古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

茅原大墓古墳調査現地説明会報告

桜井市教育委員会・茅原大墓古墳第4次調査現地説明会報告 2011.2.26

以下、説明会資料による。「史跡整備に向けた、古墳継体の確認調査」として2008年から行われていて、その第4次調査が2010.11月から行われた。

2009年の調査で古墳の全体像がほぼ分かって、時期も4世紀末ころのものとしている。このころの主要な古墳は奈良市の佐紀、大阪府の古市に築造される時期で、茅原大墓の主はこの地が主流ではなくなったころの盟主であったと思われ、これ以後は大型古墳が築造されていない。今回墳丘構造・周濠の形態調査を実施した。

後円部東側、くびれ部東、前方部北側において墳丘橋の斜面に葺かれた葺石が確認され、墳丘の輪郭が復元できた。後円部径約72m、墳丘全長は約86mに復元される。
前方部東側斜面の葺石と、一段目の平坦部が確認されて、前方部は2段に築成されていることが分かった。ここでは前方部上面に埴輪棺が確認されている。

今回出土した象形埴輪で盾持人埴輪、鳥形埴輪などが出土している。盾持人埴輪はくびれ部東側付近に上部から流れ落ちた状況で出土した。頭部から盾面の上半部にかけての高さ67cm分が残っていた、盾には線刻による模様があった。盾持人埴輪はこれまで50か所以上出土している。4世紀末から5世紀前半頃のもので、最も古い事例とされた。顔面表現を採用した点でそれまでの埴輪と一線を画するもので、古墳時代中期中ごろ以降に盛行する埴輪祭祀が生まれる大きな契機となったと考えられている。
e0080110_23543517.jpg

解説

e0080110_011685.jpg

前回、第三次調査時点、左:航空写真、中:後円部二段目の円筒埴輪残部、右:墳頂部の円筒埴輪残部

e0080110_025354.jpg

前方部のくびれ部に近いところに埴輪棺が有った、近親者のものと思われる。

e0080110_0102223.jpg

くびれ部東側を検出、埴輪の用途は不明。

e0080110_013486.jpg

後円部東、左、中:後円部裾の葺石を検出。右:後円部への通路、墳丘は後世に改造されており、通路も階段状に作られている。

e0080110_0193841.jpg

盾持人埴輪

e0080110_0221344.jpg

桜井市芝の埋蔵文化財センターの武人埴輪(時期的には後世のもの)

e0080110_025161.jpg

出土土器の展示、橋本さんも応援

e0080110_033577.jpg

後円部墳頂から1、左:北西に箸墓古墳、右:発掘現場

e0080110_0353241.jpg

後円部墳頂から2、左:南西に耳成山、その左向こうかすかに畝傍山、右:逆方向から墳丘を見る
by yumeoijyuku | 2011-02-27 00:47 | 現地説明会、講演会