古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

奈良の古墳めぐり・・その2-1

近鉄文化サロン現地学習 H20.4.17
山の辺の道添いの古墳①
大神神社から箸墓へ

「奈良の古墳めぐり」は3月で一巡し、この3年間で271基・群の古墳、古墳群、王墓を踏査した。今月からは2巡目になる。
今日は桜井市の北部「山の辺の道」を北へ大神神社から箸墓、ホケノ山、纏向の古墳を巡る。3月の「古墳めぐり」は雨のため1週間ずらしたが、今月も雨のため1週間延ばしての実施であった。しかしまたもや雨天で午後3時の解散まで断続的に雨模様が続いた。
桜井市は市街地の南部では明日香村に、西では橿原市の藤原京に接し古来大和国家の草分けから律令国家の成立までを見つめてきた地域といえる。

 大神神社は古墳にあまり関係が無いが、三輪山と共にこの地方の古代を語るとき避けて通れない。ここのご神体は三輪山そのもので正面の建物は本殿ではなく拝殿ということになる。
大神神社のすぐ北に狭井神社がある。祭神は、主祭神「大神荒魂神」。他に「大物主神」「媛踏鞴五十鈴姫命」「勢夜陀多良比売命」「事代主神」の名が挙がっている。垂仁天皇の時創建されたとある。本殿左奥には「御神水」が出る、水を飲めば諸病が免れるとされている。
 
 山の辺の道を、左に「大美和の社」入口を見て小さい坂を下ると古の小川「狭井川」を渡る。坂を上った所で「山の辺の道」と別れて左(西)へ行く。すぐに「神武天皇聖跡」の碑があるので目印になる。ここを行くと北村製麺所とある、三輪地区は三輪素麺で有名だ。突当たりを右へ、またすぐ左(西)へ行きJR桜井線の手前を右に折れる。ここの左手JRの線路との間に果樹園が見える、ここが「狐塚古墳」だ。削平されてしまっているが一片約40mの方墳と予想されている、石室の規模は全長17.3m、玄室長6m、幅2.6m、高さ3.2m。羨道長11.3m、幅2.1mで大きく県下でも有数の規模を誇る。石室の造りは明日香村の石舞台古墳に似ているので6世紀末から7世紀初めのものと思われる。石室内には、玄室奥壁に並行して凝灰岩製組合式石棺が1基、中央と入り口に2基分の破片があり、さらに羨道部には鉄釘が出土したので木棺が置かれていたと考えられる。横穴式石室でも4基も葬るのは珍しい。
  
 少し戻って集落の中を北に進むと、左手に小さな神社があって、この中に「弁天社古墳」が有る。墳丘は無く石室だけが残った感じで一見無造作に大木の根元に大きな石が置いてあるように見える。羨道部に凝灰岩を刳り抜いた家形石棺がある。石棺が覗けるところは石室奥壁の上で、玄室の石棺は無かった。

 今来た道をさらに北へ行くと集落のはずれの左手に小高い丘がある、「茅原大墓古墳」である。前方部を北に向けた前方後円墳で全長66m、後円部径56m、高さ8m。前方部は長さ10m、幅29m、高さ2mと小さく帆立貝式である。手前の池は周濠の名残といわれている。後で行く東田の4基の古墳よりは小ぶりで定型化しており時期的に下るものと見られている。埋葬施設等は不明。

 巻向川を渡ると国津神社の前へでるのでそこを左(西)へJR桜井線の踏切を渡って箸墓古墳に行くと、古墳の南の道路に出る。古墳の西手に拝所が有る。さらに北へ回りこむと周濠の名残の池が有る、今は潅漑用になっていて箸墓の美しい姿を映して景観を整えている。箸墓は全長280m、奈良県下第3の前方後円墳で後円部径157m、高さ25m。前方部幅140m高さ15mを測る。大型古墳の草分けとされており、最近の調査でその築造年代が更に遡る可能性が出てきた。
 4月から新メンバーが増えたが、雨で日程がずれたので休みの会員も多かった
e0080110_22375554.jpg

 箸墓から戻って先ほどの踏切を渡り巻向川沿いに行くと慶運寺がある、本堂のすぐ裏に「慶運寺裏山古墳」の両袖式石室が開口して残っている。墳丘は削平されて墓地になっている。寺の入り口付近には刳抜式石棺の身に仏像が彫られて残っている。

