古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

韓国・栄山江流域の古墳を巡る旅参加報告4/9

2013.05.27日、木浦→羅州→潘南→霊岩郡→光州 その1


e0080110_2124274.jpg

ホテルの部屋からの眺望

e0080110_21252852.jpg

左:ホテルロビー。中:調度品。右:正面車寄せ。

8、咸平群馬山里杓山古墳
 前方後円形古墳を主墳に周囲に12基の小円墳が築造されている古墳群。掘削調査中の古墳が見学できるというので期待したが、あいにくの雨の中での見学であった。後円部頂から放射状に3本のトレンチが掘られていて、防護シートの隙間から石室材?を垣間見することができた。

e0080110_21261397.jpg

① 左:古墳説明板。中:朝から雨の中黙々と上る。右:主墳。
主墳を挟んで、12基の小円墳が確認されている。

e0080110_21295450.jpg

② 調査中、左:後円部頂にあるトレンチのシートから見えた石材、石室天井石か?。右も掘削調査箇所。

9、羅州伏岩里古墳群
 4基からなる古墳群で1号墳は直径約18m見当の円墳で幅2mほどの周濠が巡る。他の3基は不成形な方墳。1号墳には墳頂中心から西にずれて南に開口する横穴式石室があって甕棺4基が検出されている。3号墳には約20基の横穴式石室と別に20基前後の甕棺墓があった。
e0080110_21305517.jpg

① 左:説明板。中左:1号円墳、向こうに方墳。中右:1号円墳の向こうに方墳2基、右奥の3号墳には多数の甕棺が埋葬されていた。右:説明板の後方向に3号墳その右に低い4号墳。

10、国立羅州博物館
e0080110_21385219.jpg

① 左:甕棺の埋葬状態。中・右:接合部拡大。

e0080110_203448.jpg

② 左:入口と5日間お世話になったバス。中:甕棺焼成窯の地層剥ぎ取り展示。右:レストラン「羅州コムタン」にて昼食

11、羅州錦城館・・・昼の食堂の近くに有ったので見て回った。羅州牧の客舎の建物で、高麗~朝鮮時代に地方宮室として造られた。中央から来る官吏たちを両側の翼舍に泊めた。錦城館の正門である望華楼は復元されたもの。
① 
e0080110_20345638.jpg

左:解説板、客舎、軍器庫、訓練庁の文字が見える。中:囲いの塀が続く。右:説明板拡大。

e0080110_21462485.jpg

② 左:望華楼。中:太鼓楼。右:?塀に囲まれた中にある。


<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2013-06-24 13:59 | 現地説明会、講演会