古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

嵐山紅葉

秋の名残に嵐山へ紅葉狩りに行った。
先ずは『平家物語』の一節から、
平清盛の娘徳子が入内した高倉天皇に愛された小督が、清盛を恐れて身を隠してしまう。天皇は嵯峨野あたりに住むと知ると北面の武士に使いを命ずる。その使いが嵐山の亀山で聞き覚えのある「想夫憐」の琴の音を聞きつける、平家物語では「峰の嵐か松風か、たずぬる人の琴の音か、おぼつかなくは思えども、駒を早めて行くほどに、片折戸したる内に琴をぞひき澄まされける・・・」とある。その場所がこの渡月橋のあたりということで、「琴きゝ橋」があったという。

渡月橋北詰すぐ左(東)にある「琴きゝ橋」跡の碑。近くに「琴ひき茶屋」がある
e0080110_2116457.jpg


左:渡月橋北詰、右:山中は法輪寺
e0080110_21184524.jpg


ここを右へ川を上ると「やましろや」の隣に、平家物語にちなんでか「小督庵」がある。「やましろや」の奥には「小督塚」もある
e0080110_21191576.jpg


紅葉点描。下の右は落柿舎
e0080110_21205998.jpg

e0080110_21282479.jpg


トロッコ列車が通り過ぎた
e0080110_21212475.jpg


左:天竜寺前の通り、電柱があるが電線が無い・・地中化されている。中と右:この通りに面した「美空ひばり座」、入場料は1,700円
e0080110_2122052.jpg

by yumeoijyuku | 2008-11-18 21:34 | その他