古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

古代のロマン・古墳をめぐる・・その2-45の1/2 

今日は京都市右京区嵯峨野の古墳をめぐる。
嵯峨野の古墳については「ブログ:京都市右京区の太秦(うずまさ)古墳群と嵯峨野古墳群とは!2009年07月29日 」に概略が掲載されているので少し長くなるが引用する。「平安時代以前に、古代の京都を開拓した先住民の人達がいたが、これが太秦の秦氏である。秦氏は朝鮮半島の新羅からの渡来民であること、農耕・土木・養蚕・機織りなどの技術を伝え、古代京都に新しい文化をもたらし、千年の都をつくる基礎づくりをした集団であることを、秦氏ゆかりの古墳や遺跡が伝えてくれる。秦氏の祖先の活躍は、応神天皇の時に、大陸から渡ってきた秦氏一族が天皇に協力し、大和朝廷の設立に初めから関わっていたらしい。京都盆地にも、5世紀代から朝鮮系渡来人による開発と定住が進み、この人々が「秦」姓となったのは6世紀以後からであり、歴史的な活動が顕著に認められるのは、第33代の女帝・推古天皇の頃・6世紀中頃から7世紀前半の頃からで、“秦河勝”が広隆寺を建立した8世紀には、この国家統一事業の完成期であったと云う。」

e0080110_21441016.jpg

左:観光案内図。中:JR嵯峨嵐山駅、トロッコ嵯峨駅でもある。右:狐塚古墳墳丘。

先ず駅から北へ、県道の南にある狐塚古墳(大覚寺古墳群4号墳)に向かう。民有地の竹林の中にある径約28mの円墳、両袖式の横穴式石室(玄室長3.8m、幅2.3m、高さ2m。羨道長1.5m、幅1.3m。)が開口している。
e0080110_2145236.jpg

狐塚古墳。左:開口部。中:玄室、玄門部から。右:羨道部、玄門部から。

府道から北へ有栖川沿いに北へすぐの北嵯峨高校の手前を左に入り、入道塚古墳(大覚寺古墳群2号墳)に行く。墳丘は30m×25mの方墳。石室は両袖式で全長12m、玄室長4.6m、幅2.5m、羨道長7.4m、幅1.6mあったとされている。陵墓参考地となっている。
e0080110_2149856.jpg

入道塚古墳。左:向こうの北嵯峨高校に接して古墳がある。。中・右:墳丘は封土がなくなっている。

高校の南の道を行き、すぐ右(北)へ行くと高校の北に丸山古墳(大覚寺古墳群1号墳)がある。校舎と住宅に囲まれているが周濠を持つ径50mの大形円墳である。京都でも有数の大形横穴式石室が完存しているというが、ここも陵墓参考地となっている。両袖式石室の規模は全長15.5m、玄室長5.5m、幅3.2m、高さ4.2m。羨道長10m、幅2m、高さ2.2m。石室には大型の家形石棺2基が破壊されて残っていたという。なお3号墳は現存しない。
e0080110_21501934.jpg

丸山古墳。左:墳丘(北東より)。右:開口部。

丸山古墳を北へ行き、左手(西)手(北)に回り込むと大覚寺の正門になるが、今回は対象外なのでパスする。しかし、東の大沢池沿いに北へ回り込むと、池の北の大覚寺領域内にある心経宝塔、石仏群、勿来の滝跡などの施設を見学できるので寄り道してゆこう。大覚寺は真言宗大覚寺派大本山の寺院。山号を嵯峨山と称する。開基は桓武天皇の子で第52代嵯峨天皇である。嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院である。また、後宇多法皇がここで院政を行うなど、日本の政治史に深い関わりをもつ寺院である。嵯峨天皇に始まるという華道嵯峨御流を今に伝える寺でもある。
e0080110_2152589.jpg

左:大覚寺正面。中:大沢池の北にある心教宝塔。右:石仏が集められて置かれている。

e0080110_21525776.jpg

左:勿来滝、百人一首にもある勿来の滝が復元されている。中:説明板。右:大沢池からの眺め。

大沢池の南の道を東へ行くと七ツ塚の田畑が開けている。ここには小規模の円墳、前方後円墳からなる七ツ塚古墳群がある。1号墳は消滅しているが他の6基が残っている。

 七つ塚の田畑の北の竹藪の奥には後宇多天皇蓮華峯寺陵(れんげぶじりょう)がある。第91代後宇多天皇は大覚寺統で、持明院統との間に皇統をめぐる確執が続いた。大覚寺統はさらに南朝につながり持明院統は北朝に繋がっていく。
e0080110_21554448.jpg

左:田畑の間に小古墳6基が点在する、向こうの山は遍照寺山、その南に広沢池がある。中:後宇多天皇蓮華峯寺陵。右:標識。


「古代のロマン・古墳をめぐる・・その3-11の1/2 」へ続く
by yumeoijyuku | 2012-02-16 20:03 | 古墳めぐり案内