古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

宝塚市長尾山古墳発掘調査現地説明会 2010.10.16


2010.10.16兵庫県宝塚市の長尾山古墳発掘調査現地説明会があった。古墳めぐり案内範囲の拡大を計画しているので、阪神間にも足を伸ばした。

<以下現地説明資料による>この古墳は大阪大学考古学研究室が2007年から調査をしている。今回の調査では2008年からは宝塚市と共同で調査を行っている。今回の調査で、
①4世紀初頭にさかのぼる最古段階の巨大な粘土槨を検出した。長さ6.7m、幅2.7m、高さ1m以上。
②国内でも10指に入る大きさと言う。残存状態は極めて良好で希有の事例としている。担当の福永信伸教授は今後このような状態のよい(盗掘無し、陥没が見られるが粘土で全体が覆われている。)粘土槨は出てこないだろうと興奮気味に説明されていた。
③墳丘北側のクビレ部が検出され、以前検出されている南側と合わせて古墳の規模が、墳丘長約40m、後円部径25m、前方部長15m、2段築成の前方後円墳と確定した。
④粘土槨は立派なもので、小規模な古墳にいち早く最新の埋葬施設を取り入れており、被葬者は大和政権との間に密接な政治関係を結んだ猪名川流域の有力豪族と考えられた。
現地は阪急「宝塚線「山本駅」から山手に向かって直線で540m、道なりで約1km、車道以外に階段
約240段ほど上った住宅地の公園に隣接している。墳丘からは大阪市内、千里山方面が一望できる丘陵の最先端にある。

e0080110_2362628.jpg

山本駅南の歩道橋から、右手の山の先端付近に古墳がある。

e0080110_2371497.jpg

墳丘平面図


e0080110_2391043.jpg

e0080110_2395444.jpg

e0080110_23425615.jpg

北側クビレ部、埴輪は中段の平坦面の中央部に、間隔を置いて立っていた。

e0080110_23372282.jpg

e0080110_23135716.jpg

粘土槨その下の礫敷きと墳頂部、表土はあまり残っていなかった

e0080110_23155180.jpg

大阪市方面の見晴らし(霞がかかっている)

e0080110_23164266.jpg

e0080110_23172689.jpg

e0080110_231887.jpg

出土品
by yumeoijyuku | 2010-10-23 23:44 | 現地説明会、講演会