古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

阿武山古墳見学会   2012.4.14

e0080110_22333624.jpg

左:集合場所、大阪薬科大学前バス停。中:すぐ西に阿武山の地震観測所、このすぐ裏に阿武山古墳がある。右:参加受付、左は宮崎文化財課長、中・内田さん、右・今西さん、お二人に案内、解説していただいた。
宮崎さんは今城塚古墳の発掘調査を担当されていて、現地説明会ではお馴染みの顔でした。

以下、当日配布された今城塚古代歴史館作成の資料「阿武山とハニワ街道を歩く」を参考に記述した。

e0080110_22345211.jpg

左:桜の花びらを踏みしめて古墳へ。中:ここから古墳域。右:周溝の表示、向こうが墓域。

 阿武山古墳は阿武山(標高281m)の山頂から南へ延びる尾根の先端部標高213mにある。直径80m~88mの円形に巡る周溝が確認されていて墓域とされたが、墳丘は盛土は認められず地山のままと思われている。中央部は方形に区画され墓室とされている。
 昭和9年に発掘されたときにとられたX線写真から被葬者は40~60歳の壮年男子、身長164.6㎝で当時としては高い。脊椎の圧迫骨折、肋骨に治癒骨折の痕跡があることが新たに判明し、これが死亡原因につながったものと考えられている。
 古墳は7世紀中頃~後半にかけて築造されたと考えられている。

e0080110_22362250.jpg

左:古墳の説明板。右:すぐ隣にある京都大学地震観測所(無人)、昭和9年の工事で埋葬施設が発見されて調査された。当時京都大学の濱田耕作教授の命で末永雅夫氏が調査に当たり、X線写真まで撮って調査されたが、高貴な人の可能性が出てきたため、憲兵の命令で中止し、埋め戻されている。
 埋め戻したとはいえ、保存処置は何も施されておらず、仮に今掘り返しても当時のの状態で残っているとも思われず、当時の資料を基にした研究だけが頼りになるものと思われる。

 茨木市に住んでいた小学生の時から「阿武山の地震計」として眺めていたが、まじかで見るのは初めてでした。

e0080110_2237145.jpg

「墓室」として方形に囲われた区画。

e0080110_2238967.jpg

左:塚原古墳群E1号墳、E2号墳。中:墳丘。右:マンホール。

阿武山古墳の南・東斜面の高槻市、茨木市には6世紀中頃~7世紀中頃までの間に築かれた群集墳で、総数140基が分布していたが現在約40基が保存されている。

e0080110_22391243.jpg

塚原第一公園にあるM1号墳、通常は施錠されている。左:公園標識。中:石室内部。右:同左。
明治期にウイリアム・ゴーランドが調査した時の写真が残っている。、当人が石室内で映っている唯一のもので、石積から当古墳と分かっている。

e0080110_22395252.jpg

左。ゴルフ練習場内に古墳が残っている。右:説明板。

e0080110_22402486.jpg

新池遺跡・埴輪工場。左:埴輪窯の説明、窯跡は計18基あった。中:建屋内に保存されている。右:窯の床が何段にも積層されていて、何回も床を創って再使用されていた事がわかる。

5世紀中頃から6世紀中頃までの間太田茶臼山古墳や今城塚古墳などの古墳に埴輪を供給した。

e0080110_22413061.jpg

左:工房跡、復元。中:建物は傷むので、手前の工房は建て替えされている、当時も同じと思われる。右:阿武山古墳出土の冠帽と玉枕。今城塚古代歴史館では開館一周年の特別展「阿武山古墳と牽牛子塚」が開催されていた。被葬者の髭と髪が残っており「DNA鑑定できないものか」と質問したが、具体化はしていないとのことであった。

<写真はクリックすると拡大します>
by yumeoijyuku | 2012-04-16 01:31 | 古墳