古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

向日市元稲荷古墳現地説明会

2月21日京都府向日市で元稲荷古墳の発掘調査現地説明会があった。

京都府の古墳には馴染みが無かったが近くなので、久しぶりに上さんと二人で出掛けた。
阪急京都線「西向日駅」から歩いて15分ほどの向日神社の隣の勝山公園内にある。古墳時代前期、全長92mの前方後方墳である。詳しくは「向日市元稲荷古墳」で検索されたい。
説明板
e0080110_23252733.jpg

e0080110_2325498.jpg



左:前方部、右:後方部頂、水道施設が占領している
e0080110_23173572.jpg


調査担当の向日市埋蔵文化センター 梅本康広さんの説明
e0080110_2335065.jpg


調査の結果分かったこと。現地説明会資料より

①前方部がほぼ南に向く古墳の後方部北端が検出され全長が92mであることが確定した。後方部長約51m、北辺幅約51m、南辺約49m、高約7m。前方部長約41m、前端幅約46m、高さ約3m。くびれ部幅約23m。

②桜井市箸墓古墳の約1/3の規模に相当し墳丘築造の設計企画に相互関連性があるとされ、箸墓古墳にきわめて近い時期の築造であるとされた。

③今回後方部墳丘下半の様相が判明したことで、出現期の大型前方後方墳の墳丘構造のほぼ全容が解明されたという。それは墳丘斜面に葺石、平坦面には礫敷を施して古墳全体を石で覆うもので、その石の置き方が詳しく調査された。すなわち、古墳全体がまるで「石の山」となっていて、基底平坦面の礫敷は出現期の大型古墳では初めて確認されたもの。
後方部北端の発掘現場、左:葺石と石敷、中:墳丘端、梅本さんが示しているところ、右:表土の下1/3あたりの黒い線状の層から上は最近の工事によるもの。
e0080110_23153872.jpg


④今回の調査で墳頂の祭祀に使われた土器と考えられる讃岐系二重口縁壺が初めて出土した。被葬者の讃岐地方とのかかわりが予想される。
出土した埴輪片
e0080110_23161547.jpg


⑤元稲荷古墳は箸墓古墳を頂点とする初期「倭王権」の政治秩序に従って3世紀後半に造られ、その被葬者は王権に参画しながらも政治経済的に自立した桂川流域を支配拠点に置いた有力な首長であったと考えられる、前方後方墳という墳形はそのような政治階層的立場表現したものと思われます。と資料は結んでいる。

すぐ隣の向日神社
e0080110_23182322.jpg


<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2009-02-21 23:30 | 現地説明会、講演会