古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

四国・四万十川散策 2012.10.28

毎年この時期に鳴門の隠れ家を基地にして四国をフラついている。今回のメインは四万十川散策。
鳴門から徳島自動車道を通りマズ吉野川SAで休憩。
e0080110_22473578.jpg

SAから吉野川上流。左:右岸井川変電所方向。中:吉野川左岸。右:マンホール。

高知道を一路南へ、高知を過ぎて終点の須崎でおりて窪川駅に向かう。途中高知道延長区間の未開通区間を通る。窪川駅は土讃線から分岐して愛媛県宇和島へ向かう予土線の出発駅。この予土線は途中四万十川と並行、交差しながら西へ進む。窪川駅の駐車場は数台分あって利用申し込み書に記入すれば無料で駐車させてもらえた。
e0080110_2302067.jpg

窪川駅。左:駅正面。中:左は「特急あしずり」高知~窪川・中村を結ぶ。右は四万十川と別れる江川崎まで乗車するジーゼル車宇和島行き。右:同左車内、1両編成+トロッコ、乗客は7名。

途中土佐大正駅から江川崎駅まで後部のトロッコ車両が解放される。有料で指定座席券510円必要。
e0080110_22484688.jpg

左:トロッコ車両、吹き曝しなのでこの季節は寒い。中:途中の沈下橋。右:四万十川の流れ。

e0080110_22492264.jpg

左:四万十川の流れ。中:手前の橋の向に第2三島橋(沈下橋)。右:その西(右岸側)に第1三島橋(沈下橋)。この沈下橋の間の奥(上流側)に四万十川最大の三島中州があって水田が広がっている。

e0080110_2345123.jpg

左・中:四万十川の流れ。右:同左、棚田状の水田が広がる。

e0080110_22511099.jpg

左:山の景色も堪能できる。中:十川駅を過ぎるとすぐに今宵泊まる「十和温泉が見えた。右:四万十川の流れ。

e0080110_2252590.jpg

左:間もなく江川崎駅。中2枚:乗ってきたトロッコ車両、屋根のない(無蓋)貨車を改造している。右:江川崎駅。

この後折り返して窪川まで引き返し、車で先ほどの十和温泉宿に行った。もう十年ほど前に四万十川を訪れた時と同じ旅館であった。その時は親戚と一緒にきて後について行ったので旅館の名前を覚えていなかったが、パンフの写真でもしも・・と思っていたが偶然同じ旅館だった。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-11-03 23:07 | その他