古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2016

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

明日香村牽牛子塚古墳見学報告  2010.09.11

 今日11日は明日香村教育委員会の牽牛子塚古墳の現地見学会に行った。明日香村が以前から調査していたもので周囲に八角形の石敷が発掘されて天皇陵の可能性が高いということで9月9日の在阪各新聞の朝刊トップ記事として掲載された。

 明日香村教育委員会の資料によると、
①舌状に伸びた丘陵上に築かれた対辺約22mの八角形墳である。
②墳丘裾部には二上山の凝灰岩切石やバラスを敷きつめ、墳丘部も凝灰岩で表面を装飾していた。
③埋葬用の石槨を構成する凝灰岩の周囲には石英安山岩の切石を積み上げていた。その間には漆喰が充填されていた。
④築造年代は石槨構造などから7世紀後半と考えられる。

以上牽牛子塚古墳を解明する上で多くのデータが得られて、今後飛鳥地域の終末期古墳を考える上で重要な資料となるとしている。

e0080110_0382188.jpg

朝10時から開始と聞いていたので30分前に行ったが、現地では見学者が多いので9時から始めたとのことであった。

e0080110_039160.jpg

斜面にはタラップが用意され、人数を区切って上り、見学した。

e0080110_0403332.jpg

墳丘:版築で築かれた対辺約22m、高さ4.5mの八角墳と言うが円墳としか見えない。

e0080110_0412762.jpg

説明版

e0080110_0421039.jpg

飛鳥村が一望できる、手前は老人ホーム「あすかの里」

e0080110_0431650.jpg

南に面する石槨入口、今日は開口部まで下りられなかった。左:開口部、右:石槨の周囲には石英安山岩で囲まれている。

e0080110_0442661.jpg

石槨入口、左右に部屋があって各々に棺台が設えられている。2006.3.11撮影。

e0080110_0454835.jpg

左:墳丘北西部背面、右:石槨を覆う石英安山岩の切石、奥に見えるのは石槨の外側。切石と石槨の間には漆喰が厚く詰められていた。牡蠣の貝殻を使ったものと思われ、和歌山方面から大量に持ち込まれてものと思われている。

e0080110_047331.jpg

左:バラスと凝灰岩石敷き、右:石敷き、奥へ延びている部分が八角形の北西辺にあたる。手前は西辺。

当日配布の解説書は部数が限られているとのことで、必要な人は郵便で「明日香村役場」へ送料140円切手を同封して請求してほしいとのことであった。

今日の見学には古墳めぐりのメンバーの方も数人来られていた。こちらの勉強が追いつなくなりそうに思われてきた。

なお、前回「大和の古墳をめぐる」で訪問した模様はこのブログの2009.10.15を参照されたい。
by yumeoijyuku | 2010-09-13 01:01 | 現地説明会、講演会