古墳を中心に古代について、私生活も含めて語ります


by yumeoijyuku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
現地説明会、講演会
古墳散策
古墳めぐり案内
散歩
その他
お勉強
古墳
現地説明会、講演会

以前の記事

2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 12月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

KOTOコレ2017

タグ

(85)
(60)
(40)
(33)
(30)
(26)
(20)
(20)
(17)
(17)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

植山古墳見学会 2010.5.1

5月1,2日と橿原市による現地見学会が行われた。定員以上の申し込みがあって参加者は抽選で決められた。我々は11時15分近鉄「橿原神宮前」集合のグループで、市のマイクロバスで現地に向かった。
配布された橿原市教育委員会「史蹟植山古墳」によると200年と2001年に発掘調査が実施されており、その成果をもとに2002年には国史蹟に指定されている。現在史蹟公園整備中。
植山古墳は地山を削り出して整形された約40m×30mの方墳で高さは約3~6m。南に面しており東・西・北には上幅約10m、底幅1.6~3mの堀が巡っていて、底には結晶片岩と花崗岩を用いた石敷きが施されていた。

e0080110_1653676.jpg

整備中の公園を通って墳丘へ

e0080110_17202454.jpg

古墳全体をシートでカバーして保護している。北側の壕、右手が南になる。

e0080110_1654725.jpg

右手に石室への見学路が見える

南に開口する2基の横穴式石室があって東石室は両袖式で、全長約13m、玄室長約6.5m、幅約3~3.2m、玄室残存高さは約3.1mあった。玄室には熊本県の阿蘇溶結凝灰岩(阿蘇ピンク石)で造られた刳抜式家型石棺が遺存していた。蓋の長さ2.52m、幅1.53~1.58m、棺身を含めた高さ約1.7m。

e0080110_16552144.jpg

東石室:古墳全体を覆う屋根の支持材のためみにくい。

e0080110_16564253.jpg

2001年の現地説明会で撮影したもの

e0080110_16574542.jpg

西石室

e0080110_16583139.jpg

2001年撮影

西石室は全長約13m、玄室長約5.2m、幅約2.5m、玄室残存高さは約4.5mあった。玄門部には兵庫県高砂市産の凝灰岩(竜山石)製の閾石(しきみいし)が残っていて石製扉が有った、他の古墳では例がない。石棺は遺存していなかった。
橿原市の資料では東石室は古墳築造と同時の6世紀後半に、西石室はその後7世紀前半に築かれたもので当時の人々にとって特別な古墳だったとしている。
『日本書紀』には628年に亡くなった推古天皇は死後には竹田皇子の墓に葬ってくれるように遺言し、そのようにされたとあるので先ず植山古墳に埋葬され、その後大阪府太子町の現推古天皇陵に改葬されたという説も取りざたされているが、未確認なので市の資料は被葬者については言及していない。

e0080110_16594918.jpg

今日案内していただいた橿原市教育委員会の西坂さん、ありがとうございました。

e0080110_1702636.jpg

西に五條野丸山古墳、西北に畝傍山

e0080110_1755354.jpg

西南西約600mの「八咫烏神社」の踏み石:扉石の一部とされている
by yumeoijyuku | 2010-05-02 17:20 | 現地説明会、講演会