手な集い>

 29日の「桜井市脇本遺跡説明会」でnagiwiさんと遭遇しました。その時久しぶりに皆さんに会いたいな、という話になり、朱雀が声掛け、nagiwiさんが場所決めの分担になりました。

 ということで奈良大通信の卒業生、在校生(朱雀もその一人です)他、希望者を募っています。<秋の夜長>といってもあまり時間は取れませんが楽しいひと時になるようにしたいと思います。

 コメントを入れておいてください。10月10日頃までに、日時・場所決定次第連絡または「朱雀の夢ものがたり」にupするつもりです。

 時期の候補:10月21日橿原考古学研究所で東野治之先生の講演がある日。
     または11月3日大和郡山市で「古事記の新たな世界」橿考研の講演会がある日で、
     夕刻より、適当な時刻まで。
 場所:これも未定。
by yumeoijyuku | 2012-10-01 16:20 | その他

伊勢志摩  2012.6.14・15

伊勢志摩訪問した。伊勢神宮は来年の遷宮を目指したて本宮の工事が続いている。と言ってもテントの中で一般人の我々にはどうなっているのかうかがい知れない。
e0080110_1522327.jpg

隠れ家からの180度展望。右手の橋の向こうは「志摩スペイン村」

e0080110_14513510.jpg

沖をゆく自動車運搬船、「EUKOR」と読める。上記写真の中央付近。

e0080110_14523490.jpg

内宮への入口、宇治橋。左:一の鳥居から。中:左とは別の擬宝珠には作者の名が刻まれている。右:中の拡大「御鑄物師 蛸路住 常保河内作」とある。別に上段には嘉永六癸丑年(1853年)六月吉祥日」と彫られている。

e0080110_1453046.jpg

2009年4月18日の工事中写真。

e0080110_1522742.jpg

新本宮建設中。左:工事はテントの中、右手は現在の本宮。中:遷宮が済むとここが拝所となる。右:説明板。

遷宮の工事他の準備は25年の9月にはほぼ終わり、10月には遷宮が行われる模様であるが日程は未定。
by yumeoijyuku | 2012-06-16 14:53 | その他