古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

友史会6月例会 参加報告

橿考研友史会6月例会「倭屯倉の古墳群」参加報告
6月20(日)梅雨の合間の曇り一時小雨の中、約170人が参加して開催された。

まず、この日に合わせて河合町の公民館にある文化財展示室を早くから見学させていただいた。
e0080110_1415113.jpg


e0080110_14163924.jpg

近鉄田原本線「池部駅」を10時に出発。順路にある、聖徳太子が建立した四六ケ寺の一つ「長林寺」に寄ってから「高山二号墳」に向かう、径約35mの円墳で周濠が巡っていたことが確認されている。その南の幼稚園の西の田圃に「高山三号墳」がある、径約30mで幅約5mの周濠が確認され、ここから五世紀中頃後半の須恵器が出土している。
e0080110_14181392.jpg

左、中:高山2号墳、右:高山3号墳

ここから東へすぐの北側に「中良塚古墳(高山一号)墳」がある全長約88mで北に開く二段築成の前方後円墳。西側に幅約14mの周濠の痕跡がある。中期後半。
e0080110_14245022.jpg

中良古墳。前方部東側

中良塚古墳から東へすぐの西穴闇(にしなぐら)交差点を南へとると左手向うに「川合大塚山古墳」がある。前方部を南に向けた全長197mあって幅約40mの周濠跡が確認できる。竪穴式石室があったと考えられているが詳細不明。中期後半。県道の東には九僧塚古墳があって副葬品埋葬用の古墳と考えられている。主墳の東側にも同じような高まりがある。
大塚山古墳群として以上の外に大塚山古墳の北に丸山古墳、北東に前方後円墳城山古墳があるが実態はよくわかっていない。
e0080110_14275454.jpg

川合大塚山古墳、左:エッ流水さん?・・・ではなかった。右:外堤部から東の後円部へ入る

e0080110_14301438.jpg

河合町文化財展示室資料、左:川合大塚山出土埴輪、中:同中良塚古墳、右:円筒埴輪、川合大塚山(左)、中良塚(中)、城山古墳(右)

e0080110_15155057.jpg

河合町展示室の航空写真:中央が川合大塚山古墳、上の右手が中良塚、小さい丸の左が高山3号墳、その右が2号墳、右の大きい丸が城山古墳、その左が丸山古墳。右上は大和川。右上が北方向で大和川を渡って斑鳩町に至る。

近くの広瀬神社で昼食の後、三宅古墳群に向かった。広瀬神社から南に向かいそして東へ曽我川、飛鳥川を渡って東へ向かうと「島の山古墳」に着く、川西町・三宅町一帯はかつて垂仁・景行天皇期に大和政権の直轄地として置かれた「倭屯倉」の想定地とされている。三宅古墳群は倭屯倉と非常に関わりの深い古墳群と考えられている。身分の高い者しか造ることができなかった前方後円墳が、規模が最大で最北端にある「島の山古墳(川西町)」以外は規模が小さいが密集していることもその理由の一つに挙げられている。
島の山古墳は全長200mの南東に開く三段築成の前方後円墳で水を湛えた周濠が巡る。後円部にあった竪穴式石室の竜山石製天井石が持ち出されて古墳の西に接する「比売久波神社の拝殿前の踏み石として置かれている。前方部の粘土槨から緑色凝灰岩製の車輪石、鍬形石、石釧や勾玉などが大量に出土して話題になった。前期末の古墳で古墳群中最古。
e0080110_14363270.jpg

島の山古墳、左:南東隅より、中:周濠と後円部、左:比売久波神社の拝殿前の踏み石

この後南へ向い寺の前古墳、高山古墳、瓢箪山古墳、アンノ山古墳、大王塚古墳とめぐり、最後は黒田大塚山古墳で解散となった。
e0080110_14475225.jpg

寺の前古墳

e0080110_1450669.jpg

今日案内していただいた安原貴之先生。右の友史会世話役持参のFMアンテナで、説明はFMラジオで聞ける。

e0080110_15272862.jpg

大王塚古墳

黒田大塚山古墳は全長約55mで、西に開く前方後円墳。幅8mの周濠が巡っていたといい、公園として整備されその区域が明示されている。周濠から円筒埴輪他の埴輪や鳥形・蓋形木製品が出土している。後期初頭。
e0080110_14483473.jpg

黒田大塚古墳、右は墳頂から北方を見る、電車は近鉄田原本線

e0080110_14491572.jpg

今日の終着点、近鉄「黒田駅」

解説は「友史会報」を参考にしました。

(写真はクリックすると拡大します)
by yumeoijyuku | 2010-06-21 14:10 | 現地説明会、講演会