古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

長岡京跡調査現地説明会報告  2010.12.19

19日には京都府向日市の長岡宮跡発掘調査の現地説明会に行った。これまで奈良県下の遺跡の発掘には何回も足を運んだが京都、大阪にはあまり行っていない。「奈良の古墳めぐり」案内を今後大阪、京都、兵庫にも拡大しょうと計画している。そのためにネタを仕入れて置く必要があって出向いた。気が付くと長岡宮跡は我が家から直線で約7.2kM,、平城宮で17.6kM、浪速宮は26.5kMと古代の宮の内で一番近いところにあるがあまり関心がなかった。

長岡宮の大極殿、朝堂院は今までの調査によって確定されていて、跡地は徐々に買収されて遺跡公園の様相ができてきている。

以下「長岡宮跡第481次調査 現地説明会資料」H22.12.19,向日市埋蔵文化財センター、によって概略を紹介する。
大極殿とそれを挟んで東に延暦12(789)年から内裏となった「第二次内裏」が有ったことが確認されている。しかし、長岡遷都の延暦3(784)年から使われていた「第一次内裏」がどこに有ったのかが確定していない。
e0080110_20434947.jpg

長岡宮の大極殿と第二次内裏の位置関係。第一次内裏は大極殿の西にあったと記録されている。


向陽小学校内に回廊で囲まれた施設があると推定されていた。今回の調査は校舎建設に先立って、確認のために行ったものである。
e0080110_1825033.jpg

現地は向日神社参道途中の南、向陽小学校の中になる。

e0080110_1828956.jpg

現説風景、右手に小学校の校舎がある。

今回の調査では雨落溝と掘立柱跡が検出され回廊の北西角とされた。北西角から南へ伸びる「西面回廊」と東へ延びる「北面回廊」は、以前の調査とあわせると方形に囲む回廊が復元される。その時の調査では西面回廊の門が検出されており、この間の長さを2倍すると南北回廊の間隔は145.2mとなって第二次内裏の159.1mに匹敵する規模であることが分かった。

e0080110_2217474.jpg

出土遺構配置図、上が北。

e0080110_18303326.jpg

北雨落ち東端から西へ左、中、右。

e0080110_1837484.jpg

回廊の北西角(南西より北東を見る):手前左ー西面雨落ち溝の石、手前黄色テープは西面回廊柱列の西端列、左青テープー北面回廊北端、右手奥ー(梯子寄り)東面雨落ち溝、その左ー南面雨落ち溝(この東面、南面は回廊の西北端のインコーナーに当たる)。雨落ち溝の底面から柱の底までは人の背丈ほどあって異常に深く掘って埋めてあった。

e0080110_1846218.jpg

同上(北より南を見る、この左手方向に大極殿が有る):手前ー北面回廊(青テープ3本)、右手ー西面回廊(黄色テープ3本)、左奥(梯子が置かれている角)―西・北回廊のインコーナーに当たる。

この回廊は3本の柱列(テープで表示)で構成される「複廊」で、後期難波の宮から移築されたとされる大極殿、朝堂院と同じように移築された内裏相当施設であった可能性が高い。
e0080110_18502832.jpg

複廊の参考図

e0080110_2148594.jpg

出土した瓦片:いずれも難波宮で使われていたもの。

説明会資料では「今回発見した複廊によって画される施設は、第一次内裏に関係する区画である可能性が高いと思われる。しかし、現段階ではその性格を確定する十分な情報は有りません」と結んでいる。

近くの阪急京都線「西向日」駅に行くまでに長岡宮大極殿跡があるので寄った。
e0080110_20555429.jpg

右の写真の石碑に「天皇皇后両陛下 行幸啓記念碑 平成二十二年三月二十七日 向日市」とある。
by yumeoijyuku | 2010-12-20 22:10 | 現地説明会、講演会