石室内、羨道は無くなっていた
e0080110_22415739.jpg

石棺のふたが利用されている
e0080110_2242458.jpg

 慶運寺から川沿いに少し戻って右(北)へ行くとすぐにホケノ山古墳がある。全長90m、後円部径60m、前方部幅40mで周濠をもつ前方後円墳。墳丘の一部に貼石が復元されあたりが公園になっている。「石囲い木槨」が発掘されて一躍有名になった。木棺を安置した木の部屋の周囲に川原石を積み上げて石囲いを作り、その上部は木材の天井、さらにその上は最終的に積石で覆う構造をしていた。
 ホケノ山古墳から道なりに北へ行く、小高い山が珠城山で3基の古墳が知られている。今日は雨なので登坂を避けて位置を確認するだけにした。1955年に今のJR桜井線巻向駅を造るに際して土を採取するときに、偶然石室の羨道部が開口して発掘調査が実施された。東の1号墳は横穴式石室が後円部に築かれ南に開口している、凝灰岩の組合せ式箱形石棺が残っており、橿考研付属博物館の庭に展示されている。古墳は纏向地区の北端に位置するが、この地区の他の古墳と比べて築造時期が明らかに新しく6世紀後半と考えられている。

纏向遺跡と4基の古墳
 西へ国道169号とJR桜井線を越えて纏向団地を過ぎて行くと纏向小学校があってこの付近に4基の古墳がある。いずれも帆立貝形の前方後円墳で古墳発生期のものとされている。
まず小学校手前に石塚古墳がある。円墳のようであるが前方後円墳であることが分かっている。全長93m、後円部径62m、前方部幅45m。実際それまでは円墳でないかと思われていたが、1971年に小学校の新築事前調査によって90mを超える帆立貝式の前方後円墳であることが判明した。1989年にも調査が行われ、前方部が三味線のバチ形に開いた全長約90mを越える前方後円墳と分かった。周濠から見つかった檜の板は年輪年代測定法で西暦175年前後と判定されて3世紀前半の築造ではないかとの見方もある。3世紀半ばとすると被葬者は大和政権に直結するとされる卑弥呼を知っていた人物とも考えられ興味が広がる。1996年12月には桜井市教育委員会の調査で石塚古墳の墳丘から出土した大量の土器によって3世紀初めに築造された日本最古の古墳と見られると発表された。

 小学校の右手(北)には勝山古墳がある。古墳の東側を除いて勝山池と呼ばれる灌漑用の池に囲まれていて周濠の名残と思われている。全長100m、後円部径60m、前方部は幅20mと極端に狭いが、最近の調査で築造時は他の古墳と同じような構造であることが分かった。

 小学校の西へ回り込むと矢塚古墳がある、矢塚古墳も一見円墳のように見えるが、古墳の南側が前方部で、くびれ状の曲線も観察できる。全長96m、後円部径64m、前方部幅40m。
e0080110_22442281.jpg


 矢塚古墳から南に「東田大塚古墳」が見える、他の3つの古墳と異なり周濠が無いのではないかと思われていたが、周濠が有る事が確認されたと平成10年3月に調査結果の発表があった。全長96m、後円部径64m、前方部幅30m。

 今まで見てきた4基の古墳はホケノ山古墳も含めていずれも90m~100mの帆立貝式の前方後円墳で前方部の縦軸長さが後円部の半径にほぼ合致し、前方部が極端に短く後円部がやや縦長の卵型をしている、前方後円墳が定型化する前の段階のもので、石塚古墳と同時期に短期的に同じ企画性の下に築造されたものと思われている。
ここの東の山麓から西へかけて約1km、南北500mに広がる区域は纏向遺跡といわれている。戦前の1937年には発掘の報告がされており「太田遺跡」として知られていたが、1971から始まった辻地区の県営住宅団地建設に先立つ調査および纏向小学校移転に伴う東田地区の調査によって古墳時代前期の遺跡が広範囲に分布していることが分かり「纏向遺跡」と呼ばれるようになった。
纏向遺跡は周辺の箸墓・渋谷向山・行燈山古墳といった古墳と時期を一にして大集落が突然現れ、また衰退している。発見された大溝も潅漑用と言うより資材運搬を目的とした運河の可能性が高い。この地域には都市としての機能が備わっており当時の日本の都であったとしてもおかしくなく、築造された大前方後円墳群とそれを築造した大王の権力と深いかかわりを持つ遺跡とされていることもうなづける。

 2007年7月27日の新聞によると。纏向遺跡の井戸から3世紀前半の木製の仮面が見つかり26日に市教育委員会が発表した。農作業用の鍬(くわ)の刃の部分を加工していたことから、豊作を願う祭祀(さいし)に使われた可能性が高いという。木製の仮面としては国内最古の出土例で、当時の信仰の様子を知る上で貴重な資料とされた。

 帰りは纏向小学校の所を東へ行き、JR桜井線「巻向駅」からとなる。巻向駅は無人で後の車両の扉は開かない。

写真をクリックすると拡大します
by yumeoijyuku | 2008-04-24 22:49 | 古墳めぐり案内