古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

御所市秋津遺跡現地説明会報告 2010.11.28

御所市秋津遺跡現地説明会 2010.11.28 

京奈和道自動車道(京都~奈良~和歌山)建設に伴う遺跡調査が橿原考古学研究所によって継続して行われている。今回はインターチェンジ予定箇所の調査で、かなり広い範囲にわたって発掘された。2009年度の調査で今まで知られていなかった方形に区画された施設が検出され、古墳時代前期(4世紀前半)に活動の中心期があり、近くにあってこの地方の豪族葛城氏のものとされる宮山古墳より古くそれ以前の初期の段階の遺跡とされていた。
「秋津」は日本全体が「秋津洲」とも言われている。御所市の中心部にあった「秋津村」は1954年に御所町と合併している。橿原考古学研究所の斉藤部長は古墳時代前期の大規模遺跡なので地域の名前でなく大きな名前を付けたと説明されていた。
e0080110_15171069.jpg

付近では高速道路の工事が進んでいる。右は南の巨勢山を貫くトンネル工事現場

以下橿原考古学研究所の「御所市秋津遺跡現地説明会資料2010.11.28」による。
e0080110_15181961.jpg

説明中


e0080110_16334449.jpg

発掘区域(結合写真、手前の通路は直線の通路)東から.正面は葛城山、左手は金剛山。右端は展望台兼説明箇所からの見学者)

今回の調査は2009年度調査の南側隣接区での調査で、方形に巡る「方形区画施設」の全容解明を狙って調査されたものである。
方形区画施設は前年の3基に加えさらに3基が確認され計6基となった。方形区画施設3.2.6はこの順に建設されたことがわかった、いずれも古墳時代前期(4世紀前半ころ)のものでほぼ同じ区域内にしかも南辺をほぼ同じ位置に固定して(その南には方形区画施設4がある)20~30年毎に作りかえられている。
e0080110_16131780.jpg

方形区画施設の南端、3,2,6区画とも同じ位置になっている。

e0080110_1034022.jpg

左:方形区画施設(平面図をもとに作図)、中:同左の区画、右図の拡大、右:発掘区域(中央から右は2009年度の箇所)
その中には掘立柱建物や梁行7mもあるような大型建物と思われる跡が検出されている。
これらの方形区画は径5cmほどの細い丸太を打ち込んだ溝状の施設に囲まれており、所々で丸太の列を太い柱で挟み込んだ柴垣の様な設備で囲まれていた。
e0080110_16154965.jpg

e0080110_15561265.jpg

左右とも溝状施設、〇印が丸太杭の跡

以下は出土遺物。土器は布留式1,2が中心で4世紀前半ころのもの。

e0080110_15565514.jpg

e0080110_15572985.jpg

e0080110_1557525.jpg




遺構群の性格は祭場、首長の居宅とも考えられるが、「機能的に限られた使い方をされるような特殊な空間であったことは間違いない」。その規模は南北約100m、東西120m以上となる。
古墳時代中期になって突如葛城氏が台頭し巨大前方後円墳である宮山古墳を造るが、その前段階を、秋津遺跡は雄弁に物語っている。
by yumeoijyuku | 2010-11-29 16:18 | 現地説明会、講演